ノート:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

アクティブな議論

このページには削除された版があります。削除に関する議論は「Wikipedia:削除依頼/ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」をご覧ください。


登場人物節のキャラクターの整理について編集

新刊が出たり映画が公開されたりで気が付けば33万バイトを超えてしまい、過去の最大記事量に迫る勢いとなっています。キャラクター毎の武器や魔法、スキルなど情報の羅列や、エピソードの追記も増え、そちらもこのままでいいのかという思いもありますが、今回一先ず置いておきます。 この作品に限った話ではなく、他のアニメ・マンガ・ラノベ等の記事にも共通することではあるのですが、この作品も登場人物節がほぼ一覧となっている状況で、モブの様な人物まで記載されています。しかし、本来作品記事において1次資料に基づくあらすじ節や登場人物節、設定節等は「主」ではなく、作品を理解するための「助」です(プロジェクト:フィクション/登場人物と設定の記述)。また、プロジェクト:ライトノベルにおいて登場人物の記載の仕方の指南がありますが、あくまでも「主な登場人物を簡単に」と推奨されています。要は登場人物節は、『ダンまち』を説明する上でどうしても説明しなければならない人物を簡潔に説明するものであればいいはずです。そこで一先ず、記載するキャラクターを絞っていこうと考えています。 まず、整理の仕方についての私の考える方針案なのですが、

  1. 原作本(本編および外伝)冒頭のキャラクター紹介されている
  2. 原作本の表紙や挿絵に描かれている(当然ですが、モブキャラは除きます)
  3. 原作本のあらすじや作者あとがき等の部分で言及がある
  4. 原作やアニメの公式サイトで紹介されている

といったキャラクターに絞るというのはどうでしょうか? これだけでもかなりの数がいますが、これらのキャラクターであれば、本筋に絡んでいるキャラクターだとほぼ言えると考えていますし、掲載基準を設けておけば、新たなキャラクターが登場した場合も記載するかどうかが人によって意見が分かれるということもなくなるかと思います。 上記の観点から記述するキャラクターをピックアップしていくと、以下の通りです。

  • ベル
  • ヘスティア
  • アイズ
  • リリルカ
  • ヴェルフ
  • 春姫
  • ロキ
  • フィン
  • リヴェリア
  • ガレス
  • ベート
  • ティオナ
  • ティオネ
  • レフィーヤ
  • ラウル
  • アナキティ
  • アリシア
  • リーネ
  • アリシア
  • へファイストス
  • 椿
  • フレイヤ
  • オッタル
  • アレン
  • ミアハ
  • ナァーザ
  • ダフネ
  • カサンドラ
  • タケミカヅチ
  • 桜花
  • 千草
  • ヘルメス
  • アスフィ
  • ルルネ
  • アイシャ
  • ウラノス
  • エイナ
  • フェルズ
  • ミア
  • シル
  • リュー
  • アーニャ
  • ルノア
  • クロエ
  • ウィーネ
  • リド
  • レイ
  • アステリオス
  • マリィ
  • ガネーシャ
  • シャクティ
  • デメテル
  • ディオニュソス
  • フィルヴィス
  • アウラ
  • モルド
  • スコット
  • ターク
  • ソーマ
  • アミッド
  • アポロン
  • ヒュアキントス
  • イシュタル
  • フリュネ
  • イケロス
  • ディックス
  • アレス
  • マリウス・ウィクトリクス・ラキア
  • ニョルズ
  • カーリー
  • アルガナ
  • バーチェ
  • タナトス
  • ヴァレッタ
  • バルカ
  • アリーゼ
  • 輝夜
  • ライラ
  • ジュラ・ハルマー
  • レヴィス
  • オリヴァス・アクト
  • ペニア
  • テッド(テリー・セルバンティス)
  • アンナ・クレーズ

以上の登場人物が上記の4つの条件に合致します(抜けがあればご指摘願います)。そこで、基本これらの情報を残し、それ以外の人物等については、どうしても必要なものについては他の関係性の深い人物やファミリアの説明等の項目で言及する、としてはどうかと思います。例えばゼウスであれば、ベルやヘルメスの項目で言及があればいいといった具合です。あらすじ節に組み込む方がいい場合もあるかもしれません。Wikipedia:あらすじの書き方#登場人物節との関係においては「作品の内容は「あらすじ」節において物語全体の構造を示しながら説明すべきであり、登場人物欄はあくまでその補足であるべきです。」とありますので、どちらかというとこちらの方が推奨されるかもしれません。一先ずは、上記に挙げたキャラクター等以外は一旦削除し、上記のように必要であれば残した部分へ追記していこうと考えていますが、上記キャラクター以外で単独項目で残すべきと考えるキャラクターがいれば、そのキャラクターと残すべき理由を述べていただければと思います。逆に上記から落としてもいいのでは? という提案も歓迎いたします。--NA8C会話) 2019年3月23日 (土) 09:13 (UTC)

  •   賛成 とりあえずは問題ないかと思います。--Haetenai会話) 2019年3月26日 (火) 18:16 (UTC)
  返信 返事が遅くなりました。ご意見ありがとうございます。他の方のご意見も、もうしばらく募ってみようかと思います。--NA8C会話) 2019年3月28日 (木) 12:55 (UTC)

(補足) 上記で上げているキャラクター達ですが、これらのキャラクターを絶対に記載する、ということではありません。当然ですが、将来的にあらすじ節や他の項目にて言及した結果、記載事項が少なくなってしまう可能性もあります。立項する必要がなくなれば、削るということあるかもしれません。あくまでも現段階において掲載基準案に照らし合わせて残すキャラクター、ということになります。--NA8C会話) 2019年3月28日 (木) 12:55 (UTC)

  提案に対する意見を募り、4週間近く経ちましたが、特段反対意見もございませんので、今後の当記事でのキャラクターの個別掲載基準を下のとおりとし、今後新規キャラクター等はこれを基準に掲載を判断していただければと思います。また、この基準に基づいて選定した上記選定のキャラクター以外を今週末を目処に整理したいと思います。

