ハインリヒ・ラインホルト

ハインリヒ・ラインホルト(Johann Heinrich Carl Reinhold、1788年7月18日 - 1825年1月15日)はドイツの画家、版画家である。

ハインリヒ・ラインホルト
Heinrich Carl Reinhold
Heinrich Reinhold (1788-1825), by Gustav Heinrich Naeke.jpg
Gustav Heinrich Naeke による肖像画
生誕1788年7月18日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
ロイス=シュライツ侯国ドイツ語版
ゲーラ
死没1825年1月15日
Flag of the Papal States (1808-1870).svg 教皇領ローマ

略歴編集

テューリンゲンゲーラに生まれた。父親は肖像画家、風俗画家のレーベレヒト・ラインホルト(Johann Friedrich Leberecht Reinhold:1744–1807)で、異母兄に風景画家となったフリードリヒ・フィリップ・ラインホルト(Friedrich Philipp Reinhold:1779-1840)がいる。

ドレスデンの美術学校で学んだ後、1806年に兄が学んでいたウィーンに移り、ウィーン美術アカデミーに入学した。ラインホルトの技術はルーブル博物館の初代館長となったフランスのヴィヴァン・ドゥノンが注目するところになり、ドゥノンの助言で1809年にパリに移った。パリには5年間滞在し、ナポレオンの事跡を描き、ドゥノンのもとで銅版画を製作した。1814年にウィーンに戻った後は風景画に専念した。

兄やヴェルカー(Ernst Welker)、クライン(Johann Adam Klein)、エルハルト(Johann Christoph Erhard)といった友人の画家たちとザルツブルクベルヒテスガーデナー・ラントの風景を描いた。

1819年に友人の画家、エルハルトとイタリアに移り、イタリアで没するまでの5年間、イタリアの各地を描いた。イタリアに滞在していたドイツ人画家たち、カール・ゲツロフルートヴィヒ・リヒターとも親しくなった。ナポリや美術愛好家のロプコヴィッツ侯爵の子息(Ferdinand von Lobkowitz)とシチリアも訪れた。友人のエルハルトは、精神障害を患い、1822年に自殺し、ラインホルトも病気になり、1825年にローマで没した。36歳であった。

ナザレ派」に近いフリードリヒ・フォン・オリヴィエユリウス・シュノル・フォン・カロルスフェルトとともに写生旅行を行いヨーゼフ・アントン・コッホとも知り合った。ラインホルトの風景画にはヨーゼフ・アントン・コッホの影響があるとされる。

作品編集

参考文献編集

  • Constantin von Wurzbach: Reinhold, Heinrich. In: Biographisches Lexikon des Kaiserthums Oesterreich. 25. Theil. Kaiserlich-königliche Hof- und Staatsdruckerei, Wien 1873, S. 220–222 .
  • Franz Vallentin: Reinhold, Heinrich. In: Allgemeine Deutsche Biographie (ADB). Band 53, Duncker & Humblot, Leipzig 1907, S. 286 f.
  • H. Reinhold: Reinhold, Heinrich. In: Hans Vollmer (Hrsg.): Allgemeines Lexikon der Bildenden Künstler von der Antike bis zur Gegenwart. Begründet von Ulrich Thieme und Felix Becker. Band 28: Ramsden–Rosa. E. A. Seemann, Leipzig 1934, S. 131–133.
  • Frauke Josenhans: Reinhold, Heinrich. In: Bénédicte Savoy, France Nerlich (Hrsg.): Pariser Lehrjahre. Ein Lexikon zur Ausbildung deutscher Maler in der französischen Hauptstadt. Band 1: 1793–1843. De Gruyter, Berlin/Boston 2013, ISBN 978-3-11-029057-8, S. 239–241.