ハッスルに登場する人物一覧

ウィキメディアの一覧記事
ハッスル > ハッスルに登場する人物一覧

ハッスルに登場する人物一覧( - にとうじょうするじんぶついちらん)は、ハッスルに登場する人物を一覧にしたものである。ハッスルの登場人物は、ハッスルにおいては「ハッスラーズ」と称される。

一覧内、「ハッスル軍」、「高田モンスター軍」などの呼称はハッスルに登場する軍団名である。

ハッスル軍編集

高田モンスター軍が壊滅したことにより、目的を達成したということで解散を表明。 ハッスルMAN'Sワールド発足後は中村カントク率いるBASSLE軍に立ち向かう坂田亘を中心としたチームとして活動。

ハッスルMAN'Sワールド編集


新生ハッスル軍編集

ハッスル21からしばらくインリン様の罠にかかり離脱。行動不能に陥るが西村修の聖水で復活しハッスル軍に復帰した。
  • RG - "自称・ハッスルの神の子"、元ハッスル運営のGM→坂田軍団→ハッスル21よりハッスル軍所属。
  • HG - "ハードゲイ"
ハッスルマニア2005より加入。ハッスルマニア2008でモンスターHGに変貌するが、2009年6月25日RGと一騎討ちで負けた後のRGからの愛の手紙に刺激されその試合後よりハッスル軍復帰。
2008年11月22日の『ハッスル・ツアー2008 in 茨城』のメイン終了後、ハッスル軍入りを表明。
HGのパートナーに志願した、ほんこんが営む喫茶店のウェイトレス。カラテガールの略。

その他編集

中はケロロの公募スーツ(『ウェットルキング』風)を着てケロロマスクのした、子ガマ大王選手(元高田モンスター軍)、大晦日はケロロマスクのした、ガマ大王選手が担当か?と思われる体型になっていた。
初登場はハッスルマニア2006のオープニング。小池栄子が出演していた競輪キャンペーンCMの替え歌を披露。ハッスル・マニア2007ではザ・エスペランサーのレーザービターンをハート型のステッキで反射、エスペランサーに直撃させ瀕死の坂田を救う。その代償として妖精としての力を失い、"坂田の嫁"こと小池栄子に戻った。

過去の参加選手・故人編集

  • 橋本真也 - "ハッスル・キング"ハッスル4を最後に長期欠場。2005年8月に逝去
  • 小川直也 - 元ハッスル軍のリーダー兼、元ハッスル軍副社長(橋本真也死去以降元ハッスル軍キャプテン)。
2007年ハッスルを高田総統に買収し、造反。モンスター軍に移籍。その後、IGFに活動拠点を移す。
  • 大谷晋二郎 - 元"ハッスルあちち"。ハッスルハウスVol.4で加入。
2007年ハッスル22で小川に敗れ、モンスター軍に強制移籍。洗脳され、ハッスル24でファイヤーモンスターに覚醒する。
ハッスル星へ帰還。
RGが落とした魔法のランプから出現。インリン様の股間に毒霧を噴射し、妊娠させた。モンスター・ボノの生物学上の父に当たる。大晦日ハッスル祭り2007にて再び出現。モンスター・ボノと共闘した後、魔界へと帰った。

銀牙軍団編集

非選手編集

高田モンスター軍編集

現在は壊滅している。

高田モンスター軍編集

高田アマゾネス軍編集

高田モンスター軍の女子部。

ご当地モンスター編集

  • KIDATA・ロー
ハッスル11(大阪)に登場。ホンモノのキダ・タローも登場。ハッスル19(大阪)では「KIDATA・ロー2006」として登場。ハッスル22(大阪)には「KIDATA・ロー2007」として増毛、登場。ハッスル29(大阪)には「KIDATA・ロー2008」として登場、アイン、ツバイと組んでの6人タッグ。
  • 仙台市・ロー
ハッスル17(仙台)に登場。商売繁盛の神・仙台四郎に由来
  • 青りんご、赤りんご
ハッスル13(青森)で、恐・イタコと6人タッグで登場。
  • 恐・イタコ
恐山のイタコ風のレスラー。京唄子のもじり。・ハッスル13(青森)で初登場。その後ハッスルハウス11やハッスル16(大阪)など数多く登場。死去したレスラーの霊を憑依させ、故人になりきって戦うという設定。降霊した故人によってはモンスター軍側に攻撃することもある。
※恐・イタコに降霊した主な故人(生きている人もたまに出る)たち(ジャンボ鶴田ジャイアント馬場アントニオ猪木長州力長州小力藤波辰巳ホーク・ウォリアーブルーザー・ブロディリック・フレアー橋本真也レイザーラモンHG三沢光晴ミル・マスカラス
  • 鬼妖拳:横浜・シュウマイの崎陽軒に由来
  • マリモブラザーズ、スーパーマリモブラザーズ
札幌・スーパーマリオブラザーズのもじり。兄はマリモ、弟はルイーベ
ハッスル8・(両国国技館
  • うな獣、スッポ〜ン、赤蝮三太夫
ハッスル・ハウス15・浜松。うなぎとすっぽんは浜名湖の名産品。赤蝮は絶倫つながりのサプライズ選出。
  • コテツ&カンタロー
ハッスル24・浜松。ヤマハブラザーズ(山本小鉄星野勘太郎)そっくりのレスラー。地元企業ヤマハ発動機のもじり(厳密にはヤマハ発動機本社は磐田市にある)。
  • 赤福蜘蛛(赤福鬼蜘蛛)
ハッスル27・愛知県体育館で登場。赤福餅に由来。

