メインメニューを開く
恒星周辺のハビタブルゾーンの境界と、恒星の種類に応じてそれがどのように変化するかを示した図。この図には太陽系の惑星(金星地球火星)とTRAPPIST-1dケプラー186f、そして地球に最も近い太陽系外惑星として知られるプロキシマ・ケンタウリbなどの特に意義深い太陽系外惑星が含まれている。

ハビタブルゾーン[1][2]英語: Habitable zone、HZ)とは、地球と似た生命が存在できる天文学上の領域で[1]、日本語では生命居住可能領域[1][3]生存可能圏[1]生存可能領域[4]と呼ばれる。一般的にハビタブルゾーンという言葉は惑星系のハビタブルゾーン英語: Circumstellar habitable zone、CHZ)を指すことが多く、恒星の周辺において十分な大気圧がある環境下で惑星の表面に液体が存在できる範囲を指す[2][5][6][7][8][9]。惑星系のハビタブルゾーンの範囲は、太陽系内における地球の位置と太陽から受ける放射エネルギー量に基づいている。地球の生物圏における水の重要性から、ハビタブルゾーンの性質とその中に位置する天体は、地球上に存在するような地球外生命体そして地球外知的生命体が存在する範囲と分布を決定づけるのに重要になるかもしれない。

またこの惑星系のハビタブルゾーンの他に、銀河系内において居住するのに適している領域を示す銀河系のハビタブルゾーン英語: Galactic habitable zone、GHZ)や[10]ブラックホールの周囲において居住するのに適している領域であるブラックホールのハビタブルゾーンなど[11][12]、惑星系のハビタブルゾーン以外にもいくつかの形態のハビタブルゾーンの理論が提唱されている[13]

ハビタブルゾーンはゴルディロックスゾーン英語: Goldilocks zone、GZ)とも呼ばれ[14]、「ゴルディロックス」は童話3びきのくまに登場する、暑さや寒さなど極端なものを無視し、その中間にある物事を選ぶ女の子の名前である。ゴルディロックスゾーンはハビタブルゾーンとほぼ同じような形態をとるが、ハビタブルゾーンの中でも生命体の存在だけでなく、進化が起きるのにも適した領域を指すこともある[2]

ハビタブルゾーンの概念が初めて発表された1953年以来[15]、多くの恒星がハビタブルゾーン内に惑星を持っていることが確認されていて、中にはハビタブルゾーン内を複数の惑星が公転している惑星系も含まれる[16]。そのような惑星の多くは発見するのが容易なスーパー・アース巨大ガス惑星といった地球よりも大きな惑星である。2013年11月4日、天文学者らは太陽系外惑星探査望遠鏡ケプラーのデータに基づいて、銀河系に存在する太陽に似た恒星赤色矮星のハビタブルゾーン内を公転する地球規模の惑星は400億個存在することが報告された[17][18]。これらのうち110億個は太陽のような恒星を公転しているかもしれない[19]。地球からケンタウルス座の方向に約4.2光年(約1.3パーセク)離れた位置にある太陽系外惑星プロキシマ・ケンタウリbは、既知の太陽系外惑星では最も地球に近く、主星プロキシマ・ケンタウリのハビタブルゾーン内を公転している[20]。ハビタブルゾーンではまた、惑星を上回る数の惑星規模の衛星が存在する可能性があり、衛星の居住可能性英語版の分野にとって特に興味深いものにもなっている[21]

ハビタブルゾーンの概念はこの数十年間に渡って、生命体の存在に対する主要な基準としては疑問が呈され続けられており、そのため今もさらなる理論の発展を続けている[22]。地球外に液体の水が存在する証拠が発見されて以来、そのうちのかなりの量が現在、恒星周辺のハビタブルゾーンの外部に存在していると考えられている。太陽系のリソスフェアアセノスフェア内に大量の水が存在することが知られているのを考えると、地球に存在するのと同じような、恒星からの放射エネルギーを必要としない地下生物圏の概念が宇宙生物学に一般的に受け入れられている[23]潮汐加熱[24][25]放射性崩壊[26]などの他のエネルギー源によって維持されたり、大気以外の理由で気圧が加圧されたりすれば、自由浮遊惑星太陽系外衛星であっても液体の水が存在する可能性がある[27]。液体の水は束一的性質が異なるため、例えば地球上の海水中に含まれる塩化ナトリウム火星の赤道上の塩化物硫酸塩[28]、そしてアンモニア[29]溶液としてより広範囲の圧力下と温度下で存在できる。また代わりの生化学に基づいて、仮想上の生命体にとって有利な、水以外の溶媒が液体の形態で存在し得る広義的なハビタブルゾーンも提案されている[2][30]

歴史編集

液体の水の存在を可能にさせる恒星からの範囲の見積もりについてはアイザック・ニュートンの著書である自然哲学の数学的諸原理(第3巻、Section 1、corol. 4)にも見られる[31]。ハビタブルゾーンという概念はドイツ物理学者Hubertus Strugholdによって1953年に初めて示され、彼は著書「The Green and the Red Planet: A Physiological Study of the Possibility of Life on Mars」内でエコスフィア英語: Ecosphere)という単語を作り出し、生命体が出現する可能性がある様々な「ゾーン」について言及している[15][32]。同年にアメリカの天文学者ハーロー・シャプレーは「Liquid water belt」と呼ばれる理論を提唱し、これは同じ理論を科学的にさらに詳しく述べたものである。このどちらの研究も生命体にとっての液体の水の重要性を強調することになった[33]中国出身のアメリカの天体物理学者Su-Shu Huang(黃授書)は1959年に、液体の水が十分に大きな天体上に存在する可能性がある恒星の周りの領域を指す「Habitable zone」という用語を、惑星の居住性と地球外生命体の文脈内において初めて導入した[7][34]。初期のハビタブルゾーン理論の主要な寄稿者であるHuangは1960年に、多重連星系内においての恒星のハビタブルゾーンそして地球外生命体の存在は、その不安定な重力の影響により珍しいものになるであろうと主張している[35]

ハビタブルゾーンの理論は1964年にStephen H. Doleによって彼の著書「Habitable Planets for Man」でさらに発展することになった。著書の中で彼はハビタブルゾーンの概念と同様に惑星の居住可能性などの 他の様々な決定要因について論じ、最終的に銀河系内に存在するハビタブルゾーンの中に位置する惑星の数は約6億個にのぼると推定している[5]。同時に、空想科学小説家のアイザック・アシモフ宇宙移民に関する彼の様々な研究を通じて、ハビタブルゾーンという概念を世間に広めた[36]。「ゴルディロックスゾーン」という用語は1970年代に登場し、特に液体の水が存在するのに「ちょうど良い」温度になっている恒星の周りの領域を指している[37]。1993年に天文学者James Kastingは、現在主にハビタブルゾーンとして知られている領域をより正確に表すために「惑星系のハビタブルゾーン(Circumstellr habitable zone)」という用語を導入した[7]。太陽系外惑星のハビタブルゾーンの詳細なモデルを初めて公表したのは、Kastingが初めてであった[7][38]

2000年、天文学者のPeter WardとDonald Brownleeが銀河系のハビタブルゾーンの理論を示したことによりハビタブルゾーンの理論が更新され、後に彼らはこの理論を天文学者のGuillermo Gonzalezと共に発展させることになる[39][40]銀河系内で最も生命体が出現する可能性が最も高い領域と定義されている銀河系のハビタブルゾーンは重元素がより豊富に存在している銀河核に十分近い領域にあるが、それほど近いと銀河の中心部で一般的に見られる強い放射線と強い重力の影響により、恒星系や惑星の軌道そして生命体の出現はしばしば不安定なものになると考えられている[39]

それ以降、宇宙生物学者の中にはハビタブルゾーンの概念を二水素硫酸、二窒素ホルムアミドメタンといった水以外の溶媒にも拡張することを提案している者や、他には代わりの生物学を用いて仮想の生命体の存在を支持する者もいる。2013年には、自然に形成された衛星の軌道が乱されるなく、かつ惑星からの潮汐加熱で表面の液体の水が沸騰されない領域を示すハビタブルエッジ英語: Habitable edge)と呼ばれる惑星のハビタブルゾーンが提案されたことにより、ハビタブルゾーン理論のさらなる発展が行われている[13]

ハビタブルゾーンの測定編集

 
推定される太陽系のハビタブルゾーンの範囲。濃い緑が最も狭い推定値で[5]、薄い緑が逆に最も広い推定値となる[41]

ある天体がその主星のハビタブルゾーン内に位置しているかどうかは、惑星の軌道半径(衛星の場合は主惑星の軌道)、天体自身の質量、および主星の放射束に依存する。惑星系のハビタブルゾーン内に存在する惑星の質量の値が広い範囲に及んでいることを考えると、地球より厚い大気や強力な磁場を維持することができるスーパー・アースの発見と相まって現在では惑星系のハビタブルゾーンは、地球や金星などの比較的低質量の惑星の表面で液体の水が存在できる領域と、より強い温室効果を持つスーパー・アースの表面上で液体の水が存在するのに適した温度になる「Extended habitable zone[注 1]」と呼ばれるより広範囲の領域の2つに区別することが出来る[42]

ハビタブルゾーンの内縁は暴走温室効果によって表面全体の水が沸騰してしまうほど主星に近く[22]、それと同時に水蒸気光解離宇宙空間への水素の放出を引き起こしてしまう。そのため一般的にハビタブルゾーンの内縁境界の条件は「暴走温室条件」と呼ばれ、暴走温室効果(もしくはそれより少し効果が弱い湿潤温室効果)が発生してしまう惑星からの射出限界と等しい恒星放射を受ける領域とされる[4][43]。一方で外縁付近では、大気に多くの二酸化炭素が存在していても惑星表面を水の融点よりも高温に保つことができないほど主星からは離れている[22]。外縁境界の条件は「全球凍結条件」と呼ばれ[43]、惑星が全球凍結にならない最低限の恒星放射を受ける領域と定義されている[6][7][4]

太陽系での推定値編集

太陽系内におけるこれまでハビタブルゾーンの推定値は0.38–10.0 auの範囲に及ぶが[44][45][46][47]、様々な原因によりこの推定値を導き出すのは困難であった。この範囲内もしくはそれに近い軌道を周回している多数の惑星クラスの質量を持つ天体は、温度が水の融点よりも高くなるほどの十分な太陽光を受けている。しかし、それらの天体の大気条件は大きく異なっている。例えば金星は遠日点がハビタブルゾーンの内縁付近に位置しており、表面の大気圧は液体の水を保持するのには十分だが、強い温室効果により表面温度は462 (864 )にまで上昇しており、水は水蒸気でしか存在することができない[48]にもなるが、上空50 kmの1気圧の地点では75 ℃、55 kmの0.5気圧の地点では27 ℃で水が存在できる温度になっている[49][50]火星[51]、そして多数の小惑星もまた推定されるハビタブルゾーンの範囲内に位置している。火星の表面上において最も低い高度(表面全体の30%未満)でのみ、水が存在する場合には短期間に渡って液体の状態で存在していられるのに十分な大気圧と温度がある[52]。例えばヘラス盆地では、年間70火星日の間は大気圧が1,115 Paに達し、温度が0 ℃を超えることがある[52]。暖かい火星の斜面において季節的な流体の流れ(Seasonal flows on warm Martian slopes)という形での間接的な証拠があるが[53][54][55][56]、そこに液体の水が存在するという確認はなされていない。ハビタブルゾーン内を公転している彗星を含む、その他の天体の中で準惑星ケレスは唯一惑星クラスの質量を持つ。しかし、質量が小さい事と太陽風による大気の蒸発および喪失を軽減できない事の組み合わせにより、このような天体は表面上に液体の水を維持させることができない。しかし、それにも関わらず、金星[57]や火星[58][59][60]ベスタ[61]、ケレス[62][63]の表面には過去に液体の水が存在していたことが、研究によって以前考えられていたより強く示唆されている。持続可能な液体の水は複雑な生命体の存在を支えるのに不可欠であると考えられているので、ハビタブルゾーンの推定値のほとんどは、数十億年に渡って表面に液体の水を維持することが可能なほどの表面重力を持っている金星と地球の居住性に及ぼす影響から推定される。