本記事におけるキャラクターの個別掲載基準を以下のとおりとします。下の基準に該当しないキャラクターを説明する必要がある際には、あらすじ節ないし他の関連性の高いキャラクターやファミリアの記述に組み込んでください。
1. 原作本(本編および外伝)冒頭でキャラクター紹介がある
2. 原作本の表紙や挿絵に描かれている(モブキャラは除く)
3. 原作本のあらすじや作者あとがき等で言及がある
4. 原作やアニメの公式サイトで紹介されている

--NA8C会話) 2019年4月18日 (木) 14:09 (UTC)

  •   反対 勝手に決めないでください。初登場はモブキャラクターでも、物語の途中で重要なキャラクターになることは今までのライトノベルでは何度もありました。ですので、登場人物の項目は元に戻しておきます。--以上の署名の無いコメントは、126.113.55.154会話/Whois IPv4IPv6)さんが 2019年4月26日 (金) 04:57 (UTC) に投稿したものです(58.98.231.67による付記)。
    • ノートへは署名をお忘れなく。さて、差し戻しについてですが余所は余所、です。それに、モブについては重要に昇格した時点で書き加えれば良いだけのことなので、今のうちから漏れなく書いておく必要はありません。--58.98.231.67 2019年4月26日 (金) 05:14 (UTC)
  返信 (126.113.55.154さん宛) 勝手に決めたわけではありません。方針やガイドライン、プロジェクトを基に提案し、4週間も意見を募りました。その間、否定意見はなかったことから、現段階の方針としたのです。もし内容に異議があるのでしたら、改めて提案して方針内容を変更してください。ただしその場合、きちんと方針やガイドライン等に照らし合わせて提案を行ってください。
また、現在のモブが重要なキャラクターになるかも知れないとのことですが、上の58.98.231.67さんが仰ったとおり、その時記述すればいいことです。「Wikipedia:ウィキペディアは何ではないか#ウィキペディアは未来を予測する場ではありません」をご参照ください。--NA8C会話) 2019年4月27日 (土) 08:35 (UTC)
  •   反対 俺も反対だ。大体、俺だって今まで記載されていた内容が大量に削除されているのを見て、初めてノートページを閲覧したくらいだ。大抵の奴はノートページを見ないで編集を行う奴が多いくらいだ。いくら、4週間も反対意見が出なかったからって、一方的に編集内容を削除するほうがおかしい。--以上の署名の無いコメントは、211.7.142.14会話/Whois IPv4IPv6)さんが 2019年7月1日(月)4:44 (UTC) に投稿したものです(NA8C会話)による付記)。
  返信 (211.7.142.14さん宛) Wikipediaにおいては、編集に当たって意見の相違が発生しそうな場合における合意形成の方法がきちんと定められています。一先ず「合意形成」をお読みください。そこには、「合理的な期間〔通常は168時間程度(約7日間=約1週間)が妥当でしょう〕内に異論がなければ、提案がそのまま決定事項となります。」という記述があり、私はこれに対し、記事上において議論の告知を行い、4週間とかなり余裕を持ってコメントを待ちました。反論もなかったことから、合意が得られたと判断し作業を行っています。決して一方的に編集を行っているわけではありません。
あなたがこれまでノートを見ていなかったのでしたら、今後は編集するページのノートをきちんとお読みください。そこには多くの場合、過去に行われた当該記事の編集に関する議論があり、それらを踏まえて編集が行われています。また、現在進行形の議論についても、記事上にその旨のテンプレートが貼られていることが多いので、テンプレートがあれば念のため、議論先のノートを確認した方がよいでしょう。テンプレートだけ貼って議論を行っていないケースもままありますが…。Wikipediaにおいて編集を行うのであれば、ノートを見る癖はつけた方がいいですよ。--NA8C会話) 2019年7月2日 (火) 10:24 (UTC)

  賛成 ただ4つの掲載基準はあくまで一例としてで今後作品が続く中で曖昧になると思います。長編ライトノベルでは頁に限りがある関係、アニメでは登場するタイミングもあり「準レギュラーやキーパーソン以上でも4つの掲載基準の何れも当てはまらない登場人物」が出ることはあり、実際「主人公の宿敵として長期に渡り登場しながら、文庫内では容姿のイラスト掲載がないまま決着が付いた人物」などを知っています。これを踏まえて「本当に掲載不要なのか?」整理の折に再考をお願いしたいです。前述を含めて、アニメ第2期放送に際し『【年齢・〈二つ名〉を含めた公式プロフィール】が出来た〈サミラ〉〈レナ・タリー〉』を判断基準を満たしたとして記載の是非をするかお願いします。特に〈レナ・タリー〉については掲載基準1.2に『外伝 ソードオラトリア』8巻から該当且つ12巻でも完全に準レギュラーとして活躍しているので条件は満たしていると考えます。--114.142.109.135 2019年9月10日 (火) 12:18 (UTC)

