メインメニューを開く

ハイムHAIM)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身のインディー・ロックバンド

ハイム
HAIM
Haim Way Out West 2013.jpg
2013年
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
ジャンル インディー・ロック
インディー・ポップ
ポップ・ロック
ソフトロック
R&B
活動期間 2006年 -
レーベル ポリドール・レコード
コロムビア・レコード
公式サイト HAIM(英語)
ハイム(日本語)
メンバー エスティ・ハイム
ダニエル・ハイム
アラナ・ハイム

目次

プロフィール編集

3姉妹はカリフォルニア州ロサンゼルス都市圏にあるサンフェルナンドバレーにて母親ドナならびに1970年代から80年代にかけて活躍したイスラエル生まれの元プロサッカー選手の父親モルデハイ・ハイムが好きだった1970年代の音楽を聴きながら育つ、一家はカヴァーバンド「ロッキンハイム」を結成、父親モルデハイはドラムを、そしてまた母親ドナはギターを担当、地元のチャリティーフェアなどで演奏していた。

長女エスティと次女ダニエルの2姉妹はラケル・ホートン、アリー・マキ、リル・ニックスらと一緒に5人でガールズバンド「The Valli Girls」を結成、バンドは2005年に公開されたケン・クワピス監督の映画『旅するジーンズと16歳の夏』のサウンドトラックに参加、サウンドトラックアルバムはコロムビア・レコードよりリリースされた。また、2005年度キッズ・チョイス・アワードのサウンドトラックにも参加[1]

2姉妹はバンドを離脱後、ハイムを2006年に結成したが、姉妹はそれぞれ多忙だったため本格的に活動するのは数年後だった。時期を前後して、次女ダニエルはいくつかのアーティストおよびグループのツアーに関わる。ロックバンドザ・ストロークスのリードヴォーカリストであるジュリアン・カサブランカスから腕前を評価され彼のソロツアーに参加、ギターやパーカッションを担当する。長女エスティはカリフォルニア大学ロサンゼルス校 (UCLA)にて民族音楽学を学び、2010年に学位を取得する。三女アラナはハイムに参加するため大学を1年で辞める。

ハイムは2012年2月10日にデビューEPである「Forever」を発表、バンドのサイトから短い期間、無料配信する。このEP「Forever」は様々な音楽誌から大いに注目される。同年6月に英国でポリドール・レコードと契約する[2]。デビューシングル「Forever」は英国の音楽誌『NME』による2012年ベスト・トラックで第4位にランクインする[3]。そしてまた、英国BBCの期待される新人「サウンド・オブ・2013」で1位に選ばれる[4]

2013年9月30日にリリースされたデビューアルバム『デイズ・アー・ゴーン』は全英アルバムチャートで首位を獲得し[5]、アメリカでは 発売初週に2万6000枚(うち85%がデジタルダウンロード)を売り上げてBillboard 200チャートで6位にランクインした[6]。その他、オーストラリアアイルランドカナダといった国々のアルバムチャートでもベスト10入りを果たしている。

2014年の第34回ブリット・アワードインターナショナルグループ部門や2015年の第57回グラミー賞最優秀新人賞などにノミネートされた。

メンバー編集

ディスコグラフィ編集

アルバム編集

タイトル アルバム詳細 チャート最高位 認定
US
[7]
AUS
[8]
BEL
[9]
CAN
[10]
DEN
[11]
GER
[12]
IRE
[13]
NLD
[14]
NZ
[15]
UK
[16]
2013 『デイズ・アー・ゴーン』
- Days Are Gone
6 2 9 7 18 30 4 32 12 1
2017 『サムシング・トゥ・テル・ユー』
- Something to Tell You
  • 発売日: 2017年7月7日
  • レーベル: Polydor
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 全米売上: 2.6万枚[20]
7 4 17 11 44 4 46 11 2
"—"は未発売またはチャート圏外を意味する。

EPs編集

  • Forever (2012)
  • iTunes Festival: London 2012 (2012)

シングル編集

  • Forever (2012)
  • Don't Save Me (2012)
  • Falling (2013)
  • The Wire (2013)

ミュージックビデオ編集

  • Forever (2012)
  • Don't Save Me (2012)
  • Falling (2013)
  • The Wire (2013)

アウォード編集

年度 主催 アウォード 結果
2012年 BBC サウンド・オブ・2013 サウンド・オブ・2013 第1位

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ The Valli Girls Biography
  2. ^ Polydor UK signs Haim
  3. ^ Albums and Tracks of the Year for 2012 / Tracks
  4. ^ Haim top BBC Sound of 2013 list
  5. ^ 2013 Top 40 Official UK Albums Archive
  6. ^ Justin Timberlake Scores His Second No. 1 Album Of 2013”. ビルボード (2013年10月9日). 2013年10月9日閲覧。
  7. ^ Billboard discography Haim”. billboard.com. 2014年9月9日閲覧。
  8. ^ Peak positions in Australia:
  9. ^ Discografie Haim”. Belgium (Flanders) Hung Medien. 2017年5月13日閲覧。
  10. ^ Canadian Albums : Page 1 | Billboard
  11. ^ Haim Denmark Charts”. "Tracklisten". hitlisten.nu. 2013年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月25日閲覧。
  12. ^ Discography Haim”. charts.de. 2017年5月13日閲覧。
  13. ^ Peak positions in Ireland:
  14. ^ Haim – Days Are Gone”. dutchcharts.nl. 2014年7月30日閲覧。
  15. ^ Haim New Zealand Charts”. "Recorded Music NZ". nztop40.co.nz. 2013年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月25日閲覧。
  16. ^
  17. ^ Jones, Alan (2017年7月14日). “Official Charts Analysis: Ed Sheeran remains at No.1 and now has more weeks at the top than his previous albums”. Music Week. 2017年7月14日閲覧。
  18. ^ ARIA Charts – Accreditations – 2014 Albums”. ARIA. 2014年9月9日閲覧。
  19. ^ United Kingdom Certified Awards – Haim”. British Phonographic Industry. bpi.co.uk/certified-awards. 2017年5月13日閲覧。 (To access, enter the search term "Haim".)
  20. ^ Caulfield, Keith (2017年7月16日). “21 Savage & Haim Debut in Top 10 on Billboard 200 Albums Chart”. Billboard. 2017年7月17日閲覧。

外部リンク編集