Extended habitable zoneの理論によれば、十分な放射強制力を誘発することができる大気を有する惑星クラスの質量を持つ天体は、太陽から遠く離れたところに液体の水を持つことができる。そのような天体には、大気中に大量の温室効果ガスが含まれている地球よりも質量が大きい岩石惑星(スーパー・アースクラスの質量)も含まれ、最大で100 kbarの表面圧力を持つことができるが、そのような天体は太陽系には存在していない。こうした種類の太陽系外惑星の大気に性質については十分には知られておらず、誘導アルベド(Induced albedo)や反温室効果、もしくは考えられる他の熱源も含んで考慮した大気の正確な温室効果の強さは、ハビタブルゾーン内における天体の位置だけで決定することはできない。

太陽系におけるハビタブルゾーンの境界の推定
内縁距離
au
外縁距離
(au)
発表者(発表年) 注釈
0.725 1.24 Dole(1964)[5] 光学的に薄い大気と固定アルベドを使用して計算された値。金星の遠日点付近に内縁が位置する。
1.385–1.398 Budyko(1969)[64] 地球が経験するであろう全球規模の凍結の時代を決定するためのアイスアルベドフィードバックモデルの研究に基づいている。この推定は1969年のSellersの研究[65]や1975年のNorthの研究[66]でも支持されている。
0.88–0.912 RasoolとDe Bergh(1970)[67] 金星の大気の研究に基づいて、RasoolとDe Berghはこの距離が地球上で安定した海が存在できるであろう最も太陽に近い距離であると結論付けている。
0.95 1.01 Hartら(1979)[68] 地球の大気組成と地表温度のコンピューターモデリングとシミュレーションに基づいている。この推定は、その後にしばしば出版物で引用されてきた。
3.0 Fogg(1992)[41] 炭素循環を用いてハビタブルゾーンの外縁距離を推定した。
0.95 1.37 Kastingら(1993)[7] 今日使用されている最も一般的なハビタブルゾーンの実用的定義を確立した。二酸化炭素と水が地球にとって重要な温室効果ガスであると仮定し、炭酸塩-ケイ酸塩循環(Carbonate-silicate cycle)によりハビタブルゾーンは広いものになっていると主張している。のアルベドによるの冷却効果にも注目している。左に記載しているのは控えめな制限を与えた推定で、楽観的な推定に基づくとその範囲は0.84–1.67 auとなる。
2.0 Spiegelら(2010)[69] 大きい軌道傾斜離心率を組み合わせると、この距離までなら周期的に液体の水が存在できることが提案された。
0.75 Abeら(2011)[70] 地球のような水が多い惑星よりも主星に近く、極付近にのみ水が存在し大部分が陸地を占めている「砂漠惑星(Desert planet)」が存在する可能性を示した。
10 PierrehumbertとGaidos(2011)[71] 原始惑星系円盤から気圧数十から数千 barの水素を蓄積することができる岩石惑星は、太陽から10 auも離れた領域でも居住可能になる可能性を示した。
0.77–0.87 1.02–1.18 Vladiloら(2013)[72] 必要な大気圧の下限を15 mbarとした時、ハビタブルゾーンの内縁はさらに太陽に近く、外縁はさらに遠くなることを示した。
0.99 1.70 Kopparapuら(2013)[6][73] Kastingら(1993)の推定値を修正したもの。更新された湿潤温室効果と水分損失のアルゴリズムを用いて公式化している。この測定によると、地球はハビタブルゾーンの内縁に位置しており、湿潤温室効果が起きる距離の限界に近いがわずかにその外側に位置する。Kastingら(1993)と同じように、 これは温度が60 ℃に達する「水損失(湿潤温室効果)」の限界であるハビタブルゾーンの内縁に位置し、十分高度が高い領域に対流圏があり、大気が完全に水蒸気で飽和している地球のような惑星に適用される。成層圏が湿ると水蒸気光分解により水素が宇宙空間に放出される。この時点では、雲のフィードバックによる冷却は、さらに強い温暖化の効果により著しくは強くならない。「最大温室効果(Maximum greenhouse)」の限界であるハビタブルゾーンの外縁では、二酸化炭素が支配的な気圧約8 barの大気が最も強い温室効果を生み出し、二酸化炭素がさらに増加しても大気圏外で凍結するのを防ぐために十分な温室効果は発生しないとされている。楽観的な推定では範囲は0.97–1.70 auとなっている。この楽観的な推定では、二酸化炭素の雲による放射温暖化の可能性は考慮されていない。
0.38 Zsomら(2013)[44] 惑星の大気組成、圧力および相対湿度などの考えられる様々な組み合わせに基づいて推定されている。
0.95 Leconteら(2013)[74] 3Dモデルを用いて、Leconteらは太陽系のハビタブルゾーンの内縁を0.95 auとした。
0.95 2.4 RamirezとKaltenegger(2017)[46] 火山性水素の大気濃度を50%と仮定したときの古典的な二酸化炭素と水蒸気のハビタブルゾーンの拡大[7]を示した。

太陽系外での推定値編集

 
恒星の光度に応じたハビタブルゾーンの位置

天文学者らは、恒星の放射束逆2乗の法則を用いて太陽系のために考案されたハビタブルゾーンのモデルを他の惑星系でも当てはめている。例えば、太陽系のハビタブルゾーンの中間は太陽から1.34 au離れているところにあるとすると[6]、太陽の0.25倍の光度を持つ恒星の場合、恒星からハビタブルゾーンの中間までの距離は太陽系のハビタブルゾーンの 倍、すなわち0.5倍となり、恒星からは0.67 au離れていることになる。しかし、恒星自体の個々の特性も含む様々な要素もあるため、ハビタブルゾーンの概念を太陽系外に当てはめることはより複雑なものになる。

スペクトル分類と恒星系の特性編集

2011年にケプラー47と呼ばれる連星の周囲で発見された、2つの惑星(現在は3つの惑星が知られている)の重要性について解説している動画

一部の科学者たちは、惑星系のハビタブルゾーンの概念は実際にはある種の恒星やそのスペクトル分類に限定されるものだと主張している。例えば連星では、三重連星系の場合における固有の軌道安定性の懸念も加えて、単一星の場合とは異なるハビタブルゾーンを持つ[75]。もし太陽系がそのような連星系であった場合、結果として得られる外縁までの距離は2.4 auにまで及んでいたかもしれない[76][77]

恒星のスペクトル分類について、ハンガリーの天文学者Zoltán Balogは、強い紫外線を放射しているO型主系列星の周辺では惑星は形成されないことを示している[78]。また、紫外線の放射について調査したAndrea Buccinoらの研究チームは、調査を行った恒星(太陽も含む)のうち40%のみが、ハビタブルゾーンと適度な紫外線を受ける領域とが重なることを発見している[79]。一方で、太陽より小さな恒星には居住性に明らかな障害が見られる。例えば天文学者Michael Hartは、スペクトル分類K0型もしくはそれより明るい主系列星のみがハビタブルゾーンを持てることを提案しており、現在ではこの主張は赤色矮星の周りを公転する惑星における潮汐固定半径の概念に発展している。赤色矮星系はこの半径とハビタブルゾーンが一致し、主星との潮汐力による加熱(潮汐加熱)で引き起こされた火山活動によって、高温で生命の存在に適さない金星のような惑星が形成されてしまう可能性が示唆されている[80]

他の天文学者の中には、ハビタブルゾーンはより一般的なもので、温度が低い恒星を公転している惑星であっても液体の水は存在できると主張している者もいる。2013年に発表された気候モデリングでは、潮汐固定を起こしている惑星であっても、赤色矮星が惑星を一定の温度に保たせる可能性が示された[81]。天文学教授のEric Agolは、白色矮星の周辺を公転する惑星であっても惑星移動を通じて比較的短期間の間、ハビタブルゾーンを維持できると主張している[82]。また中には、褐色矮星の周りにも準安定的にハビタブルゾーンが同様に存在できると主張している者もいる[80]。また、恒星の進化の過程において前主系列星の段階、特にその恒星が赤色矮星である場合、恒星系の外縁部にハビタブルゾーンが存在する可能性があり、潜在的には約10億年に渡って持続されるとされている[83]

恒星の進化との関係編集

 
惑星の周囲を取り巻く磁気圏のような宇宙天気を遮断する自然構造が、長期間に渡って表面に液体の水を維持させるのに必要かもしれない。

ハビタブルゾーンは主星の進化に伴って時間を追うごとに変化していく。例えば、1000万年程度しか主系列星の段階を維持しないとされる[84]高温のO型星の場合、生命の進化が追い付かないほど急速に変化するハビタブルゾーンを持つとされている。一方で赤色矮星は、何千億年にも渡って主系列星の段階を維持するため、生命が発達して進化を起こすのに十分な時間がある惑星を持つ事ができる[85][86]。しかし主星が主系列星の段階にあっても、そのエネルギー放射は時間が経過するごとに増加していき、ハビタブルゾーンを遠方に追いやってしまう。例えば太陽も、太古代の明るさは現在の75%しかなかったとされており[87]、将来的に太陽が赤色巨星に進化する前であっても継続的に増加するエネルギー放射により、地球をハビタブルゾーンの内側に追いやるとされている[88]。この明るさの増加に対処するために「継続的なハビタブルゾーン(Continuously habitable zone)」の概念が導入されている。これは名称の通り、恒星の周辺で絶え間なく居住することができる領域のことを指しており、そこでは惑星クラスの質量を持つ天体は、与えられた期間の間液体の水を維持することができる。一般的なハビタブルゾーンと同様に、「継続的なハビタブルゾーン」も保守的な領域と拡張された領域とに分けることができる[88]

赤色矮星では、わずか数分で恒星全体の明るさが元の2倍にまで明るくなるほどの大規模なフレア[89]、表面積の20%を占める巨大な恒星黒点が発生することがあり[90]、ハビタブルゾーン内にある惑星の大気と水が失われてしまう可能性がある[91]。しかし、より大きな恒星と同様に進化の過程においてその性質や放射束エネルギーを変えるので[92]、形成から約12億年が経過するまでは赤色矮星は、その惑星上で生命の発達させるのには十分に一定の状態を保つとされている[91][93]

恒星が赤色巨星にまで進化すると、そのハビタブルゾーンの領域は主系列星の段階から劇的に変化する[94]。例えば太陽の場合、赤色巨星に進化すると現在はハビタブルゾーンに位置している地球も太陽に飲み込まれると予想されている[95][96]。しかしながら、赤色巨星が水平分枝に一旦進化すると、再び恒星全体の均衡が保たれるようになり、太陽の場合だと7–22 au離れた領域が新たなハビタブルゾーンとして維持されるとされている[97]。この段階になると、土星の衛星であるタイタンが現在の地球と似通った温度になるだろう[98]。この均衡状態が約10億年の間続き、なおかつ地球上の生命が太陽系の形成から遅くとも7億年後までに出現しているということを考えると、赤色巨星の周辺のハビタブルゾーン内を公転している惑星クラスの質量を持つ天体であっても生命が発達できる可能性がある[97]。しかし、光合成のような重要な生命過程は大気に二酸化炭素を含む惑星でのみ起こり得るが、そのようなヘリウムを燃焼して均衡を保っている恒星の周囲を公転する惑星ではその多くが恒星に吸収されてしまう[99]。さらに、2016年にRamirezとKalteneggerが示したように[96]、その強い恒星風は惑星の大気を完全に吹き飛ばし、よりそのような惑星を居住不可能にするだろう。したがって、太陽が赤色巨星になった後でさえタイタンは居住可能にならないとされている。ただし、生命の存在が検出されるために恒星進化のこの段階で生命が出現する必要は無い。恒星が赤色巨星になり、ハビタブルゾーンが外側に広がると表面の氷が溶けて、赤色巨星になる前に繁殖していたかもしれない生命の兆候を見出すことができる一時的な大気が形成されるとされている[96]

