メインメニューを開く

座標: 北緯50度52分43秒 東経4度21分19秒 / 北緯50.87861度 東経4.35528度 / 50.87861; 4.35528

ラーケン・ノートルダム教会
教会内部

ノートルダム・ド・ラーケン教会フランス語: Église Notre-Dame de Laeken; オランダ語: Onze-Lieve-Vrouwekerk van Laken)は、ベルギー王国ブリュッセル市ラーケンにあるゴシック・リヴァイヴァル建築ローマ・カトリック教会。元々はレオポルド1世の妻ルイーズ=マリー・ドルレアンの追憶としてヨセフ・プラールの計画によって作られた教会である[1]

歴史編集

1850年オーステンデで死したマリーは、ラーケン王宮の附近に葬られることを所望していた。そして夫のレオポルド1世は彼女のために霊廟としてこの教会を建設することにした。そして、当時若かりしヨセフ・プラールの計画によって建築された。[2]

1854年にレオポルド1世によって最初の石が設置され、1872年に教会となったが、工事は1909年まで続いた。そして、地下納骨堂には教会建設以前のものも含むベルギー王室の人々の遺骸が納められている。

埋葬されている人々編集

参考文献編集

  1. ^ 谷克二『ブリュッセル歴史散歩 中世から続くヨーロッパの十字路』日経BP企画、2009年、206頁。ISBN 978-4-86130-422-4
  2. ^ Notre Dame church of Laken in Brussels”. 2009年5月1日閲覧。