メインメニューを開く

ノーマン・ジョエル・グリーンバウム(Norman Joel Greenbaum、1942年11月20日 - )は、アメリカ合衆国シンガーソングライター。自作して歌った1969年の楽曲「スピリット・イン・ザ・スカイ」によって最もよく知られている。

ノーマン・グリーンバウム
出生名 Norman Joel Greenbaum
生誕 (1942-11-20) 1942年11月20日(76歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
マサチューセッツ州モールデン
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
マサチューセッツ州ボストン
ジャンル ロック
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ボーカルギター
活動期間 1968年 –
公式サイト www.spiritinthesky.com

目次

生い立ち編集

グリーンバウムは、マサチューセッツ州モールデンに生まれた。正統派ユダヤ教の家庭に育ち、ベス・イスラエル会堂英語版ヘブライ語学校英語版で学んだ[1]。音楽に関心をもったきっかけは、1950年代後半から1960年代はじめにかけて人気のあった南部ブルースフォーク音楽であった。高校では様々なバンドで演奏し、ボストン大学で2年間、音楽学を学んだ。

経歴編集

グリーンバウムは、自作曲「スピリット・イン・ザ・スカイ」によって最もよく知られている。「重たい (heavy)」ギターの音、ハンドクラッピング、霊的(スピリチュアル)な歌詞が組み合わされたこの曲は、1969年ワーナー・ブラザース・レコードからリリースされた。シングルは、1969年から1970年にかけて200万枚を売り上げ[2]アメリカレコード協会 (RIAA) からゴールドディスクに認定された。その後は、様々な映画や広告、テレビ番組などで使用された[2]

スピリット・イン・ザ・スカイ」の歌詞のテーマは明らかにキリスト教的であるが、当時も、その後も、グリーンバウムは厳格なユダヤ教徒であり続けた[3][4]

インタビューの中で、グリーンバウムは「スピリット・イン・ザ・スカイ」の着想を得たのは、本当は西部劇映画だったと述べている[5]

ノーマン・グリーンバウム:「スピリット・イン・ザ・スカイ」が何を踏まえているかって、... 僕らは何を見ながら育った? 西部劇だろ! つまり、ひどい悪漢たちが撃たれて、ブーツを履いたまま死にたいと願うような。僕にとっては、それが霊的(スピリチュアル)だった、ブーツを履いたまま死にたい英語版と願うってことが。

レイ・サンチョ:それがきっかけで、あの曲を書いたんですか?

ノーマン・グリーンバウム:そう。曲自体は単純だよ、もちろん曲作りは単純で通さなきゃね。キリスト教的な賛美の歌というわけじゃなくて、単純な歌ってことさ。キリスト教を使ったのは、何かを使わなきゃならなかっただけさ。「ジーザス」がどうのってところより、「スピリット・イン・ザ・スカイ(空中の精霊)」ってとこが大事なんだ。変だろう ... 僕もブーツを履いたまま死にたいと思ってたんだ。

グリーンバウムは、一般的には一発屋と見なされているが[3][4]ドクター・ウェスツ・メディシン・ショウ・アンド・ジャンク・バンド英語版名義で録音した「The Eggplant That Ate Chicago」など、1966年には数曲のレコードがチャート入りを果たしていた[6]1960年代にはまた、ブルーノ・ウルフ・ウィズ・ザ・ジム・クウェスキン・ジャグ・バンド (Bruno Wolf with the Jim Kweskin Jug Band) という名義でも活動していた[7]

私生活編集

グリーンバウムは、カリフォルニア州サンタローザに長く住んでいる[3]2015年3月28日、乗車していた(運転者ではなかった)自動車が、オシデンタル・ロード (Occidental Road) で左折した際に直進してきたバイクと衝突し、バイクの運転手が死亡、同乗者が重傷となり、グリーンバウムも重傷を負った[8]。その後、グリーンバウムは、演奏活動に復帰している[9]

ディスコグラフィ編集

  • Spirit in the Sky (1969)
  • Norman Greenbaum with Dr. West's Medicine Show and Junk Band (1969)
  • Back Home Again (1970)
  • Petaluma (1972)

脚注編集

  1. ^ Scott R. Benarde, Stars of David: Rock'n'roll's Jewish Stories (University Press of New England, 2003), ISBN 978-1584653035, pp. 186-187. Google Books.
  2. ^ a b Murrells, Joseph (1978). The Book of Golden Discs (2nd ed.). London: Barrie and Jenkins Ltd. p. 280. ISBN 0-214-20512-6. 
  3. ^ a b c McNichol, Tom (2006-12-24), “A ‘Spirit’ From the ’60s That Won’t Die”, The New York Times, https://www.nytimes.com/2006/12/24/fashion/24norman.html 2009年12月22日閲覧。 
  4. ^ a b Benarde, Scott R. (2003). Stars of David: rock'n'roll's Jewish stories. UPNE. pp. 186. ISBN 1-58465-303-5. https://books.google.com/books?id=XI4-VnSrEcAC. 
  5. ^ Shasho, Ray (2011年12月23日). “Exclusive: Norman Greenbaum reveals the true origin of 'Spirit In The Sky'”. Ray Shasho. 2017年5月28日閲覧。
  6. ^ Whitburn, Joel (2000). Top Pop Singles 1955-1999. Menomonee Falls, WI: Record Research Inc.. p. 183. ISBN 0-89820-139-X. 
  7. ^ Whatever happened to Bruno Wolf??”. Mudcat Café Music Foundation, Inc.. 2017年5月28日閲覧。
  8. ^ "Crash west of Santa Rosa kills motorcyclist; singer Norman Greenbaum hospitalized". Press-Democrat. March 28, 2015.
  9. ^ Freedman, Richard. "December 22 Vallejo A&E Source: Greenbaum keeps finding the ‘Spirit in the Sky’", Vallejo Times Herald (December 21, 2016).