ノート:エルサレム会議

議論を追加
アクティブな議論

観点タグ編集

使徒行伝15章28節・29節にはこうあります(口語訳聖書)。「すなわち、聖霊とわたしたちとは、次の必要事項のほかは、どんな負担をも、あなたがたに負わせないことに決めた。それは、偶像に供えたものと、血と、絞め殺したものと、不品行とを、避けるということである。これらのものから遠ざかっておれば、それでよろしい。以上」。 聖書中に直接的に記載されたこの会議での「決議事項」は、これだけです。これについてどのように解釈するかは教派によって異なるでしょう。「律法を守ることから異邦人を解放して、信仰によってのみ救われることが確認された。」とは信仰義認しか視野に入っていない書き方です。それから「ユダヤ人の信者のために、」とありますが、これは本文中では確認出来ません。どこの解釈なのでしょうか。この部分については削除しました。--Kinno Angel 2011年3月9日 (水) 11:47 (UTC)

ページ「エルサレム会議」に戻る。