メインメニューを開く

ノー・マンズ・ランド』(ボスニア語: Ničija zemlja英語: No Man’s Land)は、2001年ボスニア・ヘルツェゴビナ戦争コメディ映画。 監督はダニス・タノヴィッチ、出演はブランコ・ジュリッチレネ・ビトラヤツ英語版など。 ボスニア紛争1992年 - 1995年)を題材にしており、俳優は広くヨーロッパから選ばれている。

ノー・マンズ・ランド
Ničija zemlja / No Man's Land
監督 ダニス・タノヴィッチ
脚本 ダニス・タノヴィッチ
製作 フレデリック・デュマ英語版
マルク・バシェ
チェドミール・コラール
出演者 ブランコ・ジュリッチ
レネ・ビトラヤツ英語版
フィリプ・ショヴァゴヴィッチ英語版
音楽 ダニス・タノヴィッチ
撮影 ウォルター・ヴァンデン・エンデ英語版
編集 フランチェスカ・カルヴェリ
製作会社 ノエ・プロダクションズ
ファブリカ・シネマ
マンズ・フィルムズ
コウニハン・ヴィリアーズ・プロダクションズ
ステュディオMAJ・カサブランカ
配給 日本の旗 ビターズ・エンド
公開 フランスの旗 2001年5月12日(カンヌ
日本の旗 2002年5月25日
上映時間 98分
製作国 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ
スロベニアの旗 スロベニア
イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
イギリスの旗 イギリス
ベルギーの旗 ベルギー
言語 ボスニア語
セルビア語
英語
フランス語
ドイツ語
製作費 FRF 14,000,000
興行収入 世界の旗 $4,858,869[1]
テンプレートを表示

第54回カンヌ国際映画祭脚本賞第74回アカデミー賞外国語映画賞を受賞するなど、数々の映画賞を受賞している。

ストーリー 編集

霧の夜、ボスニア軍前線に赴いた交代要員8人は、双方の前線の間の無人地帯(ノー・マンズ・ランド)のセルビア軍前線寄りに迷い込んだ末、夜明けとともにセルビア側からの一斉射撃を受ける。そのうちの2人、チキとツェラは両軍中間にある無人の塹壕線付近まで逃げるものの戦車砲で吹き飛ばされる。その一人、肩を撃たれたチキは塹壕の中で意識を取り戻し銃を拾って帰り道を探すが、そこへボスニア側の意図を探りに2人のセルビア兵がやってくる。

キャスト編集

ボスニア兵編集

チキ
演 - ブランコ・ジュリッチ、吹替 - 谷昌樹
ツェラの親友、彼を残して塹壕を去らないと誓う。
ツェラ
演 - フィリプ・ショヴァゴヴィッチ英語版、吹替 - 花田光
意識を失っている間に身体の下に地雷を仕掛けられる。

セルビア兵編集

ニノ
演 - レネ・ビトラヤツ英語版、吹替 - 根本泰彦
人見知りをしない入隊ホヤホヤの新兵。
老兵
演 - ムスタファ・ナダレヴィッチ英語版
死体と思ってツェラの身体の下に地雷を仕掛ける。

UNPROFOR(国際連合保護軍)監視哨アリゾナ2のフランス兵編集

マルシャン軍曹
演 - ジョルジュ・シアティディスフランス語版、吹替 - 丸山純路[2]
何とかツェラと2人の負傷兵を助けようとする。
ピエール
演 - アラン・エロワ
ミシェル
演 - サシャ・クレメール
経験の浅い若い兵士。状況を深刻に考えない彼の不注意がとんだ結末を招く。

UNPROFPOR上官編集

何とかして面倒に巻き込まれまいとする。
ソフト大佐
演 - サイモン・キャロウ、吹替 - 佐々木敏
デュボワ大尉
演 - セルジュ=アンリ・ヴァルケ

マスコミ編集

ジェーン・リヴィングストン特派員
演 - カトリン・カートリッジ、吹替 - 八十川真由野
マルシャン軍曹と取引して独占映像を得ようとする。

受賞編集

出典 編集

[ヘルプ]
  1. ^ No Man's Land (2001)” (英語). Box Office Mojo. 2019年2月1日閲覧。
  2. ^ パーソナル・データ”. アーツビジョン. 2010年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月4日閲覧。

外部リンク編集