メインメニューを開く

ハイ・ライズ』(原題: High-Rise)は、2015年イギリスのSFドラマ映画である。監督をベン・ウィートリーが務め、主演をトム・ヒドルストンが務めている。第40回トロント国際映画祭にてプレミア上映された[2]

ハイ・ライズ
High-Rise
監督 ベン・ウィートリー
脚本 エイミー・ジャンプ
原作 J・G・バラード
『ハイ・ライズ』
製作 ジェレミー・トーマス
製作総指揮 ピーター・ワトソン
トーステン・シューマッハー
リジー・フランク
サム・ラヴェンダー
アンナ・ヒッグス
ガブリエラ・マルチネリ
クリストファー・サイモン
ジュヌヴィエーヴ・ルマル
出演者 トム・ヒドルストン
ジェレミー・アイアンズ
シエナ・ミラー
ルーク・エヴァンス
エリザベス・モス
音楽 クリント・マンセル
撮影 ローリー・ローズ
編集 エイミー・ジャンプ
ベン・ウィートリー
製作会社 レコーデッド・ピクチャー・カンパニー英語版
フィルム4英語版
英国映画協会
ハンウェイ・フィルムズ英語版
ノーザン・アイルランド・スクリーン英語版
インヘニオス・メディア英語版
配給 イギリスの旗 スタジオカナル
日本の旗 トランスフォーマー
公開 カナダの旗 2015年9月13日
トロント国際映画祭
イギリスの旗 2016年3月18日
日本の旗 2016年8月6日
上映時間 119分[1]
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
テンプレートを表示

目次

あらすじ編集

大学の生理学部で教鞭を執る医師のロバート・ラング(トム・ヒドルストン)が、40階建ての高層ビルに引っ越してくる。その建物はアンソニー・ロイヤル(ジェレミー・アイアンズ)が設計したものであり、ジムからスパ、プール、スーパー・マーケットに至るまで、快適な環境が提供されている。上層階に暮らしている者ほど富裕であるが、下層階に暮らす者たちは不満を募らせつつある。25階に住むラングは、姉の死による心の傷を抱えながらも、住民たちとの交流を始める。

ラングは、最上階に住むロイヤルの部屋に招かれて、すぐに彼と打ち解ける。26階に息子のトビー(ルイス・サック)と住むシャーロット・メルヴィル(シエナ・ミラー)は、ラングと肉体関係をもつ。彼女の部屋で開催されたパーティーで、ラングは、3階に住むドキュメンタリー監督のリチャード・ワイルダー(ルーク・エヴァンス)と出会う。ワイルダーは、妻のヘレン(エリザベス・モス)がいるにも関わらず、シャーロットを口説き落とそうとしている。

ロイヤルの妻のアン(キーリー・ホーズ)が開催する仮装パーティーにスーツ姿のままで出席したラングは、39階に住む教え子のマンロー(オーガスタス・プリュー)をはじめ、他の出席者たちから笑い者にされる。ラングは、検死解剖の最中に失神したマンローの検査結果を手に入れて、後日、彼を教員室に呼び出す。検査で悪いところが見つかったと聞かされたマンローは衝撃を受ける。パーティーの開催中、マンローはバルコニーから飛び降りて自殺する。警察が捜査しないことを不審に感じたワイルダーは、この建物の問題を暴くため、ドキュメンタリーを撮り始める。

停電や断水が解決しない中、次第に、この建物全体をセックスと暴力が支配していく。いたるところで性交が行われて、強奪が相次いで発生する。ワイルダーは、ロイヤルの元家政婦の部屋を訪ね、銃を手渡され、トビーの父親がロイヤルであることを知らされる。ワイルダーはシャーロットの部屋へ押し入り、彼女に暴行する。その頃、ラングは自らの部屋の壁をペンキで塗り替えていた。ラングは、部屋に来たヘレンと肉体関係をもつ。

ロイヤルの側近たちは、扇動者として振る舞うワイルダーにロボトミー手術を施すべきだと考えて、ラングを最上階に連れてくる。バルコニーから突き落とされそうになりながらも、ラングは、この建物で唯一まともな人間がワイルダーであると述べて、ロボトミー手術の執刀を拒む。ラングが去ったのち、ワイルダーが最上階を訪れて、ロイヤルを射殺する。ワイルダーは、アンと取り巻きの女たちに次々と刃物で刺されて絶命する。

この建物にラングが引っ越してきてから、3か月が経つ。少なくない数の住民たちの死体がそこかしこに転がっており、廃墟の様相を呈している。満ち足りた顔つきのラングは、シャーロットとベッドに横たわる。トビーはラジオでマーガレット・サッチャーの演説を聞いている。トビーの咥えたパイプからシャボン玉が吐き出されて、ゆっくりと大空に舞い上がっていくのであった。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替[3]

上映編集

2015年9月13日、トロント国際映画祭にて上映された[5]。イギリスでは、2016年3月18日に一般公開された[6]

評価編集

Metacriticでは、36件の批評家レヴューで平均値は65点だった[7]Rotten Tomatoesでは、166件の批評家レヴューで平均値は6.4点、支持率は62%だった[8]

The Hollywood Reporter』のスティーヴン・ダルトンは、「ベン・ウィートリーとエイミー・ジャンプの過去の作品にあった脅威とユーモアが欠けている」と批判した上で、本作を「野心的で素晴らしい失敗作」と評した[9]

脚注編集

  1. ^ HIGH-RISE (15)”. British Board of Film Classification (2016年2月11日). 2016年11月25日閲覧。
  2. ^ Toronto Film Festival Announces Inaugural Platform Slate”. Variety (2015年8月13日). 2016年8月23日閲覧。
  3. ^ ハイ・ライズ Blu-ray”. 2016年11月25日閲覧。
  4. ^ High-Rise”. British Film Institute. 2016年8月23日閲覧。
  5. ^ Toronto 2015: Hot Titles To Watch”. Deadline (2015年9月10日). 2016年8月23日閲覧。
  6. ^ Ben Wheatley's High-Rise has a new trailer”. Empire (2016年1月7日). 2016年8月23日閲覧。
  7. ^ High-Rise”. Metacritic. CBS Interactive. 2016年8月23日閲覧。
  8. ^ High-Rise”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2016年8月23日閲覧。
  9. ^ Dalton, Stephen (2015年9月14日). “'High-Rise': TIFF Review”. The Hollywood Reporter. 2016年8月28日閲覧。

外部リンク編集