ノーブラとは、ブラジャーを着けていないこと[1]である。

概要編集

ノーブラ(ノー・ブラジャーの略称)は和製英語であり、英語では braless (ブラレス)という[2]

ブラジャーは思春期以降の女性乳房タナー段階II - V、同II - IVはジュニアブラ)を対象とした下着であるため、ブラジャーの着用を必要としない男性思春期前の女性(乳房のタナー段階I)はブラジャーを着けていなくてもノーブラとは言わず、ブラジャーを着用しない代わりにブラジャーの機能がある(ブラジャーと一体化した)衣装を着用していてもノーブラとは言わない。

ノーブラが理由で生じる現象として、胸ポチ乳揺れバストの形状が崩れる、乳房の内部組織が伸びる、衣装が乳首乳輪と擦れて疼痛痒みが生じるなどがある。

かつて、日本では和服が中心であったために古くから誰もがノーブラであったが、洋装化と共に思春期以降の女性はブラジャーを着けることが一般的となった。また、1970年代初頭のウーマンリブ運動において、一部の活動家はブラジャーを「女性を拘束する象徴」として敵視し、ブラジャーを焼く、日常生活でブラジャーを着用しないといった活動も見られた。

思春期における乳房の成長過程でのノーブラ編集

1980年頃は中高生向けのジュニアブラしか市販されておらず、当時の小学生はジュニアブラの想定外だった。現在では思春期初来(7歳7か月 - 11歳11か月の間[3][4])からジュニアブラを付けるのが望ましいと考えられるようになり[5]、小学生がブラジャーを着けることが想定されている[6]

1/2成人式(10歳)を迎えたらと話し合うことを勧めているメーカーが存在する[7]。また、プライベートゾーンを理解し、友人とブラジャーを買いに行く方法もある[8]

睡眠時は成人型乳房(乳房のタナー段階がV)になるまでブラジャーを着用しない方が良いとされている[9]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 大辞林三省堂
  2. ^ ブラレスを楽しむために知っておきたい、胸&乳首ビューティーQ&A。 - VOGUE JAPAN
  3. ^ たなか成長クリニック・思春期
  4. ^ 三宅婦人科内科医院・思春期と乳房”. 2016年3月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月23日閲覧。
  5. ^ 乳房の発育異常(早発乳房発育症・遅発乳房発育症・乳房発育不全・無乳房症)が生じている場合、この間とは限らない。
  6. ^ オトナの体へと成長する女の子、「初めてのブラ」はいつが適切なのか? - 2015年9月29日 - 日経トレンディネット
  7. ^ 1/2成人式を迎えたら、母娘で話そう、いろんなこと。一緒に買おう、ファーストブラ。
  8. ^ 恥ずかしがる娘もOK 「友ブラ」で思春期の胸をケア”. NIKKEY STYLE (2019年11月21日). 2020年5月3日閲覧。
  9. ^ ナイトブラ(夜用ブラ)ってなに?”. ガールズばでなび. ワコール. 2020年5月9日閲覧。

関連項目編集