メインメニューを開く

ハチ公物語』は、1987年に公開された映画作品。

ハチ公物語
監督 神山征二郎
脚本 新藤兼人
製作 東急グループ
三井物産
松竹
出演者 仲代達矢
八千草薫
柳葉敏郎
石野真子
山城新伍
長門裕之
音楽 林哲司
主題歌 林哲司「ガラスの観覧車」
撮影 姫田真佐久
編集 近藤光雄
配給 松竹富士
公開 日本の旗 1987年8月1日
上映時間 107分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 日本の旗 20億円
(1987年邦画配給収入1位)[1]
テンプレートを表示

概要編集

忠犬ハチ公の生涯を、実話に基づき創作を加えて描いた。

プロデューサーの奥山和由は、松竹社内でこの作品の企画を出したが資金面の問題で却下され、ならば外部作品の形で作ろうと考え、渋谷が舞台なので東急グループに出資をお願いしようと、東急レクリエーションの社長も兼務していた岡田茂 (東映)に橋渡しを頼んだ。岡田はこの依頼に応え五島昇を紹介。東急グループは出資を決め、さらに三井物産も製作に参加。これを聞いて松竹は最後に出資を決定した。『ハチ公物語』は異業種が映画ビジネスに算入した初の邦画といわれる[2]

2007年平成19年)、アメリカにて、リチャード・ギア主演によるリメイク版が制作が決定され[3]。『HACHI 約束の犬』の邦題で2009年平成21年)8月8日に公開された。

スタッフ編集

出演編集

宣伝編集

東映岡田茂社長の関係で、映画のヒットを祈願してよく財界人を集めたパーティをやるが[4]、松竹はやったことがなく、この種のパーティを初めて開いた[4]。「『ハチ公物語』を成功させる会」は1987年4月7日に銀座東急ホテルで、東急グループ、三井物産、松竹グループの共催で、各映画会社トップも顔を揃え、300人以上が集まり盛大な会となった[4]。松竹は不振続きで、初めて大企業が付いた本作で大きな弾みを付け、浮上の切っ掛けにしたいと気合が入った[4]

作品の評価編集

マスコミからは前年のヒット作『子猫物語』(東宝)に続いての動物ものに「今度は松竹富士から犬?」の声もあったが、結果的には良作として一定の高評価を得て、配給収入が20億円を超えるヒット作となった。 ただし、事実とは異なる脚本(前飼い主の死後、次の飼い主に可愛がられていたのを、前飼い主の娘に虐待の末捨てられたことにする。ハチが一部からうとまれていたことを誇張して表現するなど)や、撮影時の犬のぞんざいな扱いに難色を示す人々も多く、評価の分かれる作品である。

テレビドラマ版編集

スタッフ編集

出演編集

エピソード編集

2019年3月23日放送の「月曜から夜ふかし特別版 平成のテレビ問題大清算スペシャル」にて、マツコ・デラックスがもう一度見たいテレビ番組という触れ込みで本作が紹介された。ハチが渋谷駅前で息を引き取るラストシーンに、「ドラマ・コンプレックス」主題歌としてマドンナの『コンフェッションズ・オン・ア・ダンスフロア』収録曲「ハウ・ハイ(How High)」が流れたことを取り上げられ、その感動的なシーンと激しい楽曲との違和感から大きな話題を呼んだ。[5]

漫画編集

公開当時に発売された『別冊コロコロコミックスペシャル』第17号にて、さいとうはるおによる本作のコミカライズ読み切りが執筆されている。さいとうはこの作品以降、ハチという名の様々な犬たちを主役にした読み切りを同雑誌に多数執筆している。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 1987年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  2. ^ 2000年11月5日朝日新聞朝刊「ビジネス戦記」より
  3. ^ ハチ公ハリウッド映画に 来夏日本公開 読売新聞、2008年12月19日
  4. ^ a b c d 脇田巧彦・川端靖男・斎藤明・黒井和男「映画・トピック・ジャーナル 是が非でも成功してほしい、夏の『ハチ公物語』。」『キネマ旬報』1987年5月下旬号、キネマ旬報社、 167頁。
  5. ^ “マツコが忘れられないドラマのラスト”に騒然  https://www.excite.co.jp/news/article/Narinari_20190324_53766/

外部リンク編集