ハイチ地震 (2021年)

2021年8月14日にハイチで発生した地震

2021年ハイチ地震(2021 Haiti earthquake)は、ハイチ時間2021年8月14日8時29分(UTC12時29分)にハイチ共和国で発生したマグニチュード(M)7.2の大地震である[2]

ハイチ地震 (2021年)
被害の様子
震源の位置(USGS)
ハイチ地震 (2021年)の位置(ハイチ内)
ハイチ地震 (2021年)
震源の位置(USGS)
本震
発生日 2021年8月14日
発生時刻 8時29分9秒 (EST)
12時29分9秒 (UTC)
震央 ハイチの旗 ハイチ 首都ポルトープランスの西125km
座標 北緯18度24分29秒 西経73度28分30秒 / 北緯18.408度 西経73.475度 / 18.408; -73.475座標: 北緯18度24分29秒 西経73度28分30秒 / 北緯18.408度 西経73.475度 / 18.408; -73.475[1]
震源の深さ 10 km
規模    モーメントマグニチュード (Mw)7.2
最大震度    改正メルカリ震度IX:レカイ
地震の種類 直下型地震
被害
死傷者数 死者 2,207人
負傷者 12,268人
プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害
テンプレートを表示

概要編集

震源首都ポルトープランスから西におよそ125kmの地点で、震源の深さは約10km、地震の規模は(モーメントマグニチュード Mw)7.2と推定されている[2]

この地震により、これまでに少なくとも2,207人が死亡し、12,268人以上が負傷、13万棟以上の建物が全壊、または損壊した[3][4]アンリ首相は全土に1カ月間の非常事態を宣言した[5]。ハイチでは、2010年1月にもM7.0の地震が発生しており(2010年ハイチ地震)、30万人以上が犠牲となるなど甚大な被害を受けている。

難民編集

地震後、混乱状態のハイチを離れ、メキシコ経由でアメリカ合衆国に向かう経済難民が急増した。ジョー・バイデン政権は難民の無秩序な受け入れを拒否しており、アメリカ国土安全保障省は2021年9月までに1万4000人を超える難民、移民希望者らをテキサス州デルリオなどの国境付近で捕捉[6]。問答無用でハイチに強制送還した[7]

出典編集

  1. ^ M 7.2 - 12 km NE of Saint-Louis du Sud, Haiti”. earthquake.usgs.gov. 2021年8月14日閲覧。
  2. ^ a b Magnitude 7.2 Earthquake in Haiti” (英語). www.usgs.gov. USGS. 2021年8月15日閲覧。
  3. ^ huaxia. “Brazil sends plane carrying humanitarian aid, firefighters to Haiti”. xinhuanet.com. 2021年8月23日閲覧。
  4. ^ ハイチ地震1週間、死者2200人超える 政情不安も影落とす”. jp.reuters.com. 2021年8月23日閲覧。
  5. ^ カリブ海のハイチでM7.2の地震、死者300人超に(写真=AP)” (日本語). 日本経済新聞 (2021年8月15日). 2021年8月15日閲覧。
  6. ^ 橋の下の不法移民、米当局が国外退去便の増加で対応へ”. AFP (2021年9月19日). 2021年9月19日閲覧。
  7. ^ 空港が混乱状態に、米国から強制送還され人々が怒りあらわ”. CNN (2021年9月23日). 2021年9月28日閲覧。

関連項目編集