ハオ・ワン (Hao Wang王浩拼音: Wáng Hào1921年5月20日 - 1995年5月13日[1]) は、中国系アメリカ人哲学者数理論理学者計算機科学者。「ワンのタイル」や「ワンのBマシン英語版」(レジスタマシン)、ゲーデルの評伝執筆で知られる。その他、数理論理学の入門書執筆や、分析哲学への批判や唯物弁証法論など多方面で活動した[2]

ハオ・ワン
生誕 (1921-05-20) 1921年5月20日
中華民国 山東省 済南市
死没 1995年5月13日(1995-05-13)
アメリカ合衆国 ニューヨーク
研究分野
研究機関
出身校
博士課程
指導教員
ウィラード・ヴァン・オーマン・クワイン
博士課程
指導学生
主な業績 ワンのタイル
ワンのBマシンレジスタマシン
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

生涯編集

1921年、中華民国山東省済南に生まれる。1943年、西南聯合大学数学科で学士号取得。1945年、清華大学哲学科で馮友蘭金岳霖中国語版の指導のもと修士号取得。その後渡米し、1948年、ハーバード大学クワインの指導のもとPh.D.取得。同年、ハーバード大学のアシスタント・プロフェッサーに就任。

1950年代初頭、チューリッヒに渡りパウル・ベルナイスのもとで研究に従事。1956年、オックスフォード大学の数学哲学コース準教授に就任、ジョン・ロック講義も務めている[1]。1959年、IBM 704で『プリンキピア・マテマティカ』の膨大な定理をわずか9分間で証明するプログラムを書き上げる[3]。この業績により、1983年に国際人工知能会議から「自動定理証明におけるマイルストーン賞」 (Milestone Prize for Automated Theorem-Proving) を授与される[1]

1961年、母校ハーバード大学の「数理論理学応用数学ゴードン・マッケイ英語版記念冠教授」に就任、スティーブン・クックらを指導する。1967年、ロックフェラー大学論理学教授に就任、同大学の論理学グループの中心を担う[1]。1972年、ニクソン訪中に際し、中国系アメリカ人学者からなる代表団に参加し訪中する。

1991年、長年勤めたロックフェラー大学を退職。1995年、悪性リンパ腫により逝去[1]

ゲーデルとの関わり編集

1960年代後半、自分の論文へのコメントを求めて晩年のゲーデルに接触、以降10年間親交する[2]。1975年から1976年には、ゲーデルの招きでプリンストン高等研究所を兼任している[2]。1978年にゲーデルが死去した後は、本人との思い出や収集した一次資料をもとに、ゲーデル研究の草分け的な評伝『ゲーデル再考』(Reflections on Kurt Gödel) を執筆し、1987年に刊行した[2]

著書編集

  • Les Systèmes axiomatiques de la Théorie des Ensembles, Gauthier-Villars; Paris, 1953. [with Robert McNaughton].[4]
  • A Survey of Mathematical Logic. Peking: Science Press; Amsterdam: North-Holland, 1962.
  • From Mathematics to Philosophy. London: Routledge & Kegan Paul, 1974.
  • Popular Lectures on Mathematical Logic. New York: Van Nostrand, 1981. 0-486-67632-3.
  • Beyond Analytic Philosophy: Doing Justice to What We Know. Cambridge, Massachusetts: MIT Press, 1985. 0-262-23124-7.
  • Reflections on Kurt Gödel. Cambridge, Massachusetts: MIT Press, 1987. 0-262-73087-1.
  • Computation, Logic, Philosophy. A Collection of Essays. Beijing: Science Press; Dordrecht: Kluwer Academic, 1990. 7-03000211-3.
  • A Logical Journey: From Gödel to Philosophy. Cambridge, Massachusetts: MIT Press, 1996. 0-262-23189-1.

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e “Hao Wang, 73, Expander of Logician's Themes” (英語). The New York Times. (1995年5月17日). ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/1995/05/17/obituaries/hao-wang-73-expander-of-logician-s-themes.html 2021年6月2日閲覧。 
  2. ^ a b c d ワン 1995, p. 497-501 (土屋俊あとがき).
  3. ^ Wang, Hao (1960), “Toward Mechanical Mathematics”, IBM Journal of Research and Development 4 (1): 2–22, doi:10.1147/rd.41.0002  [Wang 1960a].
  4. ^ Halmos, Paul R. (1954). “Review: Les systèmes axiomatiques de la théorie des ensembles par Hao Wang et Robert McNaughton”. Bull. Amer. Math. Soc. 60 (1): 93–94. doi:10.1090/s0002-9904-1954-09769-0. https://www.ams.org/journals/bull/1954-60-01/S0002-9904-1954-09769-0/S0002-9904-1954-09769-0.pdf. 

外部リンク編集