ハクソン・グレイシー

ハクソン・グレイシーRockson Gracie1982年 - 2001年)は、ブラジリアン柔術家ファッションモデル。名前はホクソンと読まれることもある。

ヒクソン・グレイシーとキム夫人との間に長男として生まれる。父が日本で試合をする際はいつも応援に訪れていた。背中に「アイ・ラブ・ダディ」と刺青を彫るほど父親を尊敬していた。自由形専門のスイマーでもあった。

死去編集

2001年2月、ニューヨークヘンゾ・グレイシー道場に通う際にバイク事故を起こして亡くなったと当初は報じられていたが、後に以下の事実が報じられた。

2000年10月、19歳になったハクソンは両親の下を離れてプロモデルとして自立することを決意し、ガールフレンドとともにニューヨークへ渡った。最初のうちは連絡があったものの、数週間すると連絡が途絶え2001年1月頃末頃に不安に思ったヒクソンが親戚であり、ニューヨークで道場を経営するヘンゾにハクソンの捜索を頼んだ。 ヘンゾは警察や病院でハクソンの手がかりを探すことにし、警察のファイルから “The Best Father of the World: Rickson Gracie(世界最高の父、ヒクソングレイシー)”というタトゥーを腕にした身元不明の遺体をホクソンであると断定した。資料ではホクソンは12月にマンハッタンのプロヴィンスホテルで死亡。遺体からはアルコールとドラッグが検出されたという。

遺体は埋葬されていた墓地からハクソンが大好きだったマリブビーチに遺灰としてまかれた。「将来自分を倒すのは息子だろう」とまで語っていたヒクソンはこれにひどく落ち込み、予定していた桜庭和志との試合をキャンセルした。以後、3年の間トレーニングを行えず、表立った活動を暫く控えていた。[1]

脚注編集

関連項目編集