ノート:フルドリッヒ・ツヴィングリ

このページに議論はありません。

「トッゲンブルク州ヴィルトハウス」という記述ですが、トッゲンブルクは「州(Kanton)」ではなく、かつて州であったこともありません。日本でいう「伊那谷」や「志賀高原」と同じような、人文地理的にまとまった一地方を漠然と示す名称ですので、僭越ながら本文のように改めさせていただきました。

また「州長官」というのも、上述しました理由から存在しません。手元の資料(Ulrich Gäbler: Huldrych Zwingli. Theologischer Verlag Zürich, 2004)では、ツヴィングリの父親は「ヴィルトハウス村の有力農民たちの自治組織の中で指導的な役割を果たしていた」とあり(同書29ページ)、要するに村の庄屋さん程度の存在だったようです。よってこれも本文のように改めさせていただきました。以上2点、ご了承いただければ幸いです。--以上の署名の無いコメントは、129.132.199.68会話/Whois IPv4IPv6)さんが 2006年7月21日 (金) 13:50 (UTC) に投稿したものです(114.184.200.14 2010年6月6日 (日) 14:22 (UTC)による付記)。

ページ「フルドリッヒ・ツヴィングリ」に戻る。