メインメニューを開く

「敗亡寸前の国家の核」から北朝鮮の記述を削除して一般論として書き直しました。


「貧しい核保有国」は論理的でないため削除しました。 「国益よりも支配者個人の面子を優先しなければ支配体制が崩壊してしまう」というのは事実ですが、核戦争を決断すればその時点で支配体制の崩壊が決定的になります。報復核攻撃を受ければ無政府状態になるのは必至で支配体制が存続するなどありえません。——以上の署名の無いコメントは、Usapyonyokohamaノート履歴)さんが 2007年9月7日 (金) 09:44 (UTC) に投稿したものです(Jnuk会話)による付記)。


全体的に「核抑止」にたいして批判的な立場から記述されています。特定の思想によって項目を記述せず、中立的な記述を求めます。——以上の署名の無いコメントは、119.10.216.243ノート/Whois)さんが 2011年10月20日 (木) 02:10 (UTC) に投稿したものです(Jnuk会話)による付記)。

>しかし、このような覇権維持のための軍事報復は核兵器によらずとも可能であり、同盟国が攻撃されたなら敵側の同盟国を攻撃すれば力の均衡は保たれるので、核による直接報復の必要性は無いとも言える。

第一次世界大戦の直接の発生要因を説明できない。稚拙なのでコメントアウト。--Jnuk会話) 2013年2月16日 (土) 14:11 (UTC)

ページ「核抑止」に戻る。