メインメニューを開く

ノーブラとは、ノー・ブラジャーの略称で、乳房を覆うブラジャーを着けずに且つブラジャーの機能がある(ブラジャーと一体化した)衣装を全く着ていない思春期以降の女性乳房タナー段階がII - IV)を指す。乳房の成長前でブラジャーを着ける必要がない思春期前の未成年女子(乳房のタナー段階I)と全段階で上半身トップレス)すなわち、乳房が丸出しの状態の女性は指さない。

目次

概要編集

ノーブラは和製英語であり、英語では braless (ブラレス)という[1]

かつて、日本では和服が中心であったために古くから誰もがノーブラであったが、洋装化と共に思春期以降の女性はブラジャーを着けることが一般的となった。また、1970年代初頭のウーマンリブ運動において、一部の活動家はブラジャーを「女性を拘束する象徴」として敵視し、ブラジャーを焼く、日常生活でブラジャーを着用しないといった活動も見られた。

思春期における乳房の成長過程でのノーブラ編集

1980年頃は中高生向けのジュニアブラしか市販されておらず、当時の小学生はジュニアブラの想定外だった。現在では思春期初来の約4年(7歳7か月-11歳11か月の間[2][3])のうちにジュニアブラを付けるのが望ましいと考えられるようになり[4]小学生ブラジャーを着けることが想定されるようになった[5]1/2成人式(10歳)を迎えたらと話合うことを勧めているメーカーがある[6]

映画編集

  • オムニバス映画「非女子図鑑」(2009年5月30日公開)の中の一編「B(ビー)」にて主人公(演:月船さらら)がノーブラ女性として描かれている。

有名人編集

脚注編集

関連項目編集