ハナタカサゴ(学名:Caesio lunaris)はタカサゴ科タカサゴ属海水魚紅海を含むインド洋から西太平洋にかけての熱帯の海域に広く生息する[1]。最大40 cmまで成長する[1]

ハナタカサゴ
School of lunar fusilier at Elphinstone.JPG
エジプト紅海のハナタカサゴ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
上綱 : 顎口上綱 Gnathostomata
: 硬骨魚綱 Osteichthyes
亜綱 : 条鰭亜綱 Actinopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : スズキ亜目 Percoidei
: タカサゴ科 Caesionidae
亜科 : タカサゴ亜科 Caesioninae
: タカサゴ属 Caesio
: ハナタカサゴ C. lunaris
学名
Caesio lunaris
G. Cuvier1830
和名
ハナタカサゴ
英名
lunar fusilier

沖縄県では「コージャヒラー」と呼ばれる[2]

脚注編集

  1. ^ a b Froese, Rainer and Pauly, Daniel, eds. (2014). "Caesio lunaris" in FishBase. February 2014 version.
  2. ^ 佐久本孟寿「ぐるくん(タカサゴ科)」『おきなわのいまいゆ』第10巻、沖縄県水産海洋技術センター、2016年10月、 1-2頁、2021年2月13日閲覧。

外部リンク編集

  ウィキメディア・コモンズには、ハナタカサゴに関するカテゴリがあります。