ハインリヒ7世 (バイエルン公)

ハインリヒ7世(Heinrich VII., 1005年頃 - 1047年10月14日)は、ルクセンブルク伯(ハインリヒ2世、在位:1026年 - 1047年)およびバイエルン公(在位:1042年 - 1047年)。

ハインリヒ2世(7世)
Heinrich II. (VII.)
ルクセンブルク伯(2世)
バイエルン公(7世)
Heinrich von Bayern.jpg
バイエルン公ハインリヒ7世のシール(1045年)
在位 ルクセンブルク伯1026年 - 1047年
バイエルン公1042年 - 1047年

出生 1005年
死去 1047年10月14日
埋葬 ザンクト・マクシミン修道院
家名 アルデンヌ=ルクセンブルク家
父親 モーゼルガウ伯フリードリヒ
母親 イルムトルート・フォン・ヴェッテラウ
テンプレートを表示

生涯編集

ハインリヒは、モーゼルガウ伯フリードリヒ(1世)と、ヴェッテラウ伯ヘリベルト(コンラディン家)の娘イルムトルート(イルミントルート)の間に長男として生まれ、バイエルン公ハインリヒ5世および神聖ローマ皇后クニグンデの甥にあたる。1025年にモーゼル伯位、1026年に伯父ハインリヒ1世の死によりルクセンブルク伯位を継承した。1035年にはトリーアのザンクト・マクシミン修道院のフォークトとなった。また、エヒタナハ修道院とも近しい関係にあった。1042年2月、皇帝ハインリヒ3世は、バイエルン大公領における選挙法に従い、ハインリヒにバイエルン公位を与えたが、ハインリヒはこの地をすでに15年ほど前から実質的に支配していた。1042年、1043年および1044年に、ハインリヒはハンガリー遠征に参加している。また、1047年には、ホラント伯ディルク4世に対する遠征にも参加している。

ハインリヒは1047年死去し、ザンクト・マクシミン修道院に埋葬された。

参考文献編集

先代:
ハインリヒ1世
ルクセンブルク伯
1026年 - 1047年
次代:
ギゼルベルト
先代:
ハインリヒ6世
バイエルン公
1042年 - 1047年
次代:
ハインリヒ6世