メインメニューを開く

本記事は、正確性に欠け、また偏った印象を受けます。例えば、女性差別が日本特有とか(西洋や儒教にも女性差別がありました。例えばhttp://www.sis.otsuma.ac.jp/~mori/semi_3.html とか、数学者コワレフスカヤは、女性であるためにポスト探しに苦労した程です)、なぜ警察に記述が偏るかという疑問があります。更に歴史的発生について、人によって認識違い、私の意見ではウーマンリブからではと見ていますがそれも一意見とも言えますし(また過去からあったとも思われますし)。私は、この辺りは専門では無いので、誤字脱字の訂正と、問題のありそうな部分をコメントとしておくのみに留めます。--2005年5月22日 (日) 220.6.194.31

一応直したのですが、まだまだ表現に問題を感じます。しかし、問題記述を取るとこの記事自体無くなることにより、いっそのこと記事全てを削除した方が良いのかもしれません。私はギブアップです。220.6.194.31 2005年5月31日 (火) 13:59 (UTC)220.6.194.31

少々直してみましたが、まだ道は遠いですね。 --忠太 2006年3月11日 (土) 14:30 (UTC)
根拠の無いエッセイは良くない。発展させようもない。ウィキペディアの方針を示します。--Album 2006年9月8日 (金) 23:51 (UTC)
== 方針 ==
  1. 記事には、信頼できる情報源が公表・出版している題材だけを書くべきです。
  2. 記事に新しい題材を加筆するときは、信頼できる情報源―出典―を明らかにすべきです。出典が明示されていない編集は、誰でも取り除くことができます(出典のない記述は除去されても文句は言えません)。
  3. 出典を示す義務を負うのは、書き加えようとする側であり、除去を求める側ではありません。

男女差別について編集

「男性より遥かに頭が良く、語学に長け、」という記述がありましたが、これらは主観に過ぎず、また企業や職場は学校ではありませんので、これらは一般に評価の対象外です(新入社員を除く)。「キャリア」の上では、「成果」が求められますので、削除しました。--Album 2006年9月10日 (日) 14:36 (UTC)

こういった「○○ウーマン」という言い方自体が女性蔑視ではないか、という意見があるようです。そういえば、最近聞かない言葉のような(死語?)。・・・ --忠太 2007年5月15日 (火) 14:02 (UTC)

ページ「キャリアウーマン」に戻る。