  返信 (114.142.109.135さん宛) ここで定めた掲載基準は、当然ですが不変ではありません。個人的にはこれでもまだキャラは多いと思っていますが、Wikipediaの方針やガイドライン等を遵守しつつ、個人毎に重要度の解釈が違う中で、基準を明確化できないかと考えたのがこの4つの基準です。あくまでも基準提案時点における公式での『ダンまち』のキャラクターの取扱い方を考慮して提案したものです。『ダンまち』の場合、初期を除き、毎巻、原作の巻頭に結構な数の登場人物が紹介されていることが個人的には大きいと思います。しかし、今後、更に巻数が増えていけば、当然状況が変わる可能性はあります。新しい重要人物も登場してくるでしょうし、逆に相対的に重要度の下がるキャラクターもいると思います。例えば、アポロンやヒュアキントスあたりは本編6巻にしか登場しておらず、あらすじあたりで触れていれば十分と判断されるかもしれません。
話を戻しますが、この基準は現段階における基準です。Wikipediaの各種方針やガイドライン等と齟齬がない形できちんと説明がつくのであれば、提案・議論の上で変更することは問題ないでしょう。また、基準から外れていたとしても、議論して基準の例外として掲載することに異論がなければ、掲載することは構わないと思います。
ただ、御注意いただきたいのは、掲載基準を満たしているからといって載せなきゃいけない訳ではないということです。上の方の、当初基準案を提示した際にも説明しましたが、作品世界を説明する上ではあらすじが「主」であり、登場人物や設定の説明は「助」になります。また、作品の記事という意味で言えば、現状、現実世界からの二次情報に基づく説明に比べ、圧倒的に作品世界からの一次情報に基づく説明が記事分量の多数を占めており、大変アンバランスになっています。こういう状況では、「プロジェクト:フィクション/登場人物と設定の記述」などを鑑み、個々の説明を精査し、説明する項目も必要最小限にしなければならないと思います。
あと、すみません。〈レナ・タリー〉は選定時に抜けてしまっていた様です。外伝やアニメの登場人物紹介にもあるので、現状の掲載基準は満たしています。誤った削除ですので、一旦、整理した際に削除した記述を復活させようと思います。〈サミラ〉はどこで紹介されてるか教えていただけないでしょうか。基準4つに該当するのであれば、掲載可かと思いますので。--NA8C会話) 2019年9月15日 (日) 18:55 (UTC)
  •   賛成 本来は、文字通り、重要な登場人物を記載すべきであって、データ的に条件が揃うことが大事ではないと思いますが、基準を設ける必要性は理解できますので、基本的に賛成です。ただし、表中の登場人物で記載が不要と考える人物は、物語の本筋を説明する上では重要でないと考える輝夜とライラ、逆に表中に挙がってない登場人物で記載しても良いと考える登場人物はグロスです。グロスは、本編と外伝の複数巻に登場し、異端児の事件を語る上でキーマンの一人だと思います。リヴィラの街襲撃では、襲撃の意志を示すリーダであり、ベルに討たれる役、人物像としても人間に不信感のある(あった)異端児のたち代表格です。現状の項目では、全ての異端児は楽観的に人間を受け入れている集団のようにも見えてしまいます。レナやサミラは基準に一致するのかもしれませんが、項目として無くても良いと考えます。レナは議論の余地があると思いますが、特にサミラは端役だと考えられますので不要だと考えます。
気になる点は、重要なファミリアと重要な登場人物の切り分けです。アリーゼはファミリアの説明だけあれば十分であり、その中に人物説明も組み込めると考えられるので、基準には一致しますが、主な登場人物に項目を作る必要性に疑問をもっています。今後、連載が進めば、アポロンやヒュアキントスもファミリアの説明の中に人物像を入れ込むだけで良いかもしれません。--Bikettaxi会話) 2019年9月16日 (月) 12:15 (UTC)
  返信 (Bikettaxiさん宛) 登場人物節が主要キャラクターについて記載するというのは仰る通りですね。「プロジェクト:アニメ#登場人物」の指南でもその様に記述されています。ただ、「主要キャラクター」の線引きが非常に難しい。人によってそのラインが違いますし。極端な話、wikipediaの方針・ガイドライン等に沿えば、キャラクターの節はなくてもいいものです。しかし実際には、フィクションの登場人物節が多くの記事においてキャラクター一覧と化している状況なのは御承知かと思います。『ダンまち』も以前はその状況でしたし。私が最初にこの基準案を提示したときは、かなり反発が出るのでは?ということを考えて、自分の考えるものよりもかなり緩い基準としました。状況を見ながら改めて提案し、段階的に整理すればいいかと考えたところもあります。
Bikettaxiさんが仰るように、重要度の低いと思われるキャラクターを単独項目にせず、あらすじやファミリアの記述に盛り込んでしまうのは「あり」だと思います。なお、個人的には、基準も1と3に絞り、さらに1については複数回記載のあるキャラクターに絞るくらいがよいと思っています。巻単位ではなく作品全体の主要キャラクターなら、何度も紹介されるでしょうし。当然、ここから漏れるキャラクターの中にもそれなりに重要と思われるキャラクターもいるかと思いますが、結局それも個人毎の線引きしだいになってしまいます。合意が得られるのであれば、特例で掲載してもいいとは思いますが、あまり特例は作らない方がいいかなぁと私は思います。--NA8C会話) 2019年9月28日 (土) 05:25 (UTC)
  •   反対 一年前くらいはもっと登場人物の項目が充実していたのに、今では随分と貧相になっています。もっと充実させるべきでしょう。あと、『や【や・といった記号を使用して投稿しても、すぐに削除してしまうのは、はっきりいって異常だと思います。これらの記号も積極的に使用すべきだと思います。一度、その異常性をよく検討してください。--以上の署名の無いコメントは、210.250.157.148会話/Whois IPv4IPv6)さんが 2019年10月2日 (水) 06:25‎ (UTC) に投稿したものです(NA8C会話)による付記)。
  返信 (210.250.157.148さん宛) まず、ノートで発言する際は署名を忘れないようにしましょう。よろしくお願いします。
さて、御指摘の「充実」という点ですが、wikipediaでは記事を書くにあたっての方針やガイドラインがあり、それに沿って記述することが求められています。Wikipediaでの「充実」とは、そういったルールに沿った上で、必要な情報を記載することです。何でもかんでも情報集積することではありません。まず、方針の「ウィキペディアは情報を無差別に収集する場ではありません」、ガイドラインの「Wikipedia:スタイルマニュアル (フィクション関連)」や「プロジェクト:フィクション/登場人物と設定の記述」などをよく御覧になってください。この記事はあくまでも『ダンまち』という作品を紹介する記事であって、キャラクターや設定を紹介する記事ではないということを御認識いただければと思います。
また、括弧類は多用しないこととされており、使用方法については、ガイドラインの「Wikipedia:表記ガイド」などにきちんと記載されております。特に二重カギ括弧(『』)は著作物名や括弧の入れ子など、使用方法がかなり限定されています。その他の記号類等も使用方法がきちんと定められていますので、表記ガイドを御確認願います。--NA8C会話) 2019年10月3日 (木) 11:39 (UTC)
  作品に詳しくないので編集方針についてはコメントしませんが、加筆を推奨しているIPユーザーは全て利用者:極楽サタン会話 / 投稿記録 / 記録の可能性があります。編集の仕方や出現記事の傾向も合致しており、何度かWP:AN/Sにも報告しています。--Cross-j会話) 2019年10月13日 (日) 08:06 (UTC)

