ハイラム・ジョンソン

ハイラム・ウォレン・ジョンソン英語: Hiram Warren Johnson1866年9月2日 - 1945年8月6日)は、アメリカ共和党員政治家。第23代カリフォルニア州知事1911年 - 1917年)、連邦上院議員カリフォルニア州選出、1917年 - 1945年)。医者のen:John Randolph Haynesらとともに、en: Lincoln–Roosevelt Leagueを設立して汚職撲滅としての反サザン・パシフィック鉄道など進歩的な政策を行い、カリフォルニア州憲法を改正して州レベルで発案国民投票国民解職など直接民主主義の制度を実現させた[1]。革新主義者の代表格で、1912年には進歩党を結成。同党の1912年アメリカ合衆国大統領選挙候補者セオドア・ルーズベルトの副大統領被指名者。Japanese Exclusion League、アジア排斥同盟en:California Joint Immigration Committeeを設立した 反日家ジャーナリストen:Valentine S. McClatchyらとともに[2]、カリフォルニア州知事として、カリフォルニア州外国人土地法、上院議員として排日移民法の制定に協力した[3]1932年アメリカ合衆国大統領選挙では民主党候補のフランクリン・ルーズベルトを支援した。有名な言葉として、"The first casualty when war comes is truth"(戦争の最初の犠牲者は真実である)、がある[4][5]

ハイラム・ジョンソン
Hiram Johnson
Hiram Johnson.jpg
生年月日 (1866-09-02) 1866年9月2日
出生地 カリフォルニア州サクラメント
没年月日 1945年8月6日(1945-08-06)(78歳)
死没地 メリーランド州ベセスダ
出身校 カリフォルニア大学バークレー校
現職 政治家
所属政党 進歩党, 共和党
配偶者 ミンネ・L・マクニール

アメリカ合衆国上院議員
選挙区 カリフォルニア州
在任期間 1917年3月16日 - 1945年8月6日

第23代カリフォルニア州知事
在任期間 1911年1月3日 - 1917年3月15日
副知事 A・J・ウォレス
(1911-1915)
ジョン・モートン・エシュルマン
(1915-1916)
ウィリアム・スティーヴンス (1916-1917)
テンプレートを表示

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ History of Initiative and Referendum in California”. Ballotpedia. 2020年9月14日閲覧。
  2. ^ V.S. McClatchy”. Densho Encyclopedia. 2020年9月15日閲覧。
  3. ^ Hiram Johnson”. Densho Encyclopedia. 2020年9月15日閲覧。
  4. ^ 山崎, 良兵 (2020年6月30日). “ジム・ロジャーズ 恐慌状態になると戦争の可能性が高まる”. 日経ビジネス. 2020年9月14日閲覧。
  5. ^ PULLELLA, PHILIP (2016年9月20日). ““The first casualty when war comes is truth””. La Stampa . 2020年9月14日閲覧。

外部リンク編集

  • United States Congress. "JOHNSON, Hiram Warren (id: J000140)". Biographical Directory of the United States Congress (英語).
  • Guide to the Hiram Johnson Papers at The Bancroft Library - Online Archive of California
  • Historical archive of the Sacramento, California newspaper The Sacramento Bee
  • ハイラム・ジョンソン - Find a Grave
公職
先代:
ジェームズ・ジレット
カリフォルニア州知事
1911年1月3日 - 1917年3月15日
次代:
ウィリアム・スティーヴンス
アメリカ合衆国上院
先代:
ジョン・D・ワークス
カリフォルニア州選出上院議員(第1部)
1917年3月16日 - 1945年8月6日
同職:ジェームズ・D・フェラン, サミュエル・M・ショートリッジ, ウィリアム・マカドゥー, トーマス・M・ストーク, シェリダン・ダウニー
次代:
ウィリアム・ノーランド
党職
先代:
New party
進歩党副大統領候補
1912 (lost, 2nd)
次代:
N/A
受賞や功績
先代:
レオ・ベークランド
タイム誌の表紙となった人物
1924年9月29日
次代:
ウィリアム・アレン・ホワイト