メインメニューを開く

ハイパー・ステージ!』は宝塚歌劇団の舞台作品。花組[1]公演。形式名は「ショー[1]」。16場[1]。作・演出は石田昌也[1]。併演作品は『冬の嵐、ペテルブルクに死す[1]』。

公演期間と公演場所編集

解説編集

1994年当時の宝塚から未来に向けて、"出発点"的な意味を込めて新感覚のショー作りにチャレンジした作品。一人ひとりの個性を大切に、色合いの違うバラエティに富んだ場面で構成された。ロンドン公演を経て益々の充実をみせる安寿ミラを中心に、ダンスに定評のある花組の魅力が集約されて、エネルギッシュなパワーが炸裂した舞台となった。

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演[2]参考。

スタッフ編集

主な配役編集

  • サブマリンの男S、サムライS、ジャングルキング、帰って来た男、ジゴロS、フィナーレの男S1 - 安寿ミラ[1]
  • 歌う士官、恋人男、レーサーS、青年、歌手男、フィナーレの男S2 - 真矢みき[1]
  • サブマリンの女、娘/姫、エトワール - 森奈みはる[1]
  • サブマリンの男、恋人男、ゼブラ、海賊/船長、歌う青年 - 愛華みれ[1]
  • レーサー、ゼブラ、町の男、ジゴロA - 紫吹淳[1]
  • 恋人女、女豹A、歌う娘 - 渚あき[1]
  • サブマリンの女、女豹S、ロケットA - 月影瞳[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa 90年史 2004, p. 28.
  2. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 172.

参考文献編集

  • 編集:森照実春馬誉貴子相井美由紀山本久美子、執筆:國眼隆一『宝塚歌劇90年史 すみれの花歳月を重ねて』宝塚歌劇団、2004年4月20日。ISBN 4-484-04601-6
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3