ハイパーベンチレーション

ハイパーベンチレーション過換気Hyper Ventilation


概要編集

主に、スキンダイビング潜水の直前に行う、息を長く堪えるための呼吸法。この方法を行うことによって、より長く、より深い深度に潜水が可能である。

方法編集

深く早い深呼吸を繰り返すと血液中の血液ガス二酸化炭素の濃度が低下し、酸素の濃度が上昇)が変動するため、呼吸を引き延ばすことが可能になる。

危険性編集

有用な技術ではあるが、限度を超えて水中にもぐっているとブラックアウト意識障害記憶喪失など)の危険性がある。これは呼吸を必要と感じる血中二酸化炭素濃度に達するより先に、脳に必要な酸素濃度が低下し、酸欠を引き起こすためである。

 
上の図は何もせず、一度水中に潜り、水面に戻るまでの血中の酸素(O2)と二酸化炭素(CO2) 濃度を示したものである。
二酸化炭素が先に上昇して呼吸が必要と感じるトリガーを引き、酸素がブラックアウトゾーンに達する前に水面に戻ってきていることがわかる。
 
上の図は、ハイパーベンチレーションを行い水上に戻る前に失神した場合の血中酸素(O2) と 血中二酸化炭素(CO2) 濃度を示したものである。
二酸化炭素が息苦しさを感じさせるトリガーポイントまで余裕がある状態で、酸素濃度がブラックアウトゾーンに達していることがわかる。

関連項目編集

外部リンク編集