メインメニューを開く

ハナミズキ (曲)

一青窈の楽曲

ハナミズキ」は、一青窈の5枚目のシングルであり、代表曲の1つ。2004年2月11日コロムビアミュージックエンタテインメント(現・日本コロムビア)より発売。初回盤モノクロジャケット仕様。

ハナミズキ
一青窈シングル
初出アルバム『一青想
B面 年年歳歳
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル コロムビアミュージックエンタテインメント
プロデュース 武部聡志
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間4位(オリコン
  • 2004年3月度月間9位(オリコン)
  • 2004年度年間30位(オリコン)
  • 2005年度年間80位(オリコン)
  • 登場回数136回(オリコン)
  • 一青窈 シングル 年表
    江戸ポルカ/夢なかば
    2003年
    ハナミズキ
    2004年
    影踏み
    2005年
    ミュージックビデオ
    ハナミズキ - YouTube
    テンプレートを表示

    目次

    概要編集

    アメリカ同時多発テロ事件発生時、ニューヨークにいた友人からのメールをきっかけに、一週間ほどで書いた詞であった。作詞当時は、A4用紙3枚程で「テロ」・「散弾銃」といった言葉があり、一青いわく「挑戦的な詞」であったという。その詞を削っていって「君と好きな人が百年続きますように」の言葉にたどり着いたのは、一青自身も不思議に思っているという。

    PVでは、歌詞に合わせて手話を取り入れている。第58回NHK紅白歌合戦では、大学生時代のサークルの友人と共に手話を行いながらの「ハナミズキ」を披露した。

    タイトルの元となったハナミズキは、彼女が学生時代よく行った、世田谷区内の二子玉川にある「ドッグウッドプラザ」にちなんでいる。

    初めて発表されたのは、リリースの約1年前の2003年4月に池上本門寺で行われた初の野外ライブ・「月天心~しゅるり」であった。発表当時は、3番の歌詞の一部は歌唱前に読まれていた。なお、その模様はライブDVD「姿見一青也」に収録されている。

    2004年のライブツアー「てとしゃん」での機材輸送トラックのコンテナにハナミズキの通常版ジャケットからの写真があしらわれていた。2004年のライブツアー最終公演で来場者3700名にハナミズキの苗木をプレゼントした。

    2004年のアテネ五輪女子マラソン金メダルを獲得した野口みずきの名前の由来であったことも手伝って、2000年シドニー五輪高橋尚子がマラソンにおいて金メダルを獲得)の時のhitomiの「LOVE 2000」に続く、金メダルソングとしても話題となった。

    オリコンの週間シングルランキングでは125週連続チャートインし、累計136週のチャートイン。カラオケランキングでは90週連続でTOP5入りとなるロングヒットを記録。2007年度の年間ランキングでは6位。

    表題曲は日本音楽著作権協会(JASRAC)の著作権使用料分配額(国内作品)ランキングで2005年度の年間9位[1]2013年度の年間10位[2]2015年度の年間5位[3]を獲得した。

    また、歌手の間でも歌われることも多く、2006年の鎌倉でのライブイベントで共演した森山良子に絶賛された。また作曲者のマシコタツロウをはじめ、徳永英明の『VOCALIST』、甲斐よしひろの『10 Stories』といったカバーアルバムに収録されている。またラジオ放送で福山雅治がギターでの弾き語りもした。2018年アクト・アゲインスト・エイズひとり紅白歌合戦」において桑田佳祐による歌唱も披露された。

    2006年12月のよみうりランドで行われた初のフリーライブ「BESTYO Free CONCERTYO」の当日の天気は曇り空であったが9曲目の「ハナミズキ」のサビを歌い出した途端、空が晴れ日光が一青をスポットライトのように照らし、幻想的な雰囲気になったという。

    2009年11月に、この唄のイメージを実写化した映画が制作されると発表された。2010年8月に公開され、興行収入27億円を超える大ヒットとなった。

    2015年7月29日に、リリースされた一青にとって2作目となるカバーアルバム「ヒトトウタ」でも、「ハナミズキ」はセルフカバーされ、母校の森村学園の生徒と一緒に歌い上げた。

    収録曲編集

    (全曲 作詞:一青窈/編曲:武部聡志

    1. ハナミズキ
    2. 年年歳歳
      • 作曲:武部聡志
    3. ハナミズキ(instrumental)

    タイアップ編集

    ハナミズキ
    年年歳歳

    受賞編集

    作品収録編集

    カバー編集

    脚注編集

    1. ^ 2006年 国内作品分配額ベスト10(金・銀・銅賞関連)、日本音楽著作権協会、2006年。
    2. ^ 2014年 国内作品分配額ベスト10(金・銀・銅賞関連)、日本音楽著作権協会、2014年。
    3. ^ 2016年 国内作品分配額ベスト10(金・銀・銅賞関連)、日本音楽著作権協会、2016年。

    関連項目編集