一発ギャグ系モンスター編集

ハッスル10、11に登場。前田日明の海外武者修行時代のリングネーム、クイックキック・リーに由来
  • ア・トーナ・カイ
トナカイ風のマスクマン。阿藤快のもじり。
  • カ・トーナ・アイ
トナカイ風のマスクマン。加藤あいのもじり。
  • ネオ・ア・トーナ・カイ
  • ネオ・カ・トーナ・アイ
クリスマススペシャル2005に登場
  • イナゴライダー
新潟・175R仮面ライダーの合体版
  • ミヤキネン、アリマキネン、ヤスダキネン
安田忠夫の対戦相手。ハッスル15愛知。GIレースの高松宮記念有馬記念安田記念に由来。大会スポンサーが日本中央競馬会だったため
  • バッケン・ブレイク
ハッスル・ハウス13、14。スポンサーが競馬予想誌「馬券ブレイク」だったため
  • 長州か
長州力そっくりの蚊のレスラー
  • 長州が
長州力そっくりの蛾のレスラー
  • 長州イカ
長州力そっくりのイカレスラー
  • フロッグ・レスラー
カエル風のレスラー。ブロック・レスナーのもじり。

非選手編集

過去の参加選手編集

ボノちゃん部屋消滅後にモンスター軍の派遣レスラーとなるが、4月の後楽園にてRGに負けたことにより追放されたと見られる。

坂田軍団編集

ハッスル軍を離脱し、モンスター軍入団査定試合に失敗した坂田亘がハッスル9で『被害者の会』に快勝後組織したはぐれもの集団。2007年の新生ハッスル軍に合流する形で事実上解散する。

  • 坂田亘-団長→第5代GM就任→ハッスル軍に復帰し3代目リーダーを襲名する
  • 村浜武洋-ハッスル9で坂田との共闘を表明し盃を交わす。ハッスルハウスvol.8以降はK-1に専念するため未登場。
  • 崔領二-ハッスルハウス クリスマススペシャル2005でハッスル軍を離脱し加入→2007年に坂田とともにハッスル軍に再入団。
  • マーク・コールマン-ハッスルハウスvol.9

で小川に敗れモンスター軍を追放後ハッスル11で泥酔していたところを坂田に拾われ長州との抗争などで活躍→2006年以降はPRIDE等に遠征中。

  • 天龍源一郎-ハッスル15(2006年4月)の坂田戦後に叔父貴に就任するがハッスルハウスvol.19からまでモンスター軍に加入→2007年6月のハッスルエイド2007でHGに敗れてモンスター軍を追われ、ハッスル24でハッスル軍入り。
  • RG-第4代ハッスルGMであったが坂田の就任後なし崩しで加入→2007年に坂田に先んじでハッスル軍入り。

中立な立場の選手編集

ハッスル軍でもモンスター軍でもない中立な立場の軍団・人物。

『どハッスル』内でインリン様と部下の前で堂々と「モンスター軍です。」と言ったが、レイザーラモンHGをHG化させたエピソードがあるため、中立である。
『ハッスル・ハウス〜クリスマスSP 2007〜』で自身初の実況をした。本人は「大みそかの方での実況がしたかった」と言っていたが、年忘れにっぽんの歌のスケジュールで無理だった。
突如乱入し、俺がハッスルをぶっ壊すと宣言。しかしハッスルGP準決勝で川田利明に敗れてそれ以降、川田のパートナーに志願する。
かつて小路二等兵としてモンスター軍で活動していたが、自身の扱いに耐えられずモンスター軍から離脱。その後坂田亘と共闘する。ハッスル軍、高田モンスター軍解散後はマグナムTOKYO率いるハッスル連合軍へ抜擢。

中立的な立場の非選手編集

過去の参加選手編集

ボノちゃん部屋のおかみさん。2008年10月16日以降参戦なし。12月にボノちゃんがハッスル軍に入ったことによりボノちゃん部屋は事実上消滅。

参加予定選手編集

  • ノートンファイター - スコット・ノートン対ケロロ戦で状況によっては登場しプロレスデビューする予定。

RIKI軍団編集

特別参戦選手編集

スペシャルマッチでの特別参戦の選手である

ゼネラルマネージャー編集

ハッスルに於けるゼネラルマネージャーは、榊原信行DSE代表取締役社長よりハッスルの運営を全権委任された者が就く役職である。マッチメイク権を掌握するGMの権限は、あの高田総統でさえ不平は述べても逆らうことは出来ないほどの強大なものである。

  • 第6代GM 川田利明(2007年3月 - )
  • 第5代GM GMW(2006年9月 - 2007年2月)
  • 第4代GM RGM(2006年3月 - 9月)
  • 第3代GM 鈴木浩子(2006年1月 - 3月)
  • 第2代GM 草間政一(草間政一〈某老舗団体前社長、現AWA日本支部長兼FOS社員?〉)(2005年6月 - 12月)
  • 初代GM 笹原圭一(笹原圭一〈DSE広報局長〉)(旗揚げ - 2005年6月)

リングアナウンサー編集

レフェリー編集

ハッスルでは、レフェリーの存在感がとても薄い。公式サイトにも記述はなく、他団体のように試合前のコールの際もレフェリーの名前がコールされることはない。以前は和田京平村山大値といった全日本プロレス所属レフェリーもレフェリーを務めていたことがあった。

  • 野口大輔DREAMレフェリー) - レフェリーの他、前説も務める。栃木県出身。
  • 阿部信輔(ZERO-ONE MAXレフェリー)
  • 9199レフェリー(「9199(太字の「9」が目)」という数字がデザインされた銀色のマスクをかぶっている謎の覆面レフェリー。その名は検索サイト「9199.jp」にちなむ。レフェリングはモンスター軍寄り)
  • 笹崎勝己プロレスリングZERO1

関連項目編集

外部リンク編集