メインメニューを開く

ノートルダムの鐘Ⅱ』(ノートルダムのかねII、原題: The Hunchback of Notre Dame Ⅱ)は2002年のディズニー映画(オリジナルビデオ)。『ノートルダムの鐘』の続編。

目次

ストーリー編集

フロローとの壮絶な戦いから7年後。パリでは「ジュール・ダムール」という、愛する人の名を祝福する春の祭りを控え賑わっていた。街の人とも打ち解けたカジモドは祭りの準備を手伝っていたが、自分にはフィーバスとエスメラルダのような愛する人がいないと嘆く。

そんな中、パリにサルーシュ率いるサーカス団が興行に訪れる。エスメラルダたちとサーカスを見に来たカジモドは、サーカスの看板娘マデリンに一目惚れする。一方、サルーシュはノートルダム大聖堂内にある「ラ・フィデル」という鐘を盗むため、マデリンにカジモドから鐘の在り処を聞き出させようとする。初めはカジモドの顔に怪訝な顔をするマデリンだったが、次第にカジモドの純粋な内面に惹かれていく。しかし、サルーシュに弱みを握られているマデリンは命令に逆らえずに、カジモドから「ラ・フィデル」の在り処を聞き出し、それを聞いたサルーシュは鐘を盗み出す。

「ラ・フィデル」を盗み出したサルーシュは、その罪をマデリンに擦り付け、マデリンは護衛隊に捕まってしまう。しかし、マデリンを信じたカジモドは、フィーバスを説得し彼女を釈放させる。一方、街の人々がサーカス見物をしている間に盗みの被害に遭ったという話を聞き、サルーシュが犯人に違いないと判断し、サルーシュを捕らえるべく地下水路へ向かう。しかし、息子のゼファーを人質に取られたフィーバスは手も足も出せず、サルーシュはラ・フィデルの鐘を持ち出し逃げようとする。そこに、カジモドとマデリンが現れゼファーを助け出し、サルーシュはフィーバスに捕まる。

騒動の解決後、「ラ・フィデル」の鐘の音が響く中で「ジュール・ダムール」が行われ、マデリンと結ばれたカジモドはノートルダム大聖堂の広場で彼女の名を祝福する。

登場人物編集

カジモド
本作の主人公。とても醜い容姿をしているが、純粋な心を持っている優しい青年。育ての親であるフロローとの戦いを経て街の人々とも打ち解け、パリの街を出歩けるようになるが、今もノートルダム大聖堂に鐘衝きとして住んでいる。女性との恋を願うが、醜い容姿に引け目を感じ、恋に踏み出せずにいるが、マデリンと出会い恋をする。最後は、マデリンと協力しサルーシュからゼファーを救い、マデリンと結ばれた。
マデリン
街にやって来たサーカスの看板娘。子供の頃にサルーシュの金を盗み、その償いのためにサルーシュの盗みに協力させられているが、カジモドと出会い、運命が変わり始めた。最後は、カジモドと協力しサルーシュからゼファーを救い、カジモドと結ばれた。
サルーシュ
本作のディズニーヴィランズ。街にやって来たサーカスの団長だが、正体は盗賊団の首領。「ラ・フィデル」を狙いにパリへとやって来る。「ラ・フィデル」を盗んだ後は、マデリンに罪を着せ、後を追ってきたゼファーを人質にとり、仲間と共に逃亡を図る。しかし最後は、カジモドと協力したマデリンにゼファーを奪い返され、フィーバス率いる護衛隊によって逮捕された。
エスメラルダ
カジモドの友達のジプシー。フロローとの戦いの後にフィーバスと結婚し、彼との間に息子のゼファーをもうける。今回は友人として、カジモドの恋を応援する。
フィーバス
護衛隊長にしてカジモドの親友。フロローとの戦いの後にエスメラルダと結婚し、護衛隊長に復帰する。
ゼファー
エスメラルダとフィーバスの息子。よくカジモドに懐いている。母親譲りの行動力があり、「ラ・フィデル」盗んだサルーシュをジャリと共に後を追った。
クロパン
陽気な人形遣いにしてジプシーを纏めるリーダー。カジモドの友達。
ユーゴ/ヴィクトル/ラヴァーン
ノートルダム大聖堂にいる三人組の石像(ガーゴイル)で、カジモドの親友。ユーゴは最後、ジャリと結ばれる。
ジャリ
エスメラルダの飼いヤギ。サルーシュが「ラ・フィデル」を盗んだ際にはゼファーと共に後を追った。

キャスト編集

スタッフ編集

外部リンク編集