メインメニューを開く

ハイコウカリス(Haikoucaris)は、カンブリア紀に生息していた澄江動物群の1つ。Haikoucaris ercaiensis 1種のみによって知られ、大付属肢を持った節足動物Megacheira類の1属である。

ハイコウカリス
生息年代: Cambrian Stage 3
保全状況評価
絶滅(化石
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: †(和訳なし) Megacheira
: ハイコウカリス属 Haikoucaris
Chen, Waloszek & Maas, 2004
学名
Haikoucaris
Chen, Waloszek & Maas, 2004[1]
和名
ハイコウカリス
  • Haikoucaris ercaiensis
    Chen, Waloszek & Maas, 2004[1]

目次

形態編集

全長約4cm、半円形の頭部、13節に分かれた胴体と剣状の尾節からなる。頭部の前方には1対の眼と3本の爪を持った「大付属肢」が具える。他にも3対の付属肢を持っているが、保存状態は不明瞭で、おそらく胴体の付属肢に類似すると思われる。胴体の付属肢は1節に1対ずつ並び、いずれも葉型の外肢と歩脚型の内肢からなる二叉型付属肢である[2]

生態編集

ハイコウカリスは海底に生息し、捕脚状の大付属肢で獲物を摂る捕食者であったと考えられる。スレンダーな体付きと幅広い外肢により、ハイコウカリスは遊泳性であったことが示唆される[2]

出典編集

  1. ^ a b Chen, Jun-Yuan; Waloszek, Dieter; Maas, Andreas (2004-01-01). “A new ‘great-appendage’ arthropod from the Lower Cambrian of China and homology of chelicerate chelicerae and raptorial antero-ventral appendages”. Lethaia 37. https://www.researchgate.net/publication/263529976_A_new_'great-appendage'_arthropod_from_the_Lower_Cambrian_of_China_and_homology_of_chelicerate_chelicerae_and_raptorial_antero-ventral_appendages. 
  2. ^ a b Xian-Guang, Hou; Siveter, David J.; Siveter, Derek J.; Aldridge, Richard J.; Pei-Yun, Cong; Gabbott, Sarah E.; Xiao-Ya, Ma; Purnell, Mark A. et al. (2017-03-08) (英語). The Cambrian Fossils of Chengjiang, China: The Flowering of Early Animal Life. John Wiley & Sons. ISBN 9781118896310. https://books.google.com.my/books?id=X61RDgAAQBAJ&pg=PA188&lpg=PA188&dq=Haikoucaris&source=bl&ots=2u439Xy7NF&sig=YGC3XUWBcWTg2KTzHIokKi89iiM&hl=ja&sa=X&ved=0ahUKEwiIrfqA2IfcAhXJEqYKHUWHDIIQ6AEIdjAN#v=onepage&q=Haikoucaris&f=false. 

関連項目編集