ハインリヒ1世 (メードリンク公)

メードリンク公ハインリヒ老公(Heinrich der Ältere, Herzog von Mödling, 1158年 - 1223年9月11日)は、バーベンベルク家オーストリア公ハインリヒ2世テオドラ・コムネナの息子で、オーストリア公レオポルト5世の弟。同名の息子との区別のため、老公(der Ältere)といわれる。

ハインリヒ老公
Heinrich der Ältere
メードリンク公
Herzog Heinrich der Aeltere von Moedling.JPG
ボヘミア公ソビェスラフ1世と戦うハインリヒ老公。背景はメードリンク城。

出生 1158年
死去 1223年9月11日
埋葬 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Flag of Austria.svg オーストリア公国ハイリゲンクロイツ修道院
配偶者 ハインリヒ
子女 ヒリサ・チェスカー
家名 バーベンベルク家
父親 オーストリア公ハインリヒ2世
母親 テオドラ・コムネナ
宗教 キリスト教カトリック
テンプレートを表示

生涯編集

ハインリヒは、父ハインリヒ2世の存命中からすでにオーストリア公領を支配していた兄レオポルト5世より、メードリンクの支配を任された。メードリンクはバーベンベルク家の古くからの領地の一つであり、ハインリヒのもとで大きく発展した。ハインリヒは自ら公爵と名のり、メードリンク城を建設し自身の居城とした。ハインリヒの評判は高かったが、兄と争うことはなかった[1]

ハインリヒは1223年9月11日に死去し、ハイリゲンクロイツ修道院のチャプター・ハウス内のバーベンベルク家墓所に埋葬された。

結婚と子女編集

 
妃リヒサ

ハインリヒはボヘミア王ヴラジスラフ2世とその2番目の妃ユーディト・フォン・チューリンゲンの娘リヒサ(Richsa、リヒツァ、ライツァとも、1182年没)[2]と結婚した。

  • ハインリヒ(若公)(1236年没[3]) - メードリンク公、嗣子なく若公の代で断絶した。

脚注編集

  1. ^ H. Hanko, p. 110.
  2. ^ Karner in Mödling, 2011年7月4日閲覧
  3. ^ Walter Kleindel: Österreich Chronik. Daten zur Geschichte und Kultur. Wien / Heidelberg: Ueberreuter 1978, ISBN 3-8000-3130-2, Stammtafel der Babenberger

参考文献編集

  • Helmut Hanko: Herzog Heinrich II. Jasomirgott. Pfalzgraf bei Rhein – Herzog von Bayern – Herzog von Österreich. Wissenschaftliche Buchgesellschaft, Darmstadt 2012, ISBN 978-3-534-25605-1.
  • Tobias Weller: Die Heiratspolitik des deutschen Hochadels im 12. Jahrhundert. Böhlau, Köln u. a. 2004, ISBN 3-412-11104-X.