メインメニューを開く

ノートルダム大学(University of Notre Dame)は、アメリカ合衆国インディアナ州サウスベンド近郊にあるカトリック教会創設の名門私立大学。1842年エドワード・ソリンによって創設された。現地では英語式に、 [ˌnoʊtərˈdeɪm]「ノーターデイム」と発音する。エモリー大学などとともにヒドゥン・アイビーHidden Ivies)に数えられる。

University of Notre Dame du Lac
ラテン語: Universitas Dominae Nostrae a Lacu
モットー Vita, Dulcedo, Spes
モットー (英語) Life, Sweetness, Hope (in reference to the Blessed Virgin Mary)
種別 私立、男女共学
設立年 1842年
提携関係 Congregation of Holy Cross (Catholic Church)
資金 70億米ドル
President ジョン・I・ジェンキンス
Provost Tom Burish
教員数
1,241
学生総数 11,733
学部生 8,371
大学院生 3,362
所在地 アメリカ合衆国
インディアナ州ノートルダム
北緯41度42分11秒 西経86度14分20秒 / 北緯41.702995度 西経86.238972度 / 41.702995; -86.238972座標: 北緯41度42分11秒 西経86度14分20秒 / 北緯41.702995度 西経86.238972度 / 41.702995; -86.238972
キャンパス 郊外: 1,250エーカー (5.1 km2)
スクールカラー

金・青[1][2]

         
運動競技 NCAA ディビジョンI
スポーツ 26チーム
ニックネーム Fighting Irish
マスコット レプラコーン
独立、ビッグ・イースト・カンファレンス, CCHA
公式サイト nd.edu
ND Wordmark.png
テンプレートを表示

オレゴン州にあるポートランド大学は姉妹校である。

大学編集

大学は以下の5つのカレッジに分かれている。

また大学院は、リベラルアーツのGSAS(Graduate School of Arts & Sciences)などのほか、メンドーザ・カレッジ・オブ・ビジネスMendoza College of Business)、ロー・スクール(Notre Dame Law School)がある。 学部生は約8000人、大学院生は約3000人で、総合大学としては中規模の大学である。

ランキング編集

  • USニューズ&ワールド・レポート:全米18位[3]
  • THE 世界大学ランキング2014:90位[4]
    • 人文科学:41位
    • エンジニア:79位
    • 物理科学:91位
  • QS世界ランキング2015:195位[5]
    • 人文科学:102位
    • 社会科学:213位
    • エンジニア:261位
    • 自然科学:234位
  • 世界学術大学ランキング:世界201-300位[6]

スポーツ・伝統編集

 
陸軍士官学校とノートルダム大学の試合の様子(1913年)

ノートルダムはアメリカンフットボールの超名門校としても有名である。過去に年間全米ランキング1位に何度も輝き、年間最優秀選手賞であるハイズマン賞受賞者を多数輩出。ジョー・モンタナジェローム・ベティスなど、日本でも馴染み深いOBも多い。

ノートルダムのアメフト部は当初無名であったが1913年に当時の大学ラグビーで最強だったアメリカ陸軍士官学校との試合においてノートルダムのガズ・ドライズ英語版ヌート・ロックニー英語版がパスプレーとランプレーを効果的に織り交ぜる新戦術により35-13で圧勝したことで一躍有名となった。この戦術は他の大学にも広まり現代のアメフトの基本戦術として定着している。

同校のスポーツチーム応援歌は“Notre Dame Victory March”といい、大学フットボールの代表的な曲として有名である。また、そのマーチングバンド(Band of the Fighting Irish)は1846年創設で、同校のフットボールチームは、映画『ルディ/涙のウイニング・ラン』でその題材となっている。

その他編集

2009年5月の卒業式に大学側はバラク・オバマ大統領をゲストスピーカーとして招待した。同大学はカトリック教会創設の大学として中絶を認めていないが、大統領自身は中絶を認めているため、同大統領の卒業式出席の是非を巡って議論が沸き起こった。結局、大統領は卒業式に出席することになったが、その注目が集まったスピーチ中では「まずは、望まない妊娠をしてしまう女性の数を減らしていくことが重要であろう。」と、この問題に触れた。

主な出身者編集

脚注編集

外部リンク編集