キャラクター紹介について編集

ダンまち紹介ページでは、極端な話、ベル君とヘスティアだけ簡単に紹介して後は「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかの登場人物一覧」のページを作り深く掘り下げてみてはどうでしょう。チャンドラを紹介したいし。--藤本 実会話) 2019年7月31日 (水) 15:36 (UTC)

  反対 分割の議論を二つに分けているのは、何か意図があるのかわかりかねますが、まず、こちらもきちんとした議論を行いたいのであれば、Wikipedia:分割提案に則って然るべき手順を踏む必要があります。
さて、こちらについては明確に反対させていただきます。登場人物節についてはこの作品に限らず、大概のサブカル系記事において分割提案の俎上に上がりますが、近年は大概却下されてます。何故かといいますと、独立記事を作成するにあたっての「特筆性」というのが欠けているからです。この「特筆性」というのはWikipediaにおいては、ただ有名だとかそういうモノではなく、「Wikipedia:独立記事作成の目安」にその目安が提示されています。要は二次資料からの言及を出典とした記述がほとんどない、というのがネックになります。チャンドラを記述するには一覧記事であれば可能でしょうが、そもそも二次資料による言及のない登場人物一覧記事が必要とも思えません。 Wikipediaは情報集積所・データベースではないのですから。
私としては、登場人物節は現状でも詳細に記述しすぎだと思っているので、可能な限り個別キャラの情報を、特にエピソードにあたる部分やキャラ毎に箇条書きで記述された武器や魔法、スキルといったモノは必要最小限に削ってキャラの説明の中に組込むべきだと考えています。--NA8C会話) 2019年8月1日 (木) 20:23 (UTC)
  反対 NA8Cさんの意見に同意します。現状、一次情報(作品そのもの)での言及がほとんどで、二次情報による言及がほぼありません。キャラクターの制作意図だとか、公式、またはアニメ・漫画・ライトノベル専門雑誌などの人気投票で上位にいるとか、例のヒモのような社会への影響・反応、のような現実世界の観点での記述がされていないのも分割に反対の理由の一つです。--Haetenai会話) 2019年8月2日 (金) 03:23 (UTC)
  賛成 分割もそうですが、登場人物をもっと多く書き加えて、深く掘り下げてみるべきだと思います。--以上の署名の無いコメントは、126.113.55.154会話/Whois IPv4IPv6)さんが 2019年8月13日 (火) 07:15‎ (UTC) に投稿したものです(Haetenai会話)による付記)。
  返信 ウィキペディアはファンサイトやファン向けのまとめサイトではないため、深く掘り下げる必要はありません。あと、ノートページ、会話ページでの発言の際は署名を付けてください。また、記事へ加筆する際は出典を付けてください。--Haetenai会話) 2019年8月13日 (火) 08:38 (UTC)

登場人物掲載基準の再定義について編集

Bikettaxiさんにより登場人物節を大幅に改定・整理された件に関して、登場人物節を整理すること自体に異論はありませんが、新たに掲載基準を独自に定義されているので、一旦差し戻させていただきました。登場人物の掲載基準については、手前味噌になりますが、これまできちんと方針やガイドラインに沿った説明を行った上で案を提示してきた経緯があります。変更を行うのであれば、考え方等をきちんと説明していただいた上で議論し、再定義をしましょう。--NA8C会話) 2019年10月27日 (日) 18:27 (UTC)

