NHK Hybridcast

ハイブリッドキャストから転送)
日本放送協会 > NHK Hybridcast

NHK Hybridcast(エヌエイチケイ ハイブリッドキャスト)は、日本放送協会(NHK)が2013年9月2日から開始した、放送とインターネットを融合させた無料のサービスである。開始当初は 総合テレビでのみサービスであったが、現在は総合に加えEテレBS1BSプレミアムでも対応している。データ放送は引き続き見ることができる。

目次

概要編集

ハイブリッドキャストは、インターネットで使用されているHTML5を使用することから、高画質な画像やアニメーションなどの大量の情報を放送と同じ品質で表示することが可能である。将来的には、番組に関連したインターネット上の情報を提供、ソーシャルネットとの連動、双方放送を利用、スタジオを自分好みに変更することが可能になる予定である[1]。これと似たデータ放送との相違点は、BMLという技術を使用し、放送波の空きスペースに情報を乗せることから容量に限りがあり、文字など少量の情報しか表示できないという点である。2013年10月現在はNHKのみだが、民放各局もサービスを検討している。しかし、CMがあることから画面上にコンテンツを重ねて表示することには消極的である[2][3]。 サービス開始時は「独立型」でニュースや気象情報為替のみであるが、秋以降は「放送連動型」で放送に連動したコンテンツ(VOD)などのサービスが加わる予定である。ハイブリッドキャストを視聴できるのは、開始当初東芝レグザ「Z8Xシリーズ」、「Z7シリーズ」、「J7シリーズ」とパナソニックビエラ「WT600」、「VT60シリーズ」、「FT60シリーズ」のみであったが、2014年9月よりソニーブラビアにも対応するなど、対応機種が増えている。

放送連動型としては、「双方向クイズ 天下統一」の2013年12月20日「紅白」の回から対応した[4]。この場合、連携には別途Android搭載のスマートフォンもしくはタブレットが必要になる。

きょうの料理の2014年3月31日放送からEテレに対応し、9月29日からはしごとの基礎英語も対応、Biz+サンデーの2014年10月5日放送からBS1で、世界ふれあい街歩き2014年10月7日放送からBSプレミアムで、それぞれ初めてサービスを開始した。

コンテンツ編集

  • NHK Hybridcastホーム
  • スクロールニュース
  • 番組表
    一週間先までと過去最大30日分の情報を閲覧することができる。
  • 気象
  • スポーツ
  • ビジネス
    東証一部、外国為替、海外市場の情報を閲覧することができる。
  • 旬美暦
    二十四節気七十二候を言葉と美しい画像とで表現したコンテンツ。
  • みのがしなつかし
    NHKが放送した過去の番組やニュースの一部が動画で見られる。
  • おはなしのくに
  • Hybridcast Player
    放送中の番組を巻き戻して冒頭から番組を視聴することができる。
  • Hybridcastランチャー
    スマートフォン、タブレットでHybridcastを利用するためのアプリ
  • あさイチ
    スゴ技Q
  • きょうの料理
  • しごとの基礎英語
  • 世界ふれあい街歩き
  • 大相撲
    その日の十両、幕内の取組から自分の見たい一番を見ることができる。
  • かおテレビ
  • 経済フロントライン

脚注編集

  1. ^ Hybridcastの将来
  2. ^ 毎日新聞 2013年9月6日付
  3. ^ 2015年1月現在民放局でもサービスを行っている。IPTVフォーラム
  4. ^ 番組のTwitterでの発言より

外部リンク編集