ハッピー・チャンドラー

アメリカ合衆国の野球選手 (1898-1991)

アルバート・ベンジャミン・チャンドラー・シニア(英語:Albert Benjamin "Happy" Chandler, Sr.1898年7月14日 - 1991年6月15日)は、アメリカ合衆国政治家MLBの第2代コミッショナーである。

ハッピー・チャンドラー
Happy Chandler
Happy Chandler - Harris and Ewing Crop.jpg
生年月日 (1898-07-14) 1898年7月14日
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ケンタッキー州コリドン[1]
没年月日 1991年6月15日(1991-06-15)(92歳)
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ケンタッキー州ベルサイユ
出身校 トランシルヴァニア大学
ハーバード・ロー・スクール
ケンタッキー大学
所属政党 民主党[1]
配偶者 ミルドレッド・ワトキンズ=チャンドラー
子女 4人
宗教 米国聖公会[2]
サイン Happy Chandler Signature.svg

在任期間 1935年12月10日 - 1939年10月9日
1955年12月13日 - 1959年12月8日
副知事 キーン・ジョンソン
ハリー・リー・ウォーターフィールド

選挙区 ケンタッキー州の旗 ケンタッキー州
在任期間 1939年10月10日 - 1945年11月5日

在任期間 1931年12月8日 - 1935年12月10日
州知事 ルビー・ラフーン

ケンタッキー州の旗 ケンタッキー州
上院議員
在任期間 1929年1月8日 - 1931年12月8日
州知事 フレム・サンプソン
テンプレートを表示
ハッピー・チャンドラー
Happy chandler.jpg
個人情報
職業弁護士
兵役経験
所属組織Emblem of the U.S. Department of the Army.svgアメリカ陸軍
軍歴1918年 - 1919年
最終階級二等兵
戦闘第一次世界大戦

アルバート・ベンジャミン・チャンドラーが本名だが、大学時代にいつも笑みを絶やさないという理由から「ハッピー・チャンドラー」という愛称が付いた[3]

生い立ち編集

1898年7月14日にケンタッキー州コリドンで、ジョセフ・セファスとキャリー・サンダース=チャンドラーの間に誕生した。彼の幼年期は難しいものであった。自叙伝によると、最も古い記憶は彼が4歳の時に母親が家族を捨てたことであった[4]。彼は父親と親類によって育てられ、8歳まで家計を助けるために新聞の販売を行った。彼が16歳の時に2歳下の弟がサクランボ摘みで木から落ちて死亡した[4]

1917年に高校を卒業し、父親の意に反してレキシントントランシルヴァニア大学に「赤いセーター、5ドル札、笑顔」だけをもって入学した。大学ではバスケットボール野球のキャプテンを務め、フットボールチームではクォーターバックとしてプレーした。彼はまたパイ・カッパ・アルファに加わったが、会員資格が否定された後カッパ・アルファに加わった。学生時代、彼は自活するため様々な仕事を行った。1918年の秋、第一次世界大戦の最中にチャンドラーは陸軍訓練部隊に志願した。部隊は11月の休戦協定成立で解散した[4]。チャンドラーはまたセミプロ野球でいくつかの夏の間にプレーし、追加収入を得た。1920年から1921年の間にプレーしたチームの中にはノースダコタのグラフトン、ハロックが含まれた[5]

1921年に学士号と、生涯のニックネーム「ハッピー」を得てトランシルヴァニア大学を卒業した。その後ハーバード・ロー・スクールに進学し、高校の体育競技のコーチで収入を得た。彼は1922年にレキシントンに戻り、2年後にケンタッキー大学から法律の学位を得た。また、ベルサイユでも高校のコーチを行った[3]。続く5年間でチャンドラーはダンビルのセンター大学のフットボールチームでアシスタントコーチを担当した。同時にベルサイユで弁護士も開業した[3]