  返信 これまで、ファミリアの説明と登場人物の説明が、重複していて読みにくい。登場人物間で同じ内容が細分化されていて、もしくは重複していて読みにくい。あらすじと重複する部分(同じレベルの記載)が多い。もう1点、ファミリアが20以上も羅列されおり、(少なくとも初見レベルの方には)それぞれの位置づけがわからない。これらが課題意識でした。この読みにくさを改善するための編集だと考えて頂ければ。
例えば、ラキア王国が良い(悪い?)例であり、無理に人物項を作っているためだと思いますが、ファミリアの説明と人物説明で被る部分も多く、人物説明にほとんど内容が無い。ファミリアの説明と人物説明が敢えて分割されているために、その間の繋がりが見えにくく、結果的に読みにくい(書きにくい)。また、主人公と敵対して消滅したファミリアは物語上の進展が基本的に停止するため、「何巻で、誰と誰が敵対し、(なぜ敵対し)、その中で、何が起こって、その登場人物がどうなったか(死亡した等)」を、登場人物毎に細切れで説明するのではなく、物語の流れで説明することができるはずだと思います。
今回の編集では、登場人物節に記載する人物名について、これまでのガイドラインを踏襲しており、人物名自体を削除もしていない(はず)ですが、登場人物の「項目」としては一部を廃し、ファミリアの説明に繰り込む形にしました。自分の編集は、登場人物の「書き方」を変えただけだと思います。試験的に投稿したところはありますが、ある程度、全体に渡って編集しないとバランスが見えないのでまとめて投稿したため、大幅な変更に見えてしまいます(少なくともサイズは大幅に変更)。
さて、自分としては、登場人物の記載は、これまでのガイドライン(1.から4.)で良いと思うのですが、登場人物を項目として作るかどうかについては、内容次第というところがホンネです。例えば、千草は冒頭のキャラクター紹介の回数は多いですが、物語の根幹に影響を与える重要な登場人物かといえば、この時点では、そうとは思えない。ガイドラインに従って項目として残しましたが、項目としてあるからといって重要という意味でもないだろうと考えます。
過去の経緯を拝見すると、基準が必要そうなので、今回の編集をしてみて(編集をしている最中に)、後付で規定したざっくりした基準を書きました。ただし、自分ながらに、客観性と厳密性に乏しいなぁと思うところがあります。NA8Cさんのご提案もありますので、下記に少し編集して案を記載いたしますので、議論の雛形になればと思います。自分の編集がこの案に完全に従っていない可能性もある点はご容赦ください。
主人公
  • 本編の主人公(ベル)、外伝の主人公(アイズ)
注: 作中で一般的な能力は説明不要
(1)主要なファミリア・組織
  • 本編、外伝の主人公が属するファミリア
  • 本編と外伝共に登場し、かつ、初登場後、本編と外伝合わせて半分以上の巻で登場
→ヘスティア、ロキ、ヘファイストス、ミアハ、タケミカヅチ、ヘルメス、ギルド、豊饒の女主人、ギルド、異端児
【登場人物の立項】
上記条件を満たすファミリアに所属し、かつ、ノートに記載の基準(1.から4.)を満たす者の中で、
  • 主神と団長
  • 原作本(本編および外伝)冒頭のキャラクター紹介で複数登場(4回以上くらいが適当かと)
  • これ以外の者は項目をたてない。あらすじやファミリア内の文章で触れる程度に説明
→ロキの第二軍、豊饒の女主人のミア、アーニャ、クロエ、ルノアは、あらすじ節で触れているので、項目削除
注:魔法・武器、技・スキル等の名前に代表される固有名詞の記載は不要。作中で一般的な能力は説明そのものが不要
(2)その他のファミリア・組織
  • 「主要なファミリア・組織」以外であり、連載最新時点で現存し、ノートに記載の基準(1.から4.)を満たす者が所属
要するに、主人公サイドのサブ・ファミリア。もしくは主人公と敵対し、物語上、現在進行中のファミリア
→ガネーシャ、ソーマ、ラキア、テルスキュラ、ディアンケヒト のファミリア
【登場人物の立項】
  • 原則、登場人物の項目をつくらずに、ファミリアの説明文章の中で人物を説明する。説明する人物はノートに記載の基準(1.から4.)に限る。
  • 本編と外伝で両方に登場し、初登場後、半分以上の巻で登場した者についてのみ項目をつくる
要するに、これからの連載で重要になる可能性がある登場人物のみ項目をつくって説明
  • 二次情報の説明上、必要であれば項目を作る(声優の出典等の、単語レベルの二次情報はこれにあたらない)
注1:人物説明の最初において、人物名をフルネームで記載し、太字強調
注2:文章中の説明において、人物の二つ名、魔法・武器、技・スキル等の名称は記載不要。作中で一般的な能力は説明そのものが不要
(3)消滅したファミリア・組織
  • 連載最新時点で消滅・解体したファミリアにおいて、ノートに記載の基準(1.から4.)を満たす者が所属
要するに、主人公と明らかに敵対して敗れ去った(物語上、既に完結している)ファミリア。なお、物語の進行中のファミリアは(2)で説明
→アポロン、イシュタル、イケロス、タナトス、アストレア、ディオニュソス のファミリア
【登場人物の立項】
  • 原則、登場人物の項目をつくらずに、ファミリアの説明文章の中で人物を説明する。説明する人物はノートに記載の基準(1.から4.)に限る。
  • 本編または外伝において、初登場後、6巻以上の巻で登場した「大敵」の個人についてのみ項目をつくる
要するに、シリーズを通して、長期間、主人公サイドと対立し、物語上、既に完結した「大敵」の個人。おそらく、現時点、外伝のエニュオ、レヴィス、エイン。
  • 二次情報の説明上、必要であれば項目を作る(声優の出典等の、単語レベルの二次情報はこれにあたらない)
注1:人物説明の最初において、人物名をフルネームで記載し、太字強調
注2:文章中の説明において、人物の二つ名、魔法・武器、技・スキル等の名称は記載不要。作中で一般的な能力は説明そのものが不要

つまり、登場人物について項目を作る作らないに関わらず、説明すべき登場人物の名称は、これまでのカイドライン(1.から4.)の人物に限ります。その中で少し重み付けをするという感じです。(--Bikettaxi会話) 2019年11月1日 (金) 20:37 (UTC) 基準の部分を編集・追記 --Bikettaxi会話) 2019年11月9日 (土) 01:41 (UTC)

