メインメニューを開く
ハノーファーメッセを覆う巨大なもみの木の屋根
MVRDVが設計したオランダパビリオン

ハノーヴァー万国博覧会(ハノーヴァーばんこくはくらんかい)は、ドイツハノーファー(ハノーヴァーは英語の発音)で2000年6月1日から10月31日まで開催された国際博覧会である。

概要編集

20世紀最後の万博にしてドイツ初の大型国際博覧会でもある。世界中が地球温暖化等の環境問題に直面する中、テーマを「Mensch, Natur und Technik(人間・自然・技術)」と定め、環境万博を名乗った。会場面積は約160haで、既存の見本市会場で世界最大のハノーファー国際見本市会場の敷地を利用する形で行われ、万博後のメッセの機能向上や知名度向上が期待されていた。191の国や機関が参加(万博史上最多)することになり、ドイツがヨーロッパのほぼ中央に位置することから、人が集まりやすいと考えられ、目標入場者数もかなり多めに推定された。総入場者数は1800万人を記録したが、約24億マルク(約1200億円)の大赤字を生む悲惨な結末となった。総工費が4000億円で赤字額が1200億円なので、結果的に5200億円を国とハノーファー市が半分づつ返済することに合意したが、立件された人物が誰もおらず当然烈火の如く批判された。[1]

次の万博である2005年日本国際博覧会は、ハノーヴァー万博の課題を引き継ぐ形で計画が進められた。しかし、こちらはハノーヴァーのような予算の無駄遣いをしなかったため[2][3] 最終黒字を予想より多く計上して終わり、ハノーヴァー万博の失敗があったためか博覧会国際事務局(BIE)から高く評価された。

テーマ曲はドイツのテクノミュージックグループ・クラフトワークと、ドイツのハードロックヘヴィメタルバンド・スコーピオンズが担当した。日本の大阪万博を真似て現代音楽の作曲家を派手に呼んでイベントその他を行ったが、これが裏目に出た。

マスコット編集

  • トゥイプシー(Twipsy) - テーマである「人間・自然・技術」をイメージして作られた架空の生物。1992年バルセロナオリンピックのマスコットコビーの生みの親であるハビエル・マリスカル (Javier Mariscal)によって1995年に制作された。カラフルな体と、左右非対称の足、片方の手が大きいのが特徴。また、様々なカラーバリエーション存在する。

関連項目編集

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ 外部リンク
  2. ^ 上海万博では愛知万博とは比較にならないほどのインフラ整備費が発生したため、最終黒字では取り戻せていない。外部リンク
  3. ^ 外部リンク
前大会:
セビリア万国博覧会
一般博・登録博
ドイツハノーファー
次大会:
2005年日本国際博覧会