メインメニューを開く

ポストハーベストのとりあげ方について編集

ポストハーベストのとりあげ方が、なんだかアメリカ産のレモンに対する敵意を感じます。 アメリカ産の作物、特にかんきつでポストハーベストが問題視されているのは間違いではありませんが、レモンの説明として本文中に繰り返し記述するのはいかがなものかと思います。

たとえば関連項目として、「リモネン」のように個別に項目だててはいかがでしょうか。 私の望ましいと感じるスタンスは、

 (1)「アメリカ産のレモンで、ポストハーベストが非常に話題になった」ということ

 (2)何を防ぐためのポストハーベストだったのか、その簡単な説明

これらを現象として客観的に記述する程度だと思います。 --以上の署名の無いコメントは、220.147.107.237ノート履歴)さんが 2005年3月6日 (日) 02:35 (UTC) に投稿したものです(Eveningmist会話)による付記)。

アメリカだけでなくチリ、南アメリカの名前も挙がっていますし、アメリカ産だけというより寧ろ外国産のもの一般が悪いというような文章になっていますので、アメリカ産に対する敵意のようなものはないと思います。--Bit 2008年1月20日 (日) 13:09 (UTC)

根拠が不明な記述の削除について編集

本文中の「(前略)柑橘類は、根から他の植物を枯らす作用のある成分を放出するので、周りの樹木や芝生などを枯らすことがあるので注意する必要がある。 」とありますが検索しても該当する情報がありません。実際に柑橘類を育てている方は実感されていると思いますが、根元に雑草も生えますし環境によっては苔さえ生えます。阻害物質を出す植物としてレモンユーカリは知られているようですが錯誤でしょうか?柑橘類では植物ホルモンのオーキシンの活性物質と拮抗剤は生成されるようですが自然界ではすぐに分解されてしまいます。どうも明確な根拠が不明ですので削除しても良いでしょうか?--Tanohei 2009年2月28日 (土) 03:13 (UTC)

ビタミンCに関して編集

食材利用の項に、「ビタミンCを豊富に含んでいるのが特徴である。」という記述があり、レモンがビタミンCが豊富な食材であるような印象を与えますが、WikipediaのビタミンCの項にも「「レモンはビタミンCを豊富に含む果物である」と誤解されがちだが、実際には同じ柑橘類であるグレープフルーツやユズよりも含有量は低い。」とある通り、決してビタミンCの豊富な食材では無いと思うのですが、 誤解を招くような記述は避けるべきではないでしょうか?--219.98.165.175 2009年9月23日 (水) 13:06 (UTC)

ページ「レモン」に戻る。