  コメント お疲れ様です。こちらから提示を求めたのに、意見出しが遅くなって済みません。
上にも書いたとおり、基本的に整理していくことには賛成です。本来、wikipediaにおけるフィクション部分の説明は現実世界の観点から記述することが求められており(二次情報に基づく記述)、物語世界内の観点からの記述(一次情報に基づく記述)は必要最小限(「Wikipedia:スタイルマニュアル (フィクション関連)# 物語内容の要約」参照)かつあらすじを主体とすべきなので(「Wikipedia:あらすじの書き方#登場人物節との関係」参照)、極端な話、個々の人物の独立項目どころか、登場人物節ですら不要であります。流石にそれは極端すぎるので、必要最小限の登場人物を説明するのが本来なのでしょうが、当記事に限らず、大概のフィクション記事においては一覧よろしく全ての人物や用語を箇条書きで列挙している実態があります。それが当たり前と思っている方が多く、個別項目がなければ立項してしまい、内容が重複していようが個別項目毎に説明を記述してしまいます。実際には仰るとおり、文脈で簡潔に説明するのが良なのですが。なので、基準を作っておくのは重要だと思います。
さて、提示いただいた案についてですが、まず構成については、作品の中での各ファミリアの位置づけという意味でわかりやすくなると思います。また、個別項目の基準案の、基本的な方向性はこれでいいのではと思います。物語の中での位置付けに基づいた軽重がありますし。
いくつか気になった点。
  1. 説明の中の「作中で一般的な能力は説明そのものが不要」の文言。意味がわかりづらいのですが、例えばどういうことでしょう?
  2. この3つのファミリアに該当しない場合はファミリアの記述そのものもしない、ということでいいですか? 例えばモルドとかが該当しますけど。
  3. これまでの基準を踏まえた2段階になっているので、当初基準を組込んでしまうか、並べて提示するようにした方がわかりやすいと思います。確定後はノートの一番上にまとめて提示しましょうか。
あと、これはあくまでも私の考えなのですが、主人公及びメインヒロイン以外で、巻や部単位でヒロイン等になっている登場人物もう少し特別扱いしてもいいのかなと思っています。例えば主要人物節内にヒロイン節のようなものを設け、リリや春姫、ウィーネ、リューあたりを持ってくる、ということなんですけども。ヒロインはその時その時のもう一人の主人公みたいなものですから。まあ、私の妄想みたいなものと思ってください。--NA8C会話) 2019年11月11日 (月) 10:52 (UTC)
  返信
2段階のまとめについて
賛成です。ただし、定義の仕方について、少し修正しないといけないですね。自分にツッコミますが、上の例ですと、具体例(→の部分)であるアストレア・ファミリアがおかしいですよね。。。アストレア・ファミリアを書くならば、「要するに、」の文は定義ではなく、「例えば、」が適切。しかし、そもそも、登場人物の項目になくても良いような。悩ましいです。
「3つのファミリアに該当しない場合」について
自分が編集した版では、「その他のファミリア・組織」と「消滅したファミリア」の下にそれぞれ「その他」の項目を作りました。該当者は、所属組織のない「個人」、または、ファミリアに所属していたとしても、ファミリアとして物語上の位置づけが本筋ではない「個人」。モルドは「その他のファミリア・組織」の「その他」に置きました。ジュラは、元ルドラ・ファミリアですが、ファミリアとして主人公(ベルまたはアイズ)に対して活動していないので、ルドラ・ファミリアの項目を作らずに、「消滅したファミリア」の「その他」に置きました。心配事は、同じ記事内に同じ言葉の見出し(「その他」)が2つできることです。wikipediaの文法として許容されるのでしょうか?
「作中で一般的な能力は説明そのものが不要」について
「説明そのものが不要」=「スキルの内容を説明することが不要」でしょうか。「一般的な」は、具体的には、炎系魔法を向上、魔法の出力向上、魔法の効率が向上等のスキルは、個人で名称は違いますが効果はほぼ同じ。さらに、有り体に言えば、この物語に特有な設定でない(他作品でもよくある設定)と思えるので、登場人物の項目において、原則、説明そのものが不要ということ。このような内容を敢えて書くなら、この物語の世界観(設定)を説明するために、用語の節におけるスキル項目で幾つかの事例を書く方が適切と考えます(当然、全ての記載は不要)。
例えば、リューの「疾走系スキルを活かした直接戦闘の技術が高く、」程度なら、書き方としてはありだと思う。しかし、疾風系スキル自体は一般的で、その内容を説明をしてしまうと過剰であると思う。「疾走系スキルを活かした」の修飾自体が過剰かもしれませんが、文章全体の流れ次第。
基本的には書かなくても良いと思う具体例は、「ベルに、○巻で、牛系モンスターに対するスキルが発現しました」等の単純追記。原作を読む限り、自分としては、能力として特別にレアであったり規格外とは思えない。かつ、この時点では、このスキルの効果を使った何か特別なエピソードもないからです。一方、もしベルの項目にアステリオスとの因縁を示す説明がなにも無いならば、このスキルの説明を”ダシ”にして、アステリオスとの因縁を説明するために(こちらが主目的)、スキルを書く方法はあり得ると思います。ただし、自分は、今のアステリオスの因縁の書き方の方が優れていると思いますので、「ベルに、○巻で、牛系モンスターに対して能力が補正されるスキルが発現しました」の単純追記は、不要と考えます。
周辺の文章との兼ね合いもあるので定義が難しいかもしれませんが、このようなイメージです。
ちなみに、自分は、wikipediaの編集方針には明るくないのであまりコメントできませんが、ひとつの文章(文献)として、この作品を知らない人でもこの記事の内容を読む事が出来るようにする観点で考えております。フィクション系の記事が概ねご指摘のような傾向があるならば、自分は「あらすじ(内容)」「人物」「用語」の構造が原因になっていると考えます。よく言えば群像劇ですが、日本型長編フィクションの場合、「第一巻(あらすじ、人物)、第二巻(あらすじ、人物)、・・・」「用語(物語全体の世界観)」のような構造のほうが、読み手にとっては読み易いだろうと考えます。その意味で、(極論、)登場人物の項目が不要というご意見に賛意を示せます。
ヒロイン項目のような書き方ですが、今の書き方は登場人物において、ファミリアを第一分類にして、個人を第二部類で整理していますが、登場人物の位置づけを第一分類とする案ですよね。主人公、ヒロイン、敵、その他くらいで項目をつくって、その下にそれぞれ人物をぶら下げる。これもありかなぁと思います。この物語は、今のところ、基本的にファミリア単位で動くので、レベル2見出しにおいて、ファミリアの項目を別途作る(概要、あらすじ、人物、ファミリア、用語、・・・)という形にしないと、ちょっと説明しにくいかもしれませんね。ある程度書いてみて、全体をみないと判断つかないですが。いずれにせよ、結構、たいへんかなあと思います。
今回の再定義は小変更レベルだと思いますが、記事自体を抜本的にダイエットするためには、大きな構造変更が必要でしょうね。
--Bikettaxi会話) 2019年11月15日 (金) 13:03 (UTC)