砂漠惑星編集

大気条件は惑星の熱を保持する能力に影響を与えるので、ハビタブルゾーンの位置はそれぞれのタイプの惑星にとっても特有なものになっている。含まれる水の量が非常に少ない砂漠惑星英語: Desert planet、Dry planet)は、大気中の水蒸気も少なくなるので、温室効果が減少する。これは砂漠惑星では、太陽から地球までの距離よりも恒星に近い領域で水のオアシスを維持できることを意味している。水が不足しているということはまた、熱を宇宙空間に反射するための氷が少なくなることを意味しているので、砂漠惑星にとってのハビタブルゾーンの外縁はより遠い位置になる[100][101]

その他の考慮事項編集

 
地球の水圏。水は地球の表面の71%を覆っており、そのうち大洋が地球上の水全体の97.3%を占めている。

恒星系の中に水の供給源が無ければ、惑星は炭素を基盤とする声明を形成するための重要な要素である水圏を持つことが出来ない。地球の水の起源英語版はまだ完全には解明されていない。考えられる可能性としては、氷で出来た天体との衝突、ガス放出石灰化リソスフェアからの含水鉱物の漏出、光分解による結果などが挙げられる[102][103]。太陽系外の惑星系では、凍結線より遠い領域から氷でできた天体がハビタブルゾーン内に移動して水深が数百 kmにも及ぶ[104]GJ 1214 b[105][106]ケプラー22bのような海洋惑星が形成される可能性がある[107]

表面に液体の水を維持するには十分に厚い大気も必要となる。地球の大気の起源としては現在、内部からのガス放出や天体衝突によるガスの減少、外部からのガス吸収(Ingassing)によるものと結論付けられている[108]。大気は、生物地球化学的循環および大気放出の緩和に類似したプロセスを通じて維持されると考えられている[109]。イタリアの天文学者Giovanni Vladiloらによる2013年の研究では、惑星の大気圧が大きくなるにつれて恒星周辺のハビタブルゾーンの領域が大きくなることが示された[72]。また、約15 mbar以下の大気圧では、圧力または温度のわずかな変化でも水が液体として存在することが不可能になる可能性があるため、居住性を維持できないことが判明した[72]

ハビタブルゾーンの範囲の定義は、伝統的に(地球上に存在している)水蒸気と二酸化炭素が最も重要な温室効果ガスと仮定して決定されているが[13]、Ramses RamirezとLisa Kalteneggerによって導かれた研究では、驚異的な水素の火山性ガス放出も水蒸気や二酸化炭素と同じように温室効果ガスに含まれるとすると、ハビタブルゾーンの範囲が非常に広くなることを示された[46]。その場合、太陽系のハビタブルゾーンの外縁は2.4 auにまで遠ざかる。 初期のRay PierrehumbertとEric Gaidosによる研究では、二酸化炭素と水という概念を完全に排除して、若い惑星は原始惑星系円盤から気圧数十から数百 barの水素を蓄積し、十分な温室効果を起こせると主張した[71]。この場合、太陽系のハビタブルゾーンの境界は10 auにまで広がる。しかしこの場合だと、水素は火山活動によって継続的に供給されるわけではないので、数百万から数千万年の間に失われてしまう。

赤色矮星のハビタブルゾーン内を公転する惑星の場合、主星に非常に近い位置にあると潮汐固定が引き起こされ、居住性において重要な要素となる。潮汐固定されている惑星は恒星日公転周期と同じくらい長くなり、片面を常に主星に向け、もう片面を常にその反対側に向けることになる。過去には、常に主星を向いている面では極端に温度が高くなり、その反対側では極端に温度が低くなると考えられていた。しかし2013年に発表された3次元気候モデルでは、主星に向けている面の広範囲で雲が発生することができ、ボンドアルベドが増加して両側の温度差が大幅に減少することが示された[81]

惑星ほどの質量を持つ衛星にも居住できる可能性がある。しかし、これらの衛星にはさらに多くのパラメーター条件を満たすことが必要で、特に主惑星が主星のハビタブルゾーン内を公転していることが必要となる[13]。さらに具体的には、このような衛星はイオのような潮汐加熱によって火山で満たされた天体にならないよう、主惑星から十分に離れなければいけないが[13]、外部へ放り出されないように主惑星のヒル半径よりは内側に留まる必要もある[110]。また、太陽の20%以下の質量しか持たない赤色矮星を公転する巨大惑星は居住可能な衛星を持つ事は出来ない。そのような惑星系で衛星が軌道を維持するには、強い潮汐加熱が起きるのに十分なほど主惑星に近い軌道にある必要があり、居住性は見込めなくなる[13]

 
ハビタブルゾーンを通過する楕円軌道を持つ惑星の想像図

高い軌道離心率で恒星を周回する惑星は、公転周期の一部がハビタブルゾーン内を通過し、表面温度と気圧の大きな変動を受ける可能性がある。こうした軌道は、表面上に断続的にしか水が存在し得ない劇的な季節変化をもたらすとされている。しかし、地下はそのような変化から隔離されている可能性があり、表面上もしくは表面近くの極限環境微生物冬眠クリプトビオシス)や超好熱菌のような適応能力を通じてこのような過酷な環境でも生き残れる可能性がある。例えば、緩歩動物(クマムシ)は脱水状態でも0.15 K(-273 ℃)[111]から424 K(151 ℃)[112]までの温度下で生き続けることができる。ハビタブルゾーンの外側を公転している惑星の表面上にいる生命は、温度が最も下がる遠点に近づくと冬眠状態になり、温度が最も十分に暖かくなる近点に近づくと活動を行うかもしれない[113]

太陽系外での発見編集

太陽系外惑星の中では2015年のレビューで、ケプラー62fケプラー186f、そしてケプラー442bの3つが潜在的に居住可能な惑星の最有力候補である可能性が高いという結論に達している[114]。これらの惑星はそれぞれ地球から1,200、490、1,120光年離れた位置にある。これらのうちケプラー186fは地球と同程度の規模で、地球の約1.2倍の大きさを持ち、赤色矮星である主星のハビタブルゾーンの外縁付近に位置している。太陽に比較的似ている恒星のハビタブルゾーン内を公転している惑星の中で、最も近傍にある地球型惑星くじら座τ星eで、地球からは11.9光年離れている。くじら座τ星eはハビタブルゾーンの内縁付近に位置しており、推定表面温度は68 ℃となっている[115]

ハビタブルゾーン内の地球型惑星の数を推定しようとした研究は、科学的データの有用性を反映する傾向がある。Ravi Kumar Kopparapuによる2013年の研究では、ハビタブルゾーン内に惑星が含まれる確率を示すneの値は0.48とされ[6]、これは銀河系内に約95から180億個の居住可能な惑星があるかもしれないことを意味している[116]。しかし、これはあくまで単なる統計的予測に過ぎず、こうした惑星のうち発見されているのはほんの一部である[117]

かつて行われていた研究はより保守的なものであった。2011年に、Seth Borensteinは銀河系には生命が居住できる惑星が5億個存在すると結論付けていた[118]。NASAのジェット推進研究所による2011年の研究では、ケプラーミッションによる観測に基づいて、そのような惑星がより多く存在するとされ、スペクトル分類がF型G型K型の恒星の「約1.4–2.7%」がハビタブルゾーン内に惑星を持つと推定された[119][120]

初期の発見編集

太陽系外のハビタブルゾーンで初めて惑星が発見されたのは、最初の太陽系外惑星が発見されてからわずか数年後であった。しかし、初期に発見されたこれらのような惑星はいずれも巨大なガス惑星であり、そしてその多くは楕円軌道を描いて公転していた。それにも関わらず、研究ではこれらの惑星を公転する地球ほどの規模を持つ衛星なら液体の水が存在が支えられている可能性が示されている[121]。初期の発見の一つとして、「暑すぎる」わけでもなく「寒すぎる」わけでもない温度を持つとされたため、当初「ゴルディロックス」という愛称で呼ばれていたおとめ座70番星bがある。しかし、後の研究で表面温度が金星並みに高くなっている事が示され、液体の水が存在する可能性は排除された[122]。1996年に発見されたはくちょう座16番星Bbは、軌道の一部分だけがハビタブルゾーンを通過する楕円軌道を描いており、このような軌道は極端な季節変化を起こすとされている。しかしながら、シミュレーションではその周囲に十分に大きな衛星があれば、その表面で液体の水の存在が支えられることが示唆されている[123]

1998年に発見されたグリーゼ876bと2001年に発見されたグリーゼ876cは主星グリーゼ876のハビタブルゾーン内を公転する巨大ガス惑星で、両者ともに大きな衛星を持つかもしれない[124]。また1999年にはアンドロメダ座υ星のハビタブルゾーン内を公転するアンドロメダ座υ星dと呼ばれる別の巨大ガス惑星も発見されている。

2001年4月4日に、その存在が発表されたHD 28185 bは、軌道全体が主星のハビタブルゾーン内に位置している巨大ガス惑星で[125]、火星に匹敵するほどの低い軌道離心率を持っている[126]。HD 28185 bの周囲でそもそも最初から衛星が形成されるかは明らかではないが[127]、潮汐の相互作用により、地球質量ほどの規模を持つ居住可能な衛星を数十億年に渡って軌道上に留めれることが示唆されている[128]

地球の約17倍の質量を持つ巨大ガス惑星であるHD 69830 dは2006年に発見され、地球から41光年離れた恒星HD 69830のハビタブルゾーン内を公転している[129]。その翌年には、かに座55番星fと呼ばれる惑星がかに座55番星Aのハビタブルゾーン内で発見されている[130][131]。十分な質量を持つ衛星がこれらの惑星の周囲に存在していれば、その表面で液体の水が存在できると考えられている[132]

理論的にはこれらのような巨大惑星が衛星を持つことはできるが、現在の観測技術ではそのような衛星を検出することは難しく、存在が疑問視されているケプラー1625bの衛星の事例などを除いて明確に太陽系外衛星が確認されたことは未だ無い。そのため、ハビタブルゾーン内にある固体の表面を持った地球型惑星の発見は大きな関心を集めることになった。

居住可能なスーパーアース編集

 
太陽系のハビタブルゾーンとグリーゼ581のハビタブルゾーンの比較

2007年に発見されたグリーゼ581cは、ハビタブルゾーン内を公転する初めて発見されたスーパーアースであった。この発見は科学界で大きな関心を集めたが、後にグリーゼ581cは金星に似た極端な環境になっていることが後に判明した[133]。同じグリーゼ581系内で、より居住性が高いと考えられている別の惑星としてグリーゼ581dが同年に発見されているが、2014年にその存在を疑問視する研究結果も報告されている[134]。2010年にハビタブルゾーン内に発見された、また別の惑星グリーゼ581gはcとdよりも居住性が高いと考えられたが、こちらも存在は疑問視されている[135]

