メインメニューを開く

ハイハイ3人娘』(ハイハイさんにんむすめ)は、1963年1月29日東宝系で公開された日本映画である。カラー。東宝スコープ宝塚映画作品。

ハイハイ3人娘
監督 佐伯幸三
脚本 井手俊郎
原作 川上宗薫
製作 杉原貞雄
出演者 中尾ミエ
伊東ゆかり
園まり
スリーファンキーズ
ハナ肇とクレージーキャッツ
田辺靖雄
高島忠夫
音楽 平岡精二
主題歌 中尾ミエ、伊東ゆかり、園まり
「ハイハイ3人娘」
撮影 梁井潤
製作会社 宝塚映画
配給 東宝
公開 日本の旗 1963年1月29日
上映時間 87分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

キャッチコピーは「チャオ! 若さいっぱいスパーク娘颯爽登場!」。

概要編集

森永スパーク・ショー』(フジテレビ系列)で人気者となった中尾ミエ伊東ゆかり園まりの通称「スパーク3人娘」を主演とした、ミュージカル仕立ての青春映画。中尾の主演作『夢で逢いましょ』の佐伯幸三が監督を務め、3人娘の所属する渡辺プロからハナ肇とクレージーキャッツ田辺靖雄らが助演、更に宝塚映画常連の高島忠夫も出演する。またラウル・アペルが振り付けを担当する傍ら、自らが主催する「ラウル・アペル・ダンサーズ」も出演する。

なおクレージーが東宝映画で全員脇役で出演するのは本作が最後、また傍系作品に出演するのも本作が最後である[1]

スタッフ編集

出演者編集

映像ソフト編集

2008年3月28日発売のDVD-BOX「植木等のゴクラク映画ボックス」に、『日本一の裏切り男』『日本一の断絶男』『若い季節続・若い季節』と共に収録されている。2015年にレンタルを開始した。

タイアップ編集

本作は『森永スパーク・ショー』の森永製菓がタイアップしており、天野家の食卓に「森永インスタントコーヒー・赤ラベル」が置いてあったり、学園祭に森永のアイスクリームストッカーが置いてあるなどのタイアップがなされている。また劇中では、中尾が見ているテレビで『スパーク・ショー』が放送されている(ただし新録)。

CS放送編集

同時上映編集

参考資料編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 厳密には1964年4月公開の東京映画作品『くたばれ!社用族』(監督:秦幸三郎)が最後だが、この作品はクレージーが全員出演となってるものの、実際は植木等は出演していない。

関連項目編集

外部リンク編集