  返信 また返信が遅くなってしまいました。すみません。
基準の一段目について
二段階を纏めるにあたり、個人的に私が設定した2のイラストに描かれているという基準は除去してもいいかなと考えているんですが、どう思われますか?
「その他」の取扱い
wikipediaの文法上は、同じ記事の中に同じ名前の節は避けた方がいいでしょう。節へリンクを張った時に上手く飛ばなくなると思います。何か上位節に因んだ語句を含めた方がいいと思います。
スキル・魔法等の内容説明について
なる程、そういうコトですね。私は他作品はアニメは見ててもそれ程読んでいないので、どれがどの程度一般的かの細かい判断はつきかねますが、私も全て説明する必要はないと思います。ベルの牛系のスキルなんか、まだ使われてさえいないので不要でしょう。ただ、作品独自かどうかに関わらず、全くこの手の作品を知らない人が読むことも考慮して、スキルや魔法等の項目に簡単に総論的な説明があってもいいかとは思います。
「自分は、wikipediaの編集方針には明るくないのであまりコメントできませんが、ひとつの文章(文献)として、この作品を知らない人でもこの記事の内容を読む事が出来るようにする観点で考えております。」とのことですが、これはwikipediaにおいては正しい姿勢だと思います。百科事典はあくまでも入り口ですので、ここを入り口にしてより詳しく知りたい人には専門書やファンサイト等に行っていただくのが正しいでしょう。取り敢えず作品を知りたい人に、ずらずらと書かれた長い文章は読む気を失わせてしまいます。
ヒロインの件について
あまり深く考えなくてもいいかなぁと。現在、ヘスティアやアイズが、それぞれのファミリアにリンクで置かれている様な形になっているのと同じ様に、本体は主人公等と並べてしまうという整理かなと考えているのですけどね。ただし、ヒロインとして抜き出す為には、きちんと二次情報でヒロインとして取り上げられている必要はありますが。
--NA8C会話) 2019年11月24日 (日) 09:40 (UTC)
  返信 「2. 原作本の表紙や挿絵に描かれている(モブキャラは除く)」ですが、扉絵はキャラクター紹介のようなものなので、「挿絵」⇒「扉絵」へ変更してはいかがでしょうか。本文中のイラストを除去するという意味合いです。「4. 原作やアニメの公式サイトで紹介されている」の「アニメ」を除去するか、もしくは「(モブキャラは除く)」を追記するかしてはいかがでしょうか。公式サイトは二次情報になると思いますが、アニメは短期で放送されるからでしょうか、モブキャラの紹介もあるため、人物の整理の主旨からするとモブキャラは除外すべきではないでしょうか。
できれば、大枠の世界観というか、そういった内容が欲しいと思うのですが、二次情報に基づく批評や分析の流れの中でその説明がある良いなと思うのですが、このような作品では、現実的に、あまりないんですよね。ヒロインの項目もおっしゃるとおり二次情報があればなぁ。。。--Bikettaxi会話) 2019年11月24日 (日) 14:52 (UTC);一部修正 --Bikettaxi会話) 2019年11月25日 (月) 22:56 (UTC)
  返信 また、随分開いてしまいました。すみません。構成の改定、お疲れ様です。ヘスティアの差戻しを見て「主人公」節を設け忘れていると思い、節を追加しようとしてふと気になったので保留にしたのですが、これ、ファミリアクロニクルはどう扱うことにしましょうか。長短はありますが、ソード・オラトリアと同じ外伝扱いです。今はリューだけですが、作者の言に従えば、今後、どんどん追加されるのではと。今後のことはその時考えればいいかも知れませんが、一先ずリューをどうするか。主人公で括るのであれば、この節に入れるべき、と考えるのですが。
「2. 原作本の表紙や挿絵に描かれている(モブキャラは除く)」の「『挿絵』⇒『扉絵』へ変更しては」との提案について。自分で制定しておいてとは思うのですが、この部分の問題点は、絵だけで描かれている場合、読んでなければそのキャラクターが誰だかわからないという点で、場合によっては独自研究にも抵触するのではないかと。文字で書かれていれば、この独自研究が回避できると思うのです。
「4. 原作やアニメの公式サイトで紹介されている」に「『(モブキャラは除く)』を追記するかしては」の提案の方については、アニメ公式サイトを確認してみたところ、どのキャラクターを想定しているのかちょっとわからなかったのですが、誰のことでしょう?--NA8C会話) 2019年12月8日 (日) 17:33 (UTC)
  返信
  • 「主人公節」の件
主人公節を作る提案に賛成です。ファミリアクロニクルは、作者によれば個別キャラクタの「過去話」とのことですので、自分は、物語の本筋ではないと思いました。加えて元記事からの改造が少ないので、リューを主人公節に入れなかった率直な理由です。次巻はフレイヤが対象らしいし、次々と巻数が増えた場合を想定すると、自分は入れなくても良いのではと思います。ちなみに、主人公節を作るなら、ご提案のヒロイン節も作りたくなり、定義の仕方を考えてみましたが、難しいですね。wikiのルールと折り合えて、曖昧さの少ない定義方法が思いつかなかった。。。
  • 「扉絵」の件
主旨としては「外伝の扉絵」は、文章でキャラクター名と超短文ですが紹介文があり、本編のキャラ紹介「1.の条件」に相当しそう。もしくは、「1.の条件」に「外伝の扉絵」の文章が入るならば、「2.の条件」を全削除しても良いかなあと思います。
本編の扉絵と本編・外伝の表紙はたしかに「絵だけ」ですので、厳密には誰かわかりません。一方、「絵だけ」だと独自研究かもしれないとのご懸念は理解できましたが、心配しすぎかなぁというのも自分の感覚で、また表紙は本の「顔」ですので、流石に表紙に描かれているキャラ(モブ除く)は、補足的に「2.の条件」として残しても良いと思った次第です。表紙のキャラは、結果的に「1.の条件」と被ることになりそうなので、本当に補足の意味合いです。
  • 原作やアニメの公式サイトで紹介されているの件
上記の議論にあったレナやサミラ、特にサミラを想定していました。どこかでサミラの紹介をみたような気がするのですが。すみません、みあたらないですね。
--Bikettaxi会話) 2019年12月10日 (火) 14:25 (UTC)
  返信 返事が遅くなりました。
主人公節について
そうですね。同じ外伝でもソード・オラトリアの場合は、本編の平行した裏話なのに対して、ファミリアクロニクルは完全にサイドストーリーですしね。コメントアウト部分に、「ファミリアクロニクルは除く」と追記しておきますか。
扉絵について
これについては、私は登場人物紹介と同一視しています。文字できちんと書いてありますからね。なので、やはり2.の条件については除去してもいいでしょうね。
サミラの件
なんか私も見たことあるような・・・。どこでだろう?
--NA8C会話) 2019年12月22日 (日) 02:56 (UTC)
  返信 インデントを戻してまとめました。間違いがあればご指摘ください。
掲載基準
1. 原作本(本編、外伝、ファミリアクロニクル)冒頭でキャラクター紹介がある
2. 原作本の表紙や挿絵に描かれている(モブキャラは除く)
3. 原作本のあらすじや作者あとがき等で言及がある
4. 原作やアニメの公式サイトで紹介されている