 
太陽と太陽に似た恒星であるケプラー22のハビタブルゾーンとそれぞれの恒星が持つ惑星の大きさの比較

2011年8月に発見されたHD 85512 bは当初、ハビタブルゾーン内にあると推測されたが[136]、2013年にKopparapuらによって提案されたハビタブルゾーンの新たな基準に基づくと、HD 85512 bはハビタブルゾーンよりも内側を公転していることになる[117]

2011年12月にケプラー宇宙望遠鏡によって発見された惑星ケプラー22bは、初めて太陽に似た恒星の周囲で発見された、主星の手前を通過する太陽系外惑星であった[137]。大きさは地球の約2倍で、海洋惑星である可能性が示されている[138]。2011年に発見され、その翌年にその存在が発表されたグリーゼ667Ccは、主星グリーゼ667Cのハビタブルゾーン内を公転するスーパーアースである[139]

2012年9月に、地球から約49光年離れた赤色矮星のグリーゼ163[140]のハビタブルゾーン内を公転しているグリーゼ163cが発見された。グリーゼ163cは少なくとも地球の6.9倍の質量を持ち、大きさは地球の1.8–2.4倍と推定されている。主星から地球よりも約40%多い放射線を受けているので、表面温度は約60 ℃とされている[141][142][143]。2012年11月に暫定的に発見された惑星候補HD 40307 gは、主星HD 40307のハビタブルゾーン内を公転している[144]。2012年12月には、約12光年離れている太陽に似た恒星くじら座τ星のハビタブルゾーン内を公転するくじら座τ星eくじら座τ星fと呼ばれる2つの惑星が発見された[145]。質量は地球よりも大きいが、現在までに知られているハビタブルゾーン内を公転する惑星の中では最も質量が小さい惑星の一つである[146]。しかし、外側を公転しているくじら座τ星fはHD 85512 bと同様に2013年にKopparapuらによって提案されたハビタブルゾーンの基準に基づくと、ハビタブルゾーン内には存在していないことになる[147]

地球に近い大きさの惑星とソーラーアナログ編集

 
地球程度の大きさを持つ惑星ケプラー186fと地球の大きさ、そしてそれぞれの惑星系のハビタブルゾーンの想像図(2014年4月17日地点)
 
ケプラー186fよりは大きいが、惑星ケプラー452bの軌道とその主星はより地球のものに似ている

最近では、大きさや質量が地球に似ていると考えられている惑星も発見されるようになってきた。「地球規模(Earth-sized)」といえる惑星の範囲は、通常は質量によって定義されている。一般的に1.9地球質量が「スーパーアースクラス」の定義域の下限として用いられることが多く、一方で、地球よりも小さい惑星の分類である「サブアースクラス(sub-Earth class)」は金星質量(0.815地球質量)以下の範囲となる。半径が1.5地球半径を超える場合、中心部のにある岩石質の核より上にある体積の大部分が揮発性の物質になるため[148]、半径が大きくなると惑星の平均密度が急速に小さくなる。これを考慮して地球規模の惑星の上限半径を1.5地球半径とすることもある。とても地球に似ている惑星の分類であるアースアナログ英語版(もしくはアースツイン)に分類されるには、大きさや質量以上に多くの条件を満たす必要がある。しかし、そのような特性を観測することは現在の技術では不可能である。

太陽に似ている恒星はソーラーアナログ(またはソーラーツイン)に分類される。今日までに、太陽と特性が完全に一致する太陽の「双子星」はまだ知られていないが、特性がほとんど一致する太陽の「双子星」と考えられる恒星がいくつか存在している。太陽と同じG2V型のスペクトル分類、5,778 Kの表面温度、一致した金属量を持ち、形成から約46億年が経過しており、光度の変化が0.1%になっている恒星が正確な太陽の「双子星」となる[149]。形成から46億年が経過した恒星は最も安定した状態にある。適切な金属量や大きさもまた、小さな光度変化ことに対して非常に重要なものとなる[150][151][152]

NASAのケプラー宇宙望遠鏡W・M・ケック天文台によって収集されたデータから、銀河系内に含まれる太陽のような恒星の22%がそのハビタブルゾーン内に地球規模の惑星を持つと推定されている[153]

2013年1月7日、ケプラーのミッションチームに属する天文学者たちは、太陽に似た恒星ケプラー69を公転する、地球の1.7倍の大きさを持つ地球規模の太陽系外惑星候補ケプラー69c(KOI-172.02)の発見を発表した。この惑星はハビタブルゾーン内にあり、居住に適した環境になっていると予想された[154][155][156][157]。しかし、現在では暴走温室効果により表面は金星のような環境になっていると考えられている[158]。同年4月19日には、ケプラーチームはケプラー62のハビタブルゾーン内を公転する2つの惑星の発見が発表された。これらの惑星はケプラー62eケプラー62fと呼ばれており、それぞれ地球の1.6倍と1.4倍の大きさを持つ[154][155][159]

2014年4月に発見が発表された地球の1.1倍の大きさを持つ惑星ケプラー186fは、質量が知られておらず、主星もソーラーアナログではないにも関わらず、トランジット法によって発見された最も地球に大きさが近い惑星である[160][161][162]

2014年6月に発見されたカプタインbは12.8光年離れた位置にある赤色矮星カプタイン星のハビタブルゾーン内を公転しており、地球の約4.8倍の質量を持つ岩石惑星で、半径は地球の1.5倍ほどと推定されている[163]。しかし、2015年には存在を疑問視する研究結果も報告されている[164]

2015年1月6日、NASAはケプラー宇宙望遠鏡によって発見された太陽系外惑星が1,000に達したと発表した。それと同時にハビタブルゾーン内を公転する新たな3つの惑星ケプラー438bケプラー440bケプラー442bが発表された[165]。そのうちケプラー438bとケプラー442bは地球に近い大きさで、おそらく岩石から構成されている[165]。残るケプラー440bはスーパーアースとされている。同年1月16日に発見が発表された惑星K2-3dは地球の約1.5倍の半径を持ち、主星K2-3のハビタブルゾーン内を公転しており、地球よりも1.4倍多くの可視光放射を受けていることが判明している[166]

2015年7月23日に発見が発表されたケプラー452bは地球よりも50%大きく、おそらく岩石から成るとされている。G型星(ソーラーアナログ)に分類される恒星ケプラー452のハビタブルゾーン内を385日かけて公転している[167][168]。主星や軌道要素が地球のものと似ているため、発表において「Earth 2.0」や「地球のいとこ」といった表現が用いられた[169]

2016年7月、227光年離れた位置にある赤色矮星K2-72の周囲を公転している潜在的に居住可能な2つの惑星が、ケプラーの延長ミッションであるK2ミッションでの観測で発見された。これらの惑星はK2-72dK2-72eと呼ばれ、両社共に地球とほぼ同じ大きさで、主星から受ける放射量もほぼ同等である[170]

 
TRAPPIST-1の惑星と太陽系の岩石惑星の比較

2017年2月には、約40光年離れた超低温矮星TRAPPIST-1のハビタブルゾーン内を、すでに2016年5月に存在が発表されていた惑星を含めて複数の惑星が公転していることが判明したと発表された[171]

2017年4月20日に発見が発表された高密度惑星LHS 1140bは、地球の6.6倍の質量と1.4倍の半径を持ち、主星のLHS 1140は太陽の15%ほどの質量で、大部分の赤色矮星よりもフレアなどの恒星活動が弱い[172]。LHS 1140bはトランジット法とドップラー分光法(視線速度法)の両方によって検出されている数少ない惑星で、大気を観測できる可能性がある。

2017年6月にドップラー分光法で発見された、地球の約3倍の質量を持つ惑星ルイテンbは、12.2光年離れた位置にあるルイテン星のハビタブルゾーン内を公転している[173]

11光年離れた位置にある、恒星活動が比較的静かな赤色矮星ロス128の10年間に渡る視線速度のデータの調査により、2017年11月に惑星ロス128bが発見された。地球の1.35倍の質量を持ち、地球規模の大きさで岩石で構成されていると考えられている[174]

2018年3月に発見された惑星K2-155dは、地球の1.64倍の半径を持った岩石惑星と考えられており、203光年離れた赤色矮星のハビタブルゾーン内を公転している[175][176][177]

2019年6月、12.5光年離れた位置にある暗い赤色矮星ティーガーデン星のハビタブルゾーン内に地球とほぼ同等の質量を持つ2つの惑星が発見されたと発表された[178]

ケプラーが発見した注目の太陽系外惑星
 
ハビタブルゾーン内で発見された小型の太陽系外惑星
ケプラー62eケプラー62fケプラー155cケプラー186fケプラー235eケプラー283cケプラー296eケプラー296fケプラー438bケプラー440bケプラー442bケプラー452b[165]

ハビタブルゾーン外での居住性編集

 
土星の衛星タイタンにある炭化水素の湖の発見は、ハビタブルゾーン理論を支える炭素排外論(Carbon chauvinism)に疑問を投げかけ始めている

液体の水がある環境は、大気圧が無い場合やハビタブルゾーンの領域外でも存在できることがわかっている。例えば、土星の衛星であるタイタンエンケラドゥス、そして木星の衛星であるエウロパガニメデは、地下に大量の水をたたえた海を持っているかもしれない[179]

ハビタブルゾーンの外では、潮汐加熱と放射性崩壊の2つが液体の水の存在に寄与できる可能性のある熱源である[24][25]。2011年にAbbotとSwitzerhaは、放射性崩壊による加熱と厚い表層の氷による断熱の結果として、地下水自由浮遊惑星に存在する可能性を提唱した[27]

地球上の生命体は、実際には安定したした地下の生息地から発生したのではないかという理論もあり[180][181]、これらのような地下の湿った地球外生命体の生息地が「生命で溢れる」ようになるのは一般的なものかもしれない[182]。実際に地球上でも、表面から6 km以上深いところで微生物を発見できる可能性がある[183]

もう一つ考えられる可能性として、ハビタブルゾーン外の天体に生息する生命体が水を全く必要としない代わりの生化学を用いるかもしれないということが挙げられる。宇宙生物学者のChristopher McKayは、メタン(CH4)が「氷の生物(Cryolife)」の進化を促す溶媒になる可能性があることを示しており、太陽系における「メタンのハビタブルゾーン」は太陽から11 au(約16億1000万 km)離れた領域にある[30]。土星の衛星タイタンはこのメタンのハビタブルゾーン付近に位置しており、炭化水素の存在や大気からメタンの雨が降ることから、タイタンはMcKayが提案した「氷の生物」を発見するのに理想的な環境となっている[30]。さらに、微生物実験ではいくつかの条件下ならハビタブルゾーン外でも生命体が生存可能であることが判明している[184]

複雑な知的生命体にとっての意義編集

レアアース仮説では複雑で知的な生命体は非常に稀であり、ハビタブルゾーンはそれにおいて重要な要素の一つであると主張している。2004年にWardとBrownleeが出版した書籍によると、ハビタブルゾーンと天体の表面にある液体の水は生命体を維持するための主要な要素だけでなく、多細胞生物の出現と進化に必要な二次的条件を支えるための要素でもあるとされている。居住性をもたらすには、地質学プレートテクトニクスの維持における液体の水の役割)[185]生化学(大気の酸素化に必要な光合成を支える放射エネルギーの役割)[186]の両方の二次的要素が必要となる。しかし一方で、2002年にイアン・スチュアートとJack Cohenが記した著書「Evolving the Alien」では知的生命体はハビタブルゾーンの外側でも出現し得ると主張している[187]。ハビタブルゾーン外での知的生命体は代わりの生化学どころか[187]、核反応からでさえ[188]、地下環境で進化する可能性がある。

