メインメニューを開く

ハニートラップは、女性スパイが行う色仕掛けによる諜報活動。

概要編集

「ハニー・トラップ」という言葉はイギリスの小説家、ジョン・ル・カレの造語で、『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』(1974年)で用いられてから一般的に広まった[1][2]

'You see, long ago when I was a little boy I made a mistake and walked into a honey-trap.'
'He made an ass of himself with a Polish girl,' said Guillam. 'He sensed her generosity too.'
'I knew Irina was no honey-trap but how could I expect Mr Guillam to believe me? No way.' —  Carré, John le (2011). Tinker Tailor Soldier Spy. Penguin Books Ltd. Kindle. p. 49.

女性工作員は、対象男性を誘惑し、性的関係を利用して懐柔するか、これを相手の弱みとして脅迫し、機密情報を要求する。ヒューミント英語: HumintHuman intelligenceの略)の一種である。また、隙を見せた標的をその場で殺害することもある。ただし、必ずしも女性スパイが仕掛けるものとは限らず、東ドイツ国家保安省(シュタージ)のロミオ諜報員のように、男性スパイによって対象となる女性を罠にかけることもある。こういった要素から、色仕掛けによる諜報活動といえる。

なお、ハニートラップは直訳すると「蜜の罠」や「甘い落とし穴」となり、同じような意味合いで使用されるセクシャル・エントラップメント英語: Sexual Entrapment)は「性的な囮(おとり)」という意味である。

冷戦時代、ソビエト連邦で頻繁に行われた(特に、KGB十八番であったとされる)。

事例編集

磯田道史の調査と研究によれば、尾張徳川家の蔵書である蓬左文庫にある尾張藩士の書いた『趨庭(すうてい)雑話』という資料に、徳川宗春が家臣に対し、女性忍者によるハニートラップを仕掛けていた話が記されており(後述書 p.110)、宗春自身、幕府からハニートラップを仕掛けられたため(徳川吉宗の質素倹約令と対立したため)、その女性忍者を刺殺したとあり(後述書 pp.112 - 113)、さらに時代が下り、尾張藩士の深田家が書いた随筆『感興漫筆』にも、宗春が女性忍者を手討ちにした話が詳細に記述されており(くノ一が「赤婆々」と呼ばれていたことなど)、これらの内容が深田家では一子相伝されていたこと、時が経ち、秘する必要性がなくなり、手討ちされた山伏(忍者)と女性忍者も幕末になり、深田家当主によって供養が行われ、戒名がつけられたと記されていることから、磯田は、200年以上厳重に秘密にされていた話が作り話とは考えにくいとする(磯田道史 『日本史の探偵手帳』 文春文庫 2019年 p.114)。

戦前の日本海軍がナチスに傾斜したことを疑問に思った半藤一利は、ある取材で元海軍中佐千早正隆[3]に質問したところ、その原因がハニートラップであると答えたとする(後述書 p.115)。それによると、駐在武官としてドイツに滞在している間にナチスは美人のメイドを派遣して来て、いつの間にかナチスの色仕掛けに篭絡され、気がつけば、ナチスびいきになっていたという[4]。こうしたことが原因のためか、元海軍の多くが、質問に対して黙ることが多く、聞き出せたのも、うっかり話してしまった感があるとしている(同書 p.115)。

最近の事案としては、2004年に在上海日本総領事館電信官遺書を遺して自殺した事件(詳細は上海総領事館員自殺事件参照)や、2006年海上自衛隊対馬防備隊一等海曹が内部情報を持ち出した上、中華人民共和国上海市防衛省に許可無く無断渡航していた事件(この自衛官も後に自殺する)が代表として挙げられる。

彼らは共通して、同一の上海の日本人向けカラオケ店に勤める中国人女性と親密な関係にあったとされるが、実は「その中国人女性店員こそが中共が送り込んだ女性工作員で、日本総領事館員も海上自衛官もハニートラップに嵌められたのではないか?」という説が、一部週刊誌等で主張されている(また、2006年9月13日放送の『報道ステーション』でもこの旨の内容が報道されている)。

メディア作品等編集

アニメゲーム小説等のいわゆるサブカルチャー作品においては、『ルパン三世』の峰不二子がハニートラップの“達人”の代表として描かれてきた。

最近では『メタルギアソリッド3 スネークイーター』のEVAや、『GUNSLINGER GIRL』のアレッサンドロとロッサーナが挙げられる。また、『内閣権力犯罪強制取締官 財前丈太郎』でもハニートラップの描写がみられる。

映画では、アルフレッド・ヒッチコック監督の『北北西に進路を取れ』(1959年)でエヴァ・マリー・セイントが行う場面があるほか、『007』シリーズではハニートラップを用いるヒロイン(いわゆる『ボンドガール』)が頻繁に登場する。

脚注編集

  1. ^ How authors from Dickens to Dr Seuss invented the words we use every day”. The Guardian. The Guardian (2014年6月17日). 2018年9月27日閲覧。
  2. ^ アダム・シズマン; 加賀山卓朗、鈴木和博訳 『ジョン・ル・カレ伝 <下>』 早川書房、2018年5月25日、81頁。 
  3. ^ 坂本多加雄 秦郁彦 半藤一利 保阪正康 『昭和史の論点』 文春新書 13刷2018年(1刷2000年) ISBN 978-4-16-660092-2 p.127.
  4. ^ 半藤一利 『歴史に「何を」学ぶのか』 ちくまプリマー新書 2017年 ISBN 978-4-480-68987-0 p.115.

関連項目編集