2.については基準から外す。該当するキャラクターを下記に示す。間違いがあれば修正ください

該当するキャラクター(本編15巻、外伝12巻、ファミリアクロニクル2巻時点)
  • ベル
  • ヘスティア
  • リリ
  • ヴェルフ
  • 春姫
  • ヘファイストス
  • 椿
  • フレイヤ
  • オッタル
  • アレン
  • アリィ
  • ヘディン
  • ヘグニ
  • アルフリック
  • ロキ
  • アイズ
  • リヴェリア
  • ベート
  • フィン
  • ティオナ
  • ティオネ
  • レフィーヤ
  • ガレス
  • ラウル
  • アリシア
  • アナキティ
  • リーネ
  • ナルヴィ
  • ヘルメス
  • アスフィ
  • ルルネ
  • フェルガー
  • アイシャ
  • ミアハ
  • ナァーザ
  • ダフネ
  • カサンドラ
  • タケミカヅチ
  • 千草
  • 桜花
  • アレス
  • マリウス
  • ウィーネ
  • リド
  • レイ
  • アステリオス
  • ウラノス
  • エイナ
  • フェルズ
  • リュー
  • シル
  • アーニャ
  • クロエ
  • ルノア
  • アンナ
  • テリー
  • モルド
  • スコット
  • イケロス
  • ディックス
  • ガネーシャ
  • シャクティ
  • アポロン
  • ヒュアキントス
  • ルアン
  • イシュタル
  • フリュネ
  • レナ
  • ターク
  • ジュラ
  • オリヴァス
  • レヴィス
  • エイン
  • アルガナ
  • カーリー
  • バーチェ
  • ヴァレッタ
  • タナトス
  • バルカ
  • ディオニュソス
  • フィルヴィス
  • エニュオ
  • ソーマ
  • アミッド
「主な登場人物」の節
主人公
  • ベル(本編)とアイズ(外伝)
  • ファミリアクロニクルは除く
主なファミリア・組織
  • 本編、外伝の主人公が属するファミリア
  • 本編と外伝共に登場し、かつ、初登場後、本編と外伝合わせて半分以上の巻で登場
登場人物の立項について
  • 主神と団長
  • 掲載基準「1. 原作本の冒頭のキャラクター紹介」において複数登場(4回以上)
  • これ以外の者は項目をたてない。あらすじやファミリア内の文章で触れる程度に説明する
  • 注:魔法、武器、スキル、技などのトリヴィアの記載は不要
「その他の登場人物」の節
現存するファミリア・組織
  • 掲載基準を満たす登場人物が所属し、連載最新時点で現存するファミリア
  • 人物についてはファミリアの説明の中に組み込む
登場人物の立項について
  • 原則、項目をつくらない
  • ただし、上記条件を満たすファミリアにおいて、かつ掲載基準を満たす者において、本編または外伝において、初登場後、半分以上の巻で登場した個人についてだけ項目を作成してもよい(巻をまたいで、主人公に協力的な人物)
  • 注1:本文で説明する人物名は、最初の記載のみ人物名をフルネームで記載し太字強調する
  • 注2:文章中の説明において、人物の二つ名、魔法・武器、技・スキル等の名称は記載不要
  • 注3:ファミリアクロニクルについては掲載基準を満たす者について記載
消滅したファミリア・組織
  • 掲載基準を満たす者が所属し、連載最新時点で消滅・解体したファミリア
  • 人物についてはファミリアの説明の中に組み込む
登場人物の立項について
  • 原則、人物の項目をつくらない
  • ただし、上記条件を満たすファミリアにおいて、かつ掲載基準を満たす者において、本編または外伝において、初登場後、半分以上の巻で登場した「大敵」の個人についてだけ項目を作成してもよい(巻をまたいで、主人公と対立した人物)
  • 注1:本文で説明する人物名は、最初の記載のみ人物名をフルネームで記載し太字強調する
  • 注2:文章中の説明において、人物の二つ名、魔法・武器、技・スキル等の名称は記載不要
  • 注3:ファミリアクロニクルについては掲載基準を満たす者について記載
過去に存在したファミリア・組織
  • 連載開始前に消滅し、かつ”物語の根幹”を担うファミリア
  • 具体的には、ゼウス、ヘラ、アストレアのファミリア、闇派閥
登場人物の立項について
  • 項目をつくらない
  • 注:文章中の説明において、人物の二つ名、魔法・武器、技・スキル等の名称は記載不要

--Bikettaxi会話) 2020年4月30日 (木) 02:05 (UTC)

ページ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」に戻る。