メインメニューを開く

ハインリヒ・メンデルスゾーンHeinrich Mendelssohn1881年2月21日 - 1959年8月7日)は、ベルリンで活躍した大手の建築請負業者。

ドイツ帝国のポーゼン(現在はポーランド西部のポズナニ)にユダヤ系として生まれる。

ミュンヘン出身の建築家アルベルト・ハイルマンと協力し、ベルリンに「オイローパハウス」(Europahaus)を建設した。現在ではドイツ連邦経済協力発展省が使用している。

ナチスが政権に就くと、海外に移住し、後にベルリンに帰った。スイスのジュネーヴで死去。

有名なユダヤ人の哲学者モーゼス・メンデルスゾーン(作曲家フェリックス・メンデルスゾーンの祖父)と親族関係にあるといわれることがあるが、確認はされていない。

文献編集

  • Albert Heilmann: Das Europa-Haus in Berlin. Ein neuzeitlicher Grossbau. Seine Entstehungsgeschichte vom ersten Spatenstich bis zur Vollendung. Berlin: Ascher 1931.(ドイツ語)