ハチクイ(蜂食、学名Merops philippinus)とは、ブッポウソウ目ハチクイ科に分類される鳥。

ハチクイ
SL Bundala NP asv2020-01 img08.jpg
ハチクイ
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ブッポウソウ目 Coraciiformes
: ハチクイ科 Meropidae
: ハチクイ属 Merops
: ハチクイ M. ornatus
学名
Merops ornatus
Latham, 1801
英名
Rainbow Bee-eater

分布編集

オーストラリアで繁殖する。オーストラリア北部では留鳥として周年見ることができる。南部で繁殖したものは冬期は北部に渡り、ニューギニアセレベス等まで飛来する。

日本では、1904年沖縄県宮古島で採集された記録があるだけの迷鳥である[1]

形態編集

体長約26cm。頭上、上背、胸等はやや褐色味のある緑色で、下背、腰、尾羽はコバルト色の美しい鳥である。雌雄ほぼ同色。過眼線は黒色。尾は角型で、中央の2枚の羽が長く伸びて先が尖っている。

生態編集

開けた場所を好む。飛翔してハチ等の昆虫を捕食することが和名の由来である。地上でアリを食べることもある。鳴き声は、「ピルッ」、「ピッ」という短い声。

ハチを捕食する場合は毒針を抜いてから食べる。また、ハチの毒に対する免疫を持っているため、ハチに刺されても死ぬ事は無い。

Sibley分類体系上の位置編集

ブッポウソウ目 Coraciiformes

カワセミ亜目 Alcedini
ハチクイ下目 Meropides
ハチクイ科 Meropidae

脚注編集

  1. ^ 沖縄県野鳥研究会編 『改訂 沖縄県の野鳥』、有限会社沖縄出版、1993年、267頁、ISBN 4-900668-32-X

関連項目編集