メインメニューを開く

ハイソフト科技(国際)集団公司

海輝軟件国際集団公司(英文名称:hiSoft Technology International, Limited)は、一般にハイソフトと称され、1996年以来、全世界の顧客に対し IT、研究開発、業務プロセスの請負サービスを世界に通用するレベルで提供し、その重点顧客は、ソフトウェア、ハードウェア、通信、金融サービス、製薬製造の各分野でフォーチュン500社にランクインする企業である。ハイソフトは、品質とセキュリティを第一に考え、CMM5、ISO 9001、Six Sigma、ISO 27001、SAS70、PIPA などを取得している。日本アメリカシンガポール中国に16の拠点を構え、オンサイトとオフショアをフレキシブルに組み合わせたデリバリーサービスを提供し、きめ細やかな対応とローコスト化を理想的な形で実現している。(NASDAQ: HSFT)

海輝軟件(国際)集団公司
業種 テクノロジーサービス
ITO/BPO
設立 1996年11月
本社 中華人民共和国の旗中国大連\北京
主要人物 孫振耀、取締役会会長兼執行役
盧哲群、CEO
李勁松、執行副総裁
孫永吉、執行副総裁
Sarah Bajc、高級副総裁、市場&連盟提携
従業員数 4500人(2010年)
スローガン 品質及びセキュリティー 信用の保障
Quality & Security Made Certain
ウェブサイト www.hisoft.com
テンプレートを表示

2006年「IAOP世界アウトソーシング企業トップ100」に選ばれ、その次の四年間(2007年、2008年、2009年、2010年)も引き続き選ばれている。2008年でランキング20位、そのランキングにおける最高の中国会社である。

2012年11月にバンスインフォ・テクノロジーズ(文思科技、本社:北京)と対等合併して、パクテラ・テクノロジーPactera Technology、本社:北京)となり、日本支社はパクテラ・テクノロジー・ジャパンと呼ばれる。

会社概要編集

ハイソフトには現在4500名以上の従業員がいて、300名のオンショア技術者と業界専門家、3500名以上のオフショアエンジニアを含んである。近年来、ハイソフトは急激に発展し、中国の7都市に支社・開発センターを設立している。ハイソフトはソフトウエア開発、品質保証、テスト、また独立ソフトウエアサプライヤーと他かの企業に様々なITアウトソーシング(ITO)とビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)を行なっている。IDC2008年と2009年のランキングで、自身成長と買収により、ハイソフトはすでに中国で2番目に大きなITアウトソーシング・サービス・サプライヤーとなった。Envisage Solutions、Ensemble InternationalとTeksen Systemsを買収したほかに、海外買収合併、提携パートナー関係の締結、合資などの方式を通じて、アメリカ、イギリス、シンガポール、日本などで支社を設立している。

上場会社ではないが、Draper Fisher Jurvetson(投資会社)、Granite Global Ventures(同)、GE Commercial Finance(同)、世界銀行International Finance CorporationIntel CapitalJAFCO三菱東京UFJ銀行が管理するGreater China Trust(ファンド)、住友商事などから投資を受けていることを公表している。[1]

受賞及び認証編集

業務編集

  • 中国系アウトソーシング企業として、IAOPによる「グローバルアウトソーシング企業トップ100社」に最初に認定され、以降、5年間引き続き選出された(2006~2010年)。
  • NeoITによって、「2009年グローバルITサービストップ100」に選出された。
  • IDCによる「中国ITアウトソーシングサービスプロバイダー」に、2005年より継続的に10位以内にランクインするとともに、2008年、2009年において2位に選出された。
  • 中国情報産業部による「R&D領域におけるソフトウェアアウトソーシング企業トップ10」に、2位に選出された。
  • Deloitteによる「中国ハイテク急成長トップ50社」に、2005年にITアウトソーシング企業として唯一選出され、その後2006~2008年の3年間も継続的に選出された。
  • 2007年に大連市人事局より「従業員にとってベストな会社」として表彰された。
  • 2007年8月Idiom技術会社に「プラチナ授権解決案サプライヤー」と認証された。
  • 2005年マイクロソフトウエアに「優秀アウトソーシングテストパートナー」と授与された。
  • 2009年12月15日、マイクロソフトに「2009年マイクロソフトサプライヤープロジェクト最高価値賞」と授与された。
  • 2009年12月20日、「輝かしい60年、中国IT業界最高なアウトソーシングサービス金賞」と受賞された。
  • 2009年06月26日に、「中国における最も実力を持つオフショアソフトウエアアウトソーシング会社トップ10」に認証された。
  • 2009年06月24日、「サービスアウトソーシングリーダー企業トップ10」と授与された。

品質編集

  • 全社レベルでのSEI-CMM 5を中国初で取得。(2003年3月)
  • 最新ISO-9001:2000認証を合格。(2006年11月)
  • Common Sense Advisoryによる「2008年世界翻訳企業トップ25」に中国企業として唯一選ばれた。
  • 「全世界言語能力トップ30社」に選ばれ、利益成長がランキング一位。(2007年-2008年)
  • GE会社による最初&最大のグローバル開発センターに認証された。(2002年)

セキュリティー編集

  • SAS70 Type II Auditを中国初で取得。(2005年)
  • DNV ISO27001セキュリティーの認証を取得。(2006年11月)
  • 大連ソフトウェア業界協会による「個人情報保護評価制度(PIPA)」の認証を取得。(2009年7月)

サービス編集

ハイソフトの業務は主に金融サービス、ハイテク製造業自動車産業 通信産業、製薬業を含んで、ITアウトソーシング及びビジネスプロセスアウトソーシングサービスを提供する。 ハイソフトはクライアントと共に協力し、新しいシステムを開発・部署、既存したシステムの補強と移行などを実施する。ハイソフトのサービスは要件定義から、分析、ソフトウエアの実施及び応用管理まで、つまりライフサイクル全体をカバーする。特にソフトウエアテスト、現地化及びグローバリゼーションサービスの面においてよく高い評価をもらって、ハイソフトの特色なサービス項目になった。

クライアント編集

ハイソフトは世界中における80以上のクライアントを持って、4分の1はフォーチュン500会社である。マイクロソフトIBMIntel、Ingersoll Rand、Citrix、Noble Energy、Autodesk、Symantec、BEA、ORACAL、HP、Experian、SUNNissen Group、OLYMPUS、ADP、Quest、三菱自動車会社及び東芝会社など。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集