チャンドラーはキースビル生まれのミルドレッド・ワトキンスに出会った。ワトキンスは結婚経験があり2歳の娘がいたが、二人は1925年11月12日に結婚した。チャンドラーはすぐにワトキンスの娘のマルチェラを継子とし、夫妻は3人の子供であるミミ・ベン・ダンをもうけた[4]

経歴編集

連邦上院議員を務めた後に、初代コミッショナーのケネソー・マウンテン・ランディスが1944年に死去したのに伴い、後任としてコミッショナーに就任した。当時アメリカ議会では、大リーグに対する反トラスト法の適用除外を撤廃しようとする動きが加速しつつあった。これに危機感をもった球界が、上院議員であったチャンドラーに白羽の矢を立てたのであった。コミッショナーとしての在任期間は1945年4月24日から1951年7月15日であった。

また,コミッショナー在職中の1947年4月10日にブルックリン・ドジャース傘下の3Aに所属し、後に黒人初のメジャーリーガーとなるジャッキー・ロビンソンがメジャーに初昇格した。その際、ドジャースを除く全球団が反発し、フィラデルフィア・フィリーズセントルイス・カージナルスが「黒人を試合に出すなら、試合を放棄する」とドジャースを脅迫する事態となった。その中でコミッショナーのチャンドラーはナショナルリーグの会長であるフォード・フリックと共にドジャースを支持し、「人種のみの問題で対戦を放棄したチーム及び選手には出場停止処分を科す」と強い態度で臨むことで沈静化を図った。この働き掛けがあって4月15日にロビンソンは黒人初のメジャーリーガーとしての第一歩を踏み出すことができた。

ケンタッキー州知事を2期に渡り務めている。1982年に発展貢献者としてアメリカ野球殿堂入りを果たした。

参照編集

  1. ^ a b CHANDLER, Albert Benjamin (Happy), (1898 - 1991)”. United States Congress. 2007年1月29日閲覧。
  2. ^ Kentucky Governor Albert Benjamin Chandler”. National Governors Association. 2007年1月30日閲覧。
  3. ^ a b c Powell, Robert A. (1976). “Albert Benjamin Chandler”. Kentucky Governors. Danville, Kentucky: Bluegrass Printing Company. OCLC 2690774 
  4. ^ a b c d Chandler, Happy; Trimble, Vance H. (1989). Heroes, Plain Folks, and Skunks: The Life and Times of Happy Chandler. foreword by Bob Hope. Chicago, Illinois: Bonus Books, Inc. 
  5. ^ Eriksmoen, Curt (2006). Did You Know That...?: 47 fascinating stories about people who have lived in North Dakota. Vol.1. United States: McCleery & Sons Publishing. pp. 140–141. ISBN 1-931916-46-2 

外部リンク編集

公職
先代
ジェームズ・ブレシット・ジュニア
  ケンタッキー州副知事
第36代:1931年12月8日 - 1935年12月10日
次代
キーン・ジョンソン
先代
ルビー・ラフーン
  ケンタッキー州知事
第44代:1935年12月10日 - 1939年10月9日
先代
ローレンス・ウェザビー
  ケンタッキー州知事
第49代:1955年12月13日 - 1959年12月8日
次代
バート・T・コームズ
アメリカ合衆国上院
先代
M・M・ローガン
  ケンタッキー州選出上院議員(第2部)
1939年10月10日 - 1945年11月1日
同職:アルバン・W・バークリー
次代
ウィリアム・A・スタンフィル
タイトル
先代
ケネソー・マウンテン・ランディス
MLBコミッショナー
1945年11月1日- 1951年7月15日
次代
フォード・フリック
名誉職
先代
アルフレッド・ランドン
  最年少の州知事
1987年10月12日 - 1991年6月15日
次代
ハロルド・スタッセン
先代
ジョン・ダナハー
  最長寿のアメリカ合衆国上院議員
1990年9月22日 - 1991年6月15日
次代
ジョセフ・ベル