地球上では、いくつかの複雑な多細胞生物(または真核生物)がハビタブルゾーン外の状態を乗り切れる可能性があることが確認されている。地熱エネルギーは古代の迂回的な生態系を維持し、Riftia pachyptilaシボグリヌム科)のような複雑で大型の生命体の存在を支えている[189]。ハビタブルゾーンの外側にある、エウロパやエンケラドゥスのような固体の地殻の下で加熱された海でも同様の環境になっているかもしれない[190]。真核生物を含む多数の微生物が擬似条件下、および地球低軌道上で研究実験が行われている。例としてオニクマムシは、水の沸点を超えるような極端に高い温度下や冷たい真空の宇宙空間でも耐えることができる[191]。さらに、チズゴケXanthoria elegansチャシブゴケ菌綱)といった植物は、表面に液体の水が存在するには不十分なほど薄い大気圧下や、放射エネルギーがほとんどの植物が光合成に必要とする量よりもはるかに少ない環境下でも生存することが判明している[192][193][194]菌類Cryomyces antarcticusDothideomycetes(共にクロイボタケ綱)もまた、火星のような環境下でも生存して繁殖することができる[194]

ヒトを含む動物認識英語版を持つことが知られている種は大量のエネルギーを必要とし[195]、大気中に豊富に含まれている酸素と放射エネルギーから合成された多くの化学エネルギーの利用可能性を含む特定の条件下に適応している。人類が他の惑星を植民化するのであれば、ハビタブルゾーン内にある真のアースアナログは地球に最も自然環境が近い生息地をもたらす惑星となる可能性が高い。この概念は1964年のStephen H. Doleによる研究で基礎づけられている。惑星に適切な温度、重力、大気圧、そして水があれば、宇宙服スペースコロニーの必要性が排除され、地球上の複雑な生命体がその惑星で繁栄する可能性がある[5]

ハビタブルゾーン内にある惑星は、地球以外の場所で知的生命体を探している研究者にとっては依然として最も重要な関心事となっている[196]。この銀河系内にある知的文明の数を推定するために時々使用されるドレイクの方程式では、各恒星のハビタブルゾーンを公転する惑星質量天体の平均数を示すneという因子が含まれている。この値が低いとレアアース仮説を支持するものになり、知的生命体が宇宙では珍しいものであると仮定される。逆に値が高いとニコラウス・コペルニクスが唱えたコペルニクスの原理(平凡の原理)の根拠を示すものとなる[39]。1971年のフランク・ドレイクバーナード・オリバーによるNASAの報告では、ヒドロキシ基と水の成分である水素のスペクトルにおける吸収線に基づいた「水の穴(Water hole)」を地球外生命体とのコミュニケーション手段に明白かつ適切なバンドとして提案し[197][198]、それ以来この提案は地球外知的生命体の探求に関わる天文学者たちによって広く採用されてきた。Jill TarterやMargaret Turnbullなどによれば、ハビタブルゾーン候補は「狭い滝壺」を探すための最優先目標であるとしている[199][200]

ハビタブルゾーンは複雑な生命体の生息地として最も可能性が高い領域と考えらているので、アクティブSETI(METI)での取り組みは惑星を持つ可能性が高い惑星系に焦点を当てている。例えば2001年に送信された電波信号ティーンエイジメッセージ(Teen Age Message)と2003年に送信されたコズミックコール2(Cosmic Call 2)は、木星規模の惑星を3つ持ち、ハビタブルゾーン内に地球型惑星を持つ可能性があるおおぐま座47番星系に向かって発信された[201][202][203][204]。ティーンエイジメッセージはハビタブルゾーン内に巨大ガス惑星を持つかに座55番星にも発信された[130]。2008年に送信されたメッセージフロムアース(A Message From Earth)[205]および2009年に送信されたハローフロムアース(Hello From Earth)は、ハビタブルゾーン内にcとd、そして未確認のgの3つの惑星を持つグリーゼ581系に発信された。

その他のハビタブルゾーン編集

銀河系のハビタブルゾーン (GHZ)編集

 
銀河系のハビタブルゾーンは銀河中心から離れた環状領域とされており、概ねこの図の緑色で示した領域が該当するとされている。

銀河の中心から十分に近いため重い元素が高レベルに存在し、そのため地球型惑星が形成されるのに十分だが、しかし中心から十分遠くでもあり中心付近での高い恒星密度による彗星小惑星の衝突の危険、超新星爆発による放射線、さらに銀河中心のブラックホールの影響などから逃れられる銀河内における領域を銀河系のハビタブルゾーン英語: Galactic habitable zone、GHZ)と呼ぶことがある[39][10]。すなわち、銀河のなかでどこに惑星系のハビタブルゾーンがそもそも存在できる条件なのか、この点を考慮したものである。

銀河系におけるハビタブルゾーンは、内縁が銀河核周辺で外縁が中心から10,000パーセク(約32,600光年)離れた環状の範囲で、形成されてから40–80億年が経過した星々を含み、時間が経過するごとにゆっくりと広がっていくとされている[10][206][207]。他の銀河のハビタブルゾーンについてはほとんど分かっていないが、約250万光年離れているアンドロメダ銀河のハビタブルゾーンは銀河中心から3,000–7,000パーセク(9,780–22,820光年)離れた領域にある、形成から60–70億年が経過した恒星から成るという研究もある[208]

銀河系のハビタブルゾーンについてはまだ研究が進んでおらず、生物に対する超新星などによる放射線の影響はまだ解明されていない。研究では重い元素や金属性物質が非常に多く、恒星が近い軌道に巨大な惑星を保持していると見られる領域が存在することも明らかにされている。このような巨大惑星をもつ惑星系では、生命が誕生する可能性を持つ地球クラスの惑星を破壊するかもしれない。これらの理由から、銀河系のハビタブルゾーンを決定するには不確かなことが多いため、明確な定義付けはできない可能性がある。

ブラックホールのハビタブルゾーン編集

 
ブラックホールの周囲に形成される降着円盤と放出されるジェットの想像図

銀河系のハビタブルゾーンの概念では、中心に存在する超大質量ブラックホールいて座A*)により銀河系の中心付近は生命体には適しないとされてきた。しかし、2019年5月にこの超大質量ブラックホールの周りで比較的生命体の存在が維持できる領域、すなわちブラックホールのハビタブルゾーンが存在するという研究結果が、ハーバード大学の研究グループによって発表された[11][12]

超大質量ブラックホールの周囲には吸い込んだ物質から成る降着円盤が形成される。この降着円盤は周囲にX線などの強い電磁波を発しており、これまでの研究ではいて座A*クラスの質量を持つ超大質量ブラックホールの場合、ブラックホールから3,200光年以内の範囲にある惑星は放出された電磁波により大気が消失してしまうと考えられていた[11][12]。しかし、ハーバード大学のグループによる研究によると、実際にこうした超大質量ブラックホールの周りで電磁波の影響が及ぶのは100光年以内になることが判明し、さらにブラックホールの降着円盤から放出された電磁波の量が、惑星の大気を失わせるほど多くなく、逆に生命体が誕生するのに必要な有機物化合物の反応が進まなくなるほど少なくもない、丁度良いバランスが取れる領域があることが判明し、研究グループはこれがブラックホールのハビタブルゾーンであるとしている[11][12]。いて座A*の場合、140光年離れた領域がいて座A*のハビタブルゾーンになると推定されている[11][12]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 直訳すると「拡張ハビタブルゾーン」の意。

