ハインリヒ2世 (オーストリア公)

ハインリヒ2世ヤゾミルゴット(Heinrich II. Jasomirgott, 1107年 - 1177年1月13日)は、ライン宮中伯(在位:1140年 - 1141年)、オーストリア辺境伯(在位:1141年 - 1156年)及びバイエルン公(ハインリヒ11世、在位:同)、後にオーストリア公(在位:1156年 - 1177年)。バーベンベルク家の人物。オーストリア辺境伯レオポルト3世神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世の娘アグネスの子で、バイエルン公を兼ねたレオポルト4世の兄。シュヴァーベン大公フリードリヒ2世ローマ王コンラート3世の異父弟にあたる。

ハインリヒ2世ヤゾミルゴット
Heinrich II. Jasomirgott
ライン宮中伯
オーストリア辺境伯
バイエルン公
オーストリア公
Wien.DukeHeinrichJasomirgott.jpg
ウィーンにあるハインリヒ2世像
在位 ライン宮中伯1140年 - 1141年
オーストリア辺境伯1141年 - 1156年
バイエルン公1141年 - 1156年
オーストリア公:1156年 - 1177年

出生 1107年
死去 1177年1月13日
配偶者 ゲルトルート・フォン・ザクセン
  テオドラ・コムネナ
子女 アグネス
レオポルト5世
ハインリヒ
家名 バーベンベルク家
父親 オーストリア辺境伯レオポルト3世
母親 アグネス・フォン・ヴァイプリンゲン
テンプレートを表示

生涯編集

バイエルンはヴェルフ家ハインリヒ傲岸公からコンラート3世が取り上げ、レオポルト4世に与えた領土である。ハインリヒ2世は弟のレオポルト4世の死後にバイエルン公国オーストリア辺境伯領を手に入れたが、傲岸公の一人息子であるザクセン公ハインリヒ獅子公が皇帝フリードリヒ1世(ハインリヒ2世の甥)にバイエルンの返還を要求、1156年にフリードリヒ1世は要求を受け入れてバイエルンを獅子公に与えた。代わりにハインリヒ2世をオーストリア公に叙爵、オーストリア辺境伯領を公爵領に昇格させた[1]

1147年シュテファン大聖堂の建設を始めた。1155年頃、首都をクロスターノイブルクからウィーンへ遷都[2]、以後ウィーンはオーストリアの首都となった。1177年に死去、オーストリア公位は2番目の妃テオドラ・コムネナとの間の息子レオポルト5世が継いだ。

子女編集

1142年神聖ローマ皇帝ロタール3世の娘でハインリヒ獅子公の母ゲルトルートと結婚したが、翌1143年に死去。

1148年東ローマ皇帝マヌエル1世の姪テオドラ・コムネナと再婚、3人の子を儲けた。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ ツェルナー、p. 97
  2. ^ a b ツェルナー、p. 99

参考文献編集

  • エーリヒ・ツェルナー 『オーストリア史』 彩流社、2000年
先代:
ヴィルヘルム
ライン宮中伯
1140年 - 1141年
次代:
ヘルマン3世
先代:
レオポルト
バイエルン公
1141年 - 1156年
次代:
ハインリヒ12世(獅子公)
先代:
レオポルト4世
オーストリア辺境伯
1141年 - 1156年
次代:
公爵に昇格
先代:
オーストリア公
1156年 - 1177年
次代:
レオポルト5世