メインメニューを開く

北京語? 北京話?

中国人自身は、「北京話」(ペイチンファ)といいます。決して、北京語とはいいません。
標準中国語では、「英語」(インユー)とか、「日語」(ルーユー、にほんごのことです。)のように、あるの言葉については、「~~語」を使います。逆に、方言などについては、「上海話」や「福建話」と「~~話」といいます。日本語の大阪弁も「大阪話」といいます。
ただ、日本人が、中国語文法などについて話す時、「北京話」とか「上海話」とは、普通言いません。(というよりも、私は未だかつてお目にかかったことがない。)多分、あるところで話されている言葉という意味で、「~~話」とは日本語では絶対にいえないからでしょう。Auf 07:39 2003年11月6日 (UTC)
方言としての北京話を強調したい場合は「北京枪」という言い方があります。こっちのほうが口語ではよく聞きます(じゃなかったら通常は普通話としか呼ばないので)

--CheeseburgerNerd会話) 2019年6月11日 (火) 01:02 (UTC)

ということは、日本語の百科事典としては、「北京語」が適切なのかな?
ところで、
>> 「日語」(ルーユー、にほんごのことです。)のように、ある
>> 言葉については、「~~語」を使います。
についてですが、Ribenhuaとも言いませんか? Rihuaとは言わないと思いますが。
# 私、「語」ってちゃんと発音できないので、電話などで
# 「有没有会講日本話的人?」と聞くことが多かったのですが、変なんでしょうか。
218.217.130.36 01:15 2003年11月7日 (UTC)

- 日本語はRiyü以外聞かないですね. Ribenhuaでも意味は通じますが.

ページ「北京語」に戻る。