出典編集

  1. ^ a b c d ハビタブルゾーン”. 天文学辞典. 日本天文学会. 2019年7月23日閲覧。
  2. ^ a b c d ハビタブルゾーンとは - コトバンク”. コトバンク. 2019年7月23日閲覧。
  3. ^ ハビタブルゾーンに地球型の3惑星発見”. ナショナルジオグラフィック (2013年4月22日). 2016年6月12日閲覧。
  4. ^ a b c 小玉貴則 (2018年). “系外惑星「遠い世界の物語」 その10 ~ハビタブル惑星の現状とこれから (PDF)”. 日本惑星科学会. 2019年7月23日閲覧。
  5. ^ a b c d e Dole, Stephen H. (1964). Habitable Planets for Man. Blaisdell Publishing Company. p. 103. https://www.rand.org/pubs/commercial_books/CB179-1.html. 
  6. ^ a b c d e Kopparapu, Ravi Kumar (2013). “A revised estimate of the occurrence rate of terrestrial planets in the habitable zones around kepler m-dwarfs”. The Astrophysical Journal Letters 767 (1): L8. arXiv:1303.2649. Bibcode2013ApJ...767L...8K. doi:10.1088/2041-8205/767/1/L8. http://iopscience.iop.org/2041-8205/767/1/L8. 
  7. ^ a b c d e f g Kasting, James F.; Whitmire, Daniel P.; Reynolds, Ray T. (1993). “Habitable Zones around Main Sequence Stars”. Icarus 101 (1): 108–118. Bibcode1993Icar..101..108K. doi:10.1006/icar.1993.1010. PMID 11536936. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0019103583710109. 
  8. ^ Su-Shu Huang, American Scientist 47, 3, pp. 397–402 (1959)
  9. ^ Cruz, Maria; Coontz, Robert (2013). “Exoplanets - Introduction to Special Issue”. Science 340 (6132): 565. doi:10.1126/science.340.6132.565. PMID 23641107. http://www.sciencemag.org/content/340/6132/565. 
  10. ^ a b c Gowanlock, M. G.; Patton, D. R.; McConnell, S. M. (2011). “A Model of Habitability Within the Milky Way Galaxy”. Astrobiology 11 (9): 855–873. arXiv:1107.1286. Bibcode2011AsBio..11..855G. doi:10.1089/ast.2010.0555. PMID 22059554. 
  11. ^ a b c d e 松村武宏 (2019年6月24日). “超大質量ブラックホール周囲でも生命が存在できる可能性”. sorae.info. 2019年7月23日閲覧。
  12. ^ a b c d e Mara Johnson-Groh (2019年6月19日). “Voracious Black Holes Could Feed Alien Life on Rogue Worlds”. 2019年7月23日閲覧。
  13. ^ a b c d e f Hadhazy, Adam (2013年4月3日). “The 'Habitable Edge' of Exomoons”. Astrobiology Magazine (NASA). http://www.astrobio.net/exclusive/5364/the-habitable-edge-of-exomoons 2019年7月23日閲覧。 
  14. ^ 地上に生まれた最初の生命 他の星に生命体の可能性”. NIKKEI STYLE (2015年12月20日). 2018年1月19日閲覧。
  15. ^ a b Huggett, Richard J. (1995). Geoecology: An Evolutionary Approach. Routledge, Chapman & Hall. p. 10. ISBN 978-0-415-08689-9. https://books.google.com/books/about/Geoecology.html?id=VyQjwI9UkVIC. 
  16. ^ Overbye, Dennis (2015年1月6日). “As Ranks of Goldilocks Planets Grow, Astronomers Consider What's Next”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2015/01/07/science/space/as-ranks-of-goldilocks-planets-grow-astronomers-consider-whats-next.html 2019年7月23日閲覧。 
  17. ^ Overbye, Dennis (2013年11月4日). “Far-Off Planets Like the Earth Dot the Galaxy”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2013/11/05/science/cosmic-census-finds-billions-of-planets-that-could-be-like-earth.html 2019年7月23日閲覧。 
  18. ^ Petigura, Eric A.; Howard, Andrew W.; Marcy, Geoffrey W. (2013). “Prevalence of Earth-size planets orbiting Sun-like stars”. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 110 (48): 19273–19278. arXiv:1311.6806. Bibcode2013PNAS..11019273P. doi:10.1073/pnas.1319909110. PMC: 3845182. PMID 24191033. http://www.pnas.org/content/early/2013/10/31/1319909110. 
  19. ^ Khan, Amina (2013年11月4日). “Milky Way may host billions of Earth-size planets”. Los Angeles Times. http://www.latimes.com/science/la-sci-earth-like-planets-20131105,0,2673237.story 2019年7月23日閲覧。 
  20. ^ Anglada-Escudé, Guillem et al. (2016). “A terrestrial planet candidate in a temperate orbit around Proxima Centauri”. Nature 536 (7617): 437–440. arXiv:1609.03449. Bibcode2016Natur.536..437A. doi:10.1038/nature19106. PMID 27558064. 
  21. ^ Schirber, Michael (2009年10月26日). “Detecting Life-Friendly Moons”. Astrobiology Magazine. 2019年7月23日閲覧。
  22. ^ a b c Lammer, H.; Bredehöft, J. H.; Coustenis, A.; Khodachenko, M. L. et al. (2009). “What makes a planet habitable?” (PDF). The Astronomy and Astrophysics Review 17 (2): 181–249. Bibcode2009A&ARv..17..181L. doi:10.1007/s00159-009-0019-z. オリジナルの2016-06-02時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160602235333/http://veilnebula.jorgejohnson.me/uploads/3/5/8/7/3587678/lammer_et_al_2009_astron_astro_rev-4.pdf. 
  23. ^ Edwards, Katrina J.; Becker, Keir; Colwell, Frederick (2012). “The Deep, Dark Energy Biosphere: Intraterrestrial Life on Earth”. Annual Review of Earth and Planetary Sciences 40 (1): 551–568. Bibcode2012AREPS..40..551E. doi:10.1146/annurev-earth-042711-105500. ISSN 0084-6597. 
  24. ^ a b Cowen, Ron (2008年6月7日). “A Shifty Moon”. Science News. http://www.sciencenews.org/view/generic/id/32135/title/A_shifty_moon 2019年7月23日閲覧。 
  25. ^ a b Bryner, Jeanna (2009年6月24日). “Ocean Hidden Inside Saturn's Moon”. Space.com. TechMediaNetwork. http://www.space.com/scienceastronomy/090624-enceladus-ocean.html 2019年7月23日閲覧。 
  26. ^ Abbot, D. S.; Switzer, E. R. (2011). “The Steppenwolf: A Proposal for a Habitable Planet in Interstellar Space”. The Astrophysical Journal 735 (2): L27. arXiv:1102.1108. Bibcode2011ApJ...735L..27A. doi:10.1088/2041-8205/735/2/L27. 
  27. ^ a b “Rogue Planets Could Harbor Life in Interstellar Space, Say Astrobiologists”. MIT Technology Review. MIT Technology Review. (2011年2月9日). http://www.technologyreview.com/view/422659/rogue-planets-could-harbor-life-in-interstellar-space-say-astrobiologists/ 2019年7月23日閲覧。 
  28. ^ Wall, Mike (2015年9月28日). “Salty Water Flows on Mars Today, Boosting Odds for Life”. Space.com. http://www.space.com/30673-water-flows-on-mars-discovery.html?adbid=10153086098981466&adbpl=fb&adbpr=17610706465 2019年7月23日閲覧。 
  29. ^ Sun, Jiming; Clark, Bryan K.; Torquato, Salvatore; Car, Roberto (2015). “The phase diagram of high-pressure superionic ice”. Nature Communications 6: 8156. Bibcode2015NatCo...6E8156S. doi:10.1038/ncomms9156. ISSN 2041-1723. PMC: 4560814. PMID 26315260. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4560814/. 
  30. ^ a b c Villard, Ray (2011年11月18日). “Alien Life May Live in Various Habitable Zones : Discovery News”. Discovery Communications LLC. News.discovery.com. http://news.discovery.com/space/planetary-habitable-zones-defined-by-alien-biochemistry-111118.html 2019年7月23日閲覧。 
  31. ^ 3rd Edition (1728), trans Bruce, I
  32. ^ Strughold, Hubertus (1953). The Green and Red Planet: A Physiological Study of the Possibility of Life on Mars. University of New Mexico Press. https://books.google.com/books/about/The_green_and_red_planet.html?id=zNbPAAAAMAAJ. 
  33. ^ Kasting, James (2010). How to Find a Habitable Planet. Princeton University Press. p. 127. ISBN 978-0-691-13805-3. https://books.google.com/books?id=xPqEeB-SRvUC. 
  34. ^ Huang, Su-Shu (1966). Extraterrestrial life: An Anthology and Bibliography. National Research Council (U.S.). Study Group on Biology and the Exploration of Mars. Washington, D. C.: National Academy of Sciences. pp. 87–93. https://books.google.com/books?id=D0UrAAAAYAAJ. 
  35. ^ Huang, Su-Shu (1960). “Life-Supporting Regions in the Vicinity of Binary Systems”. Publications of the Astronomical Society of the Pacific 72 (425): 106–114. Bibcode1960PASP...72..106H. doi:10.1086/127489. 
  36. ^ Gilster, Paul (2004). Centauri Dreams: Imagining and Planning Interstellar Exploration. Springer. p. 40. ISBN 978-0-387-00436-5. https://books.google.com/books/about/Centauri_Dreams.html?id=L4fffd3SivkC. 
  37. ^ “The Goldilocks Zone” (プレスリリース), NASA, (2003年10月2日), https://science.nasa.gov/science-news/science-at-nasa/2003/02oct_goldilocks/ 2019年7月23日閲覧。 
  38. ^ Seager, Sara (2013). “Exoplanet Habitability”. Science 340 (577): 577–581. Bibcode2013Sci...340..577S. doi:10.1126/science.1232226. PMID 23641111. 
  39. ^ a b c d Brownlee, Donald; Ward, Peter (2004). Rare Earth: Why Complex Life Is Uncommon in the Universe. New York: Copernicus. ISBN 978-0-387-95289-5. 
  40. ^ Gonzalez, Guillermo; Brownlee, Donald; Ward, Peter (2001). “The Galactic Habitable Zone I. Galactic Chemical Evolution”. Icarus 152 (1): 185–200. arXiv:astro-ph/0103165. Bibcode2001Icar..152..185G. doi:10.1006/icar.2001.6617. 
  41. ^ a b Fogg, M. J. (1992). “An Estimate of the Prevalence of Biocompatible and Habitable Planets”. Journal of the British Interplanetary Society 45 (1): 3–12. Bibcode1992JBIS...45....3F. PMID 11539465. 
  42. ^ Redd, Nola Taylor (2011年8月25日). “Greenhouse Effect Could Extend Habitable Zone”. Astrobiology Magazine (NASA). http://www.astrobio.net/exclusive/4174/greenhouse-effect-could-extend-habitable-zone 2019年7月23日閲覧。 
  43. ^ a b 佐々木貴教. “ハビタブルゾーンとハビタブルプラネット”. Extrasolar Planet's Catalogue. 京都大学. 2019年7月23日閲覧。
  44. ^ a b Zsom, Andras; Seager, Sara; De Wit, Julien (2013). “Towards the Minimum Inner Edge Distance of the Habitable Zone”. The Astrophysical Journal 778 (2): 109. arXiv:1304.3714. Bibcode2013ApJ...778..109Z. doi:10.1088/0004-637X/778/2/109. 
  45. ^ Pierrehumbert, Raymond; Gaidos, Eric (2011). “Hydrogen Greenhouse Planets Beyond the Habitable Zone”. The Astrophysical Journal Letters 734 (1): L13. arXiv:1105.0021. Bibcode2011ApJ...734L..13P. doi:10.1088/2041-8205/734/1/L13. 
  46. ^ a b c Ramirez, Ramses; Kaltenegger, Lisa (2017). “A Volcanic Hydrogen Habitable Zone”. The Astrophysical Journal Letters 837 (1): L4. arXiv:1702.08618. Bibcode2017ApJ...837L...4R. doi:10.3847/2041-8213/aa60c8. 
  47. ^ Stellar habitable zone calculator”. University of Washington. 2019年7月23日閲覧。
  48. ^ Venus”. Case Western Reserve University (2006年9月13日). 2012年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月23日閲覧。
  49. ^ Landis, Geoffrey A. (2003). “Colonization of Venus”. AIP Conf. Proc. 654 (1): 1193–1198. Bibcode2003AIPC..654.1193L. doi:10.1063/1.1541418. オリジナルの2012-07-11時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20120711103532/http://link.aip.org/link/?APCPCS/654/1193/1. 
  50. ^ Sharp, Tim. “Atmosphere of the Moon”. Space.com. TechMediaNetwork. 2019年7月23日閲覧。
  51. ^ Bolonkin, Alexander A. (2009). Artificial Environments on Mars. Berlin Heidelberg: Springer. pp. 599–625. ISBN 978-3-642-03629-3. 
  52. ^ a b Haberle, Robert M.; McKay, Christopher P.; Schaeffer, James; Cabrol, Nathalie A.; Grin, Edmon A.; Zent, Aaron P.; Quinn, Richard (2001). “On the possibility of liquid water on present-day Mars”. Journal of Geophysical Research 106 (E10): 23317. Bibcode2001JGR...10623317H. doi:10.1029/2000JE001360. ISSN 0148-0227. 
  53. ^ Mann, Adam (2014年2月18日). “Strange Dark Streaks on Mars Get More and More Mysterious”. Wired. 2019年7月23日閲覧。
  54. ^ NASA Finds Possible Signs of Flowing Water on Mars”. voanews.com. 2019年7月23日閲覧。
  55. ^ Is Mars Weeping Salty Tears?”. news.sciencemag.org. 2011年8月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月23日閲覧。
  56. ^ Webster, Guy (2013年12月10日). “NASA Mars Spacecraft Reveals a More Dynamic Red Planet”. NASA. 2019年7月23日閲覧。
  57. ^ Salvador, A.; Massol, H.; Davaille, A.; Marcq, E.; Sarda, P.; Chassefière, E. (2017). “The relative influence of H2 O and CO2 on the primitive surface conditions and evolution of rocky planets”. Journal of Geophysical Research: Planets 122 (7): 1458–1486. Bibcode2017JGRE..122.1458S. doi:10.1002/2017JE005286. ISSN 2169-9097. 
  58. ^ Flashback: Water on Mars Announced 10 Years Ago”. SPACE.com (2000年6月22日). 2019年7月23日閲覧。
  59. ^ Flashback: Water on Mars Announced 10 Years Ago”. SPACE.com (2010年6月22日). 2019年7月23日閲覧。
  60. ^ Science@NASA, The Case of the Missing Mars Water”. 2009年3月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月23日閲覧。
  61. ^ Scully, Jennifer E.C.; Russell, Christopher T.; Yin, An; Jaumann, Ralf; Carey, Elizabeth; Castillo-Rogez, Julie; McSween, Harry Y.; Raymond, Carol A. et al. (2015). “Geomorphological evidence for transient water flow on Vesta”. Earth and Planetary Science Letters 411: 151–163. Bibcode2015E&PSL.411..151S. doi:10.1016/j.epsl.2014.12.004. ISSN 0012-821X. 
  62. ^ Raponi, Andrea; De Sanctis, Maria Cristina; Frigeri, Alessandro; Ammannito, Eleonora; Ciarniello, Mauro; Formisano, Michelangelo; Combe, Jean-Philippe; Magni, Gianfranco et al. (2018). “Variations in the amount of water ice on Ceres' surface suggest a seasonal water cycle”. Science Advances 4 (3): eaao3757. Bibcode2018SciA....4O3757R. doi:10.1126/sciadv.aao3757. ISSN 2375-2548. PMC: 5851659. PMID 29546238. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5851659/. 
  63. ^ https://photojournal.jpl.nasa.gov/catalog/PIA21471 PIA21471: Landslides on Ceres
  64. ^ Budyko, M. I. (1969). “The effect of solar radiation variations on the climate of the Earth”. Tellus 21 (5): 611–619. Bibcode1969TellA..21..611B. doi:10.1111/j.2153-3490.1969.tb00466.x. 
  65. ^ Sellers, William D. (1969). “A Global Climatic Model Based on the Energy Balance of the Earth-Atmosphere System”. Journal of Applied Meteorology 8 (3): 392–400. Bibcode1969JApMe...8..392S. doi:10.1175/1520-0450(1969)008<0392:AGCMBO>2.0.CO;2. 
  66. ^ North, Gerald R. (1975). “Theory of Energy-Balance Climate Models”. Journal of the Atmospheric Sciences 32 (11): 2033–2043. Bibcode1975JAtS...32.2033N. doi:10.1175/1520-0469(1975)032<2033:TOEBCM>2.0.CO;2. 
  67. ^ Rasool, I.; De Bergh, C. (1970). “The Runaway Greenhouse and the Accumulation of CO2 in the Venus Atmosphere” (PDF). Nature 226 (5250): 1037–1039. Bibcode1970Natur.226.1037R. doi:10.1038/2261037a0. ISSN 0028-0836. PMID 16057644. http://pubs.giss.nasa.gov/docs/1970/1970_Rasool_DeBergh_1.pdf. 
  68. ^ Hart, M. H. (1979). “Habitable zones about main sequence stars”. Icarus 37 (1): 351–357. Bibcode1979Icar...37..351H. doi:10.1016/0019-1035(79)90141-6. 
  69. ^ Spiegel, D. S.; Raymond, S. N.; Dressing, C. D.; Scharf, C. A.; Mitchell, J. L. (2010). “Generalized Milankovitch Cycles and Long-Term Climatic Habitability”. The Astrophysical Journal 721 (2): 1308–1318. arXiv:1002.4877. Bibcode2010ApJ...721.1308S. doi:10.1088/0004-637X/721/2/1308. 
  70. ^ Abe, Y.; Abe-Ouchi, A.; Sleep, N. H.; Zahnle, K. J. (2011). “Habitable Zone Limits for Dry Planets”. Astrobiology 11 (5): 443–460. Bibcode2011AsBio..11..443A. doi:10.1089/ast.2010.0545. PMID 21707386. 
  71. ^ a b Pierrehumbert, Raymond; Gaidos, Eric (2011). “Hydrogen Greenhouse Planets Beyond the Habitable Zone”. The Astrophysical Journal Letters 734 (1): L13. arXiv:1105.0021. Bibcode2011ApJ...734L..13P. doi:10.1088/2041-8205/734/1/L13. 
  72. ^ a b c Vladilo, Giovanni; Murante, Giuseppe; Silva, Laura; Provenzale, Antonello; Ferri, Gaia; Ragazzini, Gregorio (2013). “The habitable zone of Earth-like planets with different levels of atmospheric pressure”. The Astrophysical Journal 767 (1): 65–?. arXiv:1302.4566. Bibcode2013ApJ...767...65V. doi:10.1088/0004-637X/767/1/65. http://iopscience.iop.org/0004-637X/767/1/65/. 
  73. ^ Kopparapu, Ravi Kumar; Ramirez, Ramses; Kasting, James F.; Eymet, Vincent; Robinson, Tyler D.; Mahadevan; Terrien, Ryan C.; Domagal-Goldman, Shawn et al. (2013). “Habitable Zones Around Main-Sequence Stars: New Estimates”. The Astrophysical Journal 765: 131. arXiv:1301.6674. Bibcode2013ApJ...765..131K. doi:10.1088/0004-637X/765/2/131. https://iopscience.iop.org/article/10.1088/0004-637X/765/2/131/meta. 
  74. ^ Leconte, Jeremy; Forget, Francois; Charnay, Benjamin; Wordsworth, Robin; Pottier, Alizee (2013). “Increased insolation threshold for runaway greenhouse processes on Earth like planets”. Nature 504 (7479): 268–271. arXiv:1312.3337. Bibcode2013Natur.504..268L. doi:10.1038/nature12827. PMID 24336285. 
  75. ^ Cuntz, Manfred (2013). “S-Type and P-Type Habitability in Stellar Binary Systems: A Comprehensive Approach. I. Method and Applications”. The Astrophysical Journal 780 (1): 14. arXiv:1303.6645. Bibcode2014ApJ...780...14C. doi:10.1088/0004-637X/780/1/14. 
  76. ^ Forget, F.; Pierrehumbert, R. T. (1997). “Warming Early Mars with Carbon Dioxide Clouds That Scatter Infrared Radiation”. Science 278 (5341): 1273–1276. Bibcode1997Sci...278.1273F. doi:10.1126/science.278.5341.1273. PMID 9360920. 
  77. ^ Mischna, M.; Kasting, J. F.; Pavlov, A.; Freedman, R. (2000). “Influence of Carbon Dioxide Clouds on Early Martian Climate”. Icarus 145 (2): 546–554. Bibcode2000Icar..145..546M. doi:10.1006/icar.2000.6380. PMID 11543507. 
  78. ^ Vu, Linda, “Planets Prefer Safe Neighborhoods” (プレスリリース), Spitzer.caltech.edu, http://www.spitzer.caltech.edu/news/863-feature06-31-Planets-Prefer-Safe-Neighborhoods 2019年7月23日閲覧。 
  79. ^ Buccino, Andrea P.; Lemarchand, Guillermo A.; Mauas, Pablo J. D. (2006). “Ultraviolet radiation constraints around the circumstellar habitable zones”. Icarus 183 (2): 491–503. arXiv:astro-ph/0512291. doi:10.1016/j.icarus.2006.03.007. 
  80. ^ a b Barnes, Rory; Heller, René (2013). “Habitable Planets Around White and Brown Dwarfs: The Perils of a Cooling Primary”. Astrobiology 13 (3): 279–291. arXiv:1203.5104. Bibcode2013AsBio..13..279B. doi:10.1089/ast.2012.0867. PMC: 3612282. PMID 23537137. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3612282/. 
  81. ^ a b Yang, J.; Cowan, N. B.; Abbot, D. S. (2013). “Stabilizing Cloud Feedback Dramatically Expands the Habitable Zone of Tidally Locked Planets”. The Astrophysical Journal 771 (2): L45. arXiv:1307.0515. Bibcode2013ApJ...771L..45Y. doi:10.1088/2041-8205/771/2/L45. 
  82. ^ Agol, Eric (2011). “Transit Surveys for Earths in the Habitable Zones of White Dwarfs”. The Astrophysical Journal Letters 731 (2): 1–5. arXiv:1103.2791. Bibcode2011ApJ...731L..31A. doi:10.1088/2041-8205/731/2/L31. http://iopscience.iop.org/2041-8205/731/2/L31/. 
  83. ^ Ramirez, Ramses; Kaltenegger, Lisa (2014). “Habitable Zones of Pre-Main-Sequence Stars”. The Astrophysical Journal Letters 797 (2): L25. arXiv:1412.1764. Bibcode2014ApJ...797L..25R. doi:10.1088/2041-8205/797/2/L25. 
  84. ^ Carroll, Bradley W.; Ostlie, Dale A. (2007). An Introduction to Modern Astrophysics (2nd ed.). 
  85. ^ Richmond, Michael (2004年11月10日). “Late stages of evolution for low-mass stars”. Rochester Institute of Technology. 2019年7月23日閲覧。
  86. ^ Guo, J.; Zhang, F.; Chen, X.; Han, Z. (2009). “Probability distribution of terrestrial planets in habitable zones around host stars”. Astrophysics and Space Science 323 (4): 367–373. arXiv:1003.1368. Bibcode2009Ap&SS.323..367G. doi:10.1007/s10509-009-0081-z. 
  87. ^ Kasting, J. F.; Ackerman, T. P. (1986). “Climatic Consequences of Very High Carbon Dioxide Levels in the Earth's Early Atmosphere” (PDF). Science 234 (4782): 1383–1385. doi:10.1126/science.11539665. PMID 11539665. https://zenodo.org/record/1230890/files/article.pdf. 
  88. ^ a b Franck, S.; von Bloh, W.; Bounama, C.; Steffen, M.; Schönberner, D.; Schellnhuber, H.-J. (2002). “Habitable Zones and the Number of Gaia's Sisters” (PDF). ASP Conference Series. The Evolving Sun and its Influence on Planetary Environments. Astronomical Society of the Pacific. pp. 261–272. ISBN 1-58381-109-5. http://www.pik-potsdam.de/PLACES/publications/datenfiles/ASP_269.pdf 
  89. ^ Croswell, Ken (2001年1月27日). “Red, willing and able (Full reprint)”. New Scientist. 2019年7月23日閲覧。
  90. ^ Alekseev, I. Y.; Kozlova, O. V. (2002). “Starspots and active regions on the emission red dwarf star LQ Hydrae”. Astronomy and Astrophysics 396: 203–211. Bibcode2002A&A...396..203A. doi:10.1051/0004-6361:20021424. 
  91. ^ a b Alpert, Mark (2005年11月7日). “Red Star Rising”. 2019年7月23日閲覧。
  92. ^ Research Corporation (2006). “Andrew West: 'Fewer flares, starspots for older dwarf stars'”. EarthSky. http://earthsky.org/space/fewer-flares-starspots-for-older-dwarf-stars. 
  93. ^ Cain, Fraser (2007年). “AstronomyCast episode 40: American Astronomical Society Meeting, May 2007”. Universe Today. 2007年9月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月23日閲覧。
  94. ^ Ray Villard (2009年7月27日). “Living in a Dying Solar System, Part 1”. Astrobiology. 2019年7月23日閲覧。
  95. ^ Christensen, Bill (2005年4月1日). “Red Giants and Planets to Live On”. Space.com. TechMediaNetwork. http://www.space.com/920-red-giants-planets-live.html 2019年7月23日閲覧。 
  96. ^ a b c Ramirez, Ramses; Kaltenegger, Lisa (2016). “Habitable Zones of Post-Main Sequence Stars”. The Astrophysical Journal 823 (1): 6. arXiv:1605.04924. Bibcode2016ApJ...823....6R. doi:10.3847/0004-637X/823/1/6. 
  97. ^ a b Lopez, B.; Schneider, J.; Danchi, W. C. (2005). “Can Life Develop in the Expanded Habitable Zones around Red Giant Stars?”. The Astrophysical Journal 627 (2): 974–985. arXiv:astro-ph/0503520. Bibcode2005ApJ...627..974L. doi:10.1086/430416. 
  98. ^ Lorenz, Ralph D.; Lunine, Jonathan I.; McKay, Christopher P. (1997). “Titan under a red giant sun: A new kind of "habitable" moon”. Geophysical Research Letters 24 (22): 2905–2908. Bibcode1997GeoRL..24.2905L. doi:10.1029/97GL52843. ISSN 0094-8276. PMID 11542268. 
  99. ^ Voisey, Jon (2011年2月23日). “Plausibility Check – Habitable Planets around Red Giants”. Universe Today. http://www.universetoday.com/83248/plausibility-check-habitable-planet-around-red-giants/ 2019年7月23日閲覧。 
  100. ^ Alien Life More Likely on 'Dune' Planets Archived December 2, 2013, at the Wayback Machine., 09/01/11, Charles Q. Choi, Astrobiology Magazine
  101. ^ Habitable Zone Limits for Dry Planets, Yutaka Abe, Ayako Abe-Ouchi, Norman H. Sleep, and Kevin J. Zahnle. Astrobiology. June 2011, 11(5): 443–460. doi:10.1089/ast.2010.0545
  102. ^ Drake, Michael J. (2005). “Origin of water in the terrestrial planets”. Meteoritics & Planetary Science 40 (4): 519–527. Bibcode2005M&PS...40..519D. doi:10.1111/j.1945-5100.2005.tb00960.x. 
  103. ^ Drake, Michael J.; Humberto, Campins (2005). “Origin of water in the terrestrial planets”. Asteroids, Comets, and Meteors (IAU S229). 1. 229th Symposium of the International Astronomical Union. Búzios, Rio de Janeiro, Brazil: Cambridge University Press. pp. 381–394. doi:10.1017/S1743921305006861. ISBN 978-0-521-85200-5. http://journals.cambridge.org/action/displayFulltext?type=6&fid=415222&jid=IAU&volumeId=1&issueId=S229&aid=414784&bodyId=&membershipNumber=&societyETOCSession=&fulltextType=RA&fileId=S1743921305006861 
  104. ^ Kuchner, Marc (2003). “Volatile-rich Earth-Mass Planets in the Habitable Zone”. Astrophysical Journal 596 (1): L105–L108. arXiv:astro-ph/0303186. Bibcode2003ApJ...596L.105K. doi:10.1086/378397. 
  105. ^ Charbonneau, David; Zachory K. Bert; Jonathan Irwin; Christopher J. Burke; Philip Nutzman; Lars A. Buchhave; Christophe Lovis; Xavier Bonfils et al. (2009). “A super-Earth transiting a nearby low-mass star”. Nature 462 (17 December 2009): 891–894. arXiv:0912.3229. Bibcode2009Natur.462..891C. doi:10.1038/nature08679. PMID 20016595. http://www.nature.com/nature/journal/v462/n7275/full/nature08679.html. 
  106. ^ Kuchner, Seager; Hier-Majumder, M.; Militzer, C. A. (2007). “Mass–radius relationships for solid exoplanets”. The Astrophysical Journal 669 (2): 1279–1297. arXiv:0707.2895. Bibcode2007ApJ...669.1279S. doi:10.1086/521346. http://www.iop.org/EJ/abstract/0004-637X/669/2/1279/. 
  107. ^ Vastag, Brian (2011年12月5日). “Newest alien planet is just the right temperature for life”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/national/health-science/newest-alien-planet-is-just-the-right-temperature-for-life/2011/12/05/gIQAPk1vWO_story.html 2019年7月23日閲覧。 
  108. ^ Robinson, Tyler D.; Catling, David C. (2012). “An Analytic Radiative-Convective Model for Planetary Atmospheres”. The Astrophysical Journal 757 (1): 104. arXiv:1209.1833. Bibcode2012ApJ...757..104R. doi:10.1088/0004-637X/757/1/104. 
  109. ^ Shizgal, B. D.; Arkos, G. G. (1996). “Nonthermal escape of the atmospheres of Venus, Earth, and Mars”. Reviews of Geophysics 34 (4): 483–505. Bibcode1996RvGeo..34..483S. doi:10.1029/96RG02213. 
  110. ^ D. P. Hamilton; J. A. Burns (1992). “Orbital stability zones about asteroids. II – The destabilizing effects of eccentric orbits and of solar radiation” (PDF). Icarus 96 (1): 43–64. Bibcode1992Icar...96...43H. doi:10.1016/0019-1035(92)90005-R. http://www.astro.umd.edu/~hamilton/research/reprints/HamBurns91.pdf. 
  111. ^ Becquerel P. (1950). “La suspension de la vie au dessous de 1/20 K absolu par demagnetization adiabatique de l'alun de fer dans le vide les plus eléve” (French). C. R. Acad. Sci. Paris 231: 261–263. 
  112. ^ Horikawa, Daiki D. (2012). Alexander V. Altenbach, Joan M. Bernhard & Joseph Seckbach. ed. Anoxia Evidence for Eukaryote Survival and Paleontological Strategies. (21st ed.). Springer Netherlands. pp. 205–217. ISBN 978-94-007-1895-1. http://www.springerlink.com/content/wp400661m4236045/abstract/. 
  113. ^ Kane, Stephen R.; Gelino, Dawn M. (2012). “The Habitable Zone and Extreme Planetary Orbits”. Astrobiology 12 (10): 940–945. arXiv:1205.2429. Bibcode2012AsBio..12..940K. doi:10.1089/ast.2011.0798. PMID 23035897. 
  114. ^ Paul Gilster (2015年1月30日). “A Review of the Best Habitable Planet Candidates”. Centauri Dreams, Tau Zero Foundation. 2019年7月23日閲覧。
  115. ^ Giovanni F. Bignami (2015). The Mystery of the Seven Spheres: How Homo sapiens will Conquer Space. Springer. p. 110. ISBN 978-3-319-17004-6. https://books.google.com/books?id=crvpCQAAQBAJ&pg=PA110. 
  116. ^ Wethington, Nicholos (2008年9月16日). “How Many Stars are in the Milky Way?”. Universe Today. http://www.universetoday.com/22380/how-many-stars-are-in-the-milky-way/ 2019年7月23日閲覧。 
  117. ^ a b Torres, Abel Mendez (2013年4月26日). “Ten potentially habitable exoplanets now”. Habitable Exoplanets Catalog. University of Puerto Rico. 2019年7月23日閲覧。
  118. ^ Borenstein, Seth (2011年2月19日). “Cosmic census finds crowd of planets in our galaxy”. Associated Press. オリジナルの2011年9月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110927053134/http://apnews.excite.com/article/20110219/D9LG45NO0.html 2019年7月23日閲覧。 
  119. ^ Choi, Charles Q. (2011年3月21日). “New Estimate for Alien Earths: 2 Billion in Our Galaxy Alone”. Space.com. 2019年7月23日閲覧。
  120. ^ Catanzarite, J.; Shao, M. (2011). “The Occurrence Rate of Earth Analog Planets Orbiting Sun-Like Stars”. The Astrophysical Journal 738 (2): 151. arXiv:1103.1443. Bibcode2011ApJ...738..151C. doi:10.1088/0004-637X/738/2/151. 
  121. ^ Williams, D.; Pollard, D. (2002). “Earth-like worlds on eccentric orbits: excursions beyond the habitable zone”. International Journal of Astrobiology 1 (1): 61–69. Bibcode2002IJAsB...1...61W. doi:10.1017/S1473550402001064. http://journals.cambridge.org/action/displayAbstract?fromPage=online&aid=105145. 
  122. ^ 70 Virginis b”. Extrasolar Planet Guide. Extrasolar.net. 2012年6月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月23日閲覧。
  123. ^ Williams, D.; Pollard, D. (2002). “Earth-like worlds on eccentric orbits: excursions beyond the habitable zone”. International Journal of Astrobiology 1 (1): 61–69. Bibcode2002IJAsB...1...61W. doi:10.1017/S1473550402001064. http://journals.cambridge.org/action/displayAbstract?fromPage=online&aid=105145. 
  124. ^ Sudarsky, David; Burrows, Adam; Hubeny, Ivan (2003). “Theoretical Spectra and Atmospheres of Extrasolar Giant Planets”. The Astrophysical Journal 588 (2): 1121–1148. arXiv:astro-ph/0210216. Bibcode2003ApJ...588.1121S. doi:10.1086/374331. http://iopscience.iop.org/0004-637X/588/2/1121/fulltext. 
  125. ^ Jones, B. W.; Sleep, P. N.; Underwood, D. R. (2006). “Habitability of Known Exoplanetary Systems Based on Measured Stellar Properties”. The Astrophysical Journal 649 (2): 1010–1019. arXiv:astro-ph/0603200. Bibcode2006ApJ...649.1010J. doi:10.1086/506557. 
  126. ^ Butler, R. P.; Wright, J. T.; Marcy, G. W.; Fischer, D. A.; Vogt, S. S.; Tinney, C. G.; Jones, H. R. A.; Carter, B. D. et al. (2006). “Catalog of Nearby Exoplanets”. The Astrophysical Journal 646 (1): 505–522. arXiv:astro-ph/0607493. Bibcode2006ApJ...646..505B. doi:10.1086/504701. 
  127. ^ Canup, R. M.; Ward, W. R. (2006). “A common mass scaling for satellite systems of gaseous planets”. Nature 441 (7095): 834–839. Bibcode2006Natur.441..834C. doi:10.1038/nature04860. PMID 16778883. 
  128. ^ Barnes, J. W.; O'Brien, D. P. (2002). “Stability of Satellites around Close‐in Extrasolar Giant Planets”. The Astrophysical Journal 575 (2): 1087–1093. arXiv:astro-ph/0205035. Bibcode2002ApJ...575.1087B. doi:10.1086/341477. 
  129. ^ Lovis, C.; Mayor, M.; Pepe, F.; Alibert, Y.; Benz, W.; Bouchy, F.; Correia, A. C.; Laskar, J. et al. (2006). “An extrasolar planetary system with three Neptune-mass planets”. Nature 441 (7091): 305–309. arXiv:astro-ph/0703024. Bibcode2006Natur.441..305L. doi:10.1038/nature04828. PMID 16710412. http://www.nature.com/nature/journal/v441/n7091/abs/nature04828.html. 
  130. ^ a b Astronomers Discover Record Fifth Planet Around Nearby Star 55 Cancri”. Sciencedaily.com (2007年11月6日). 2019年7月23日閲覧。
  131. ^ Fischer, Debra A.; Marcy, Geoffrey W.; Butler, R. Paul; Vogt, Steven S.; Laughlin, Greg; Henry, Gregory W.; Abouav, David; Peek, Kathryn M. G. et al. (2008). “Five Planets Orbiting 55 Cancri”. The Astrophysical Journal 675 (1): 790–801. arXiv:0712.3917. Bibcode2008ApJ...675..790F. doi:10.1086/525512. http://iopscience.iop.org/0004-637X/675/1/790/fulltext/. 
  132. ^ Ian Sample, science correspondent (2007年11月7日). “Could this be Earth's near twin? Introducing planet 55 Cancri f”. The Guardian. https://www.theguardian.com/science/2007/nov/07/spaceexploration 2019年7月23日閲覧。 
  133. ^ Than, Ker (2007年2月24日). “Planet Hunters Edge Closer to Their Holy Grail”. Space.com. http://www.space.com/scienceastronomy/070424_exoplanet_side.html 2019年7月23日閲覧。 
  134. ^ Rpbertspm, R.; Mahadevan, S.; Endl, M; Roy, A. (2014). “Stellar activity masquerading as planets in the habitable zone of the M dwarf Glise 581”. Science 345 (6195): 440-444. doi:10.1126/science.1253253. 
  135. ^ Robertson, Paul; Mahadevan, Suvrath; Endl, Michael; Roy, Arpita (2014). “Stellar activity masquerading as planets in the habitable zone of the M dwarf Gliese 581”. Science 345 (6195): 440–444. arXiv:1407.1049. Bibcode2014Sci...345..440R. doi:10.1126/science.1253253. PMID 24993348. 
  136. ^ Researchers find potentially habitable planet” (French). maxisciences.com (2011年8月30日). 2019年7月23日閲覧。
  137. ^ “Kepler 22-b: Earth-like planet confirmed”. BBC. (2011年12月5日). https://www.bbc.co.uk/news/science-environment-16040655 2019年7月23日閲覧。 
  138. ^ Scharf, Caleb A. (2011年12月8日). “You Can't Always Tell an Exoplanet by Its Size”. 2019年7月23日閲覧。: "If it [Kepler-22b] had a similar composition to Earth, then we're looking at a world in excess of about 40 Earth masses".
  139. ^ Anglada-Escude, Guillem; Arriagada, Pamela; Vogt, Steven; Rivera, Eugenio J.; Butler, R. Paul; Crane, Jeffrey D.; Shectman, Stephen A.; Thompson, Ian B. et al. (2012). “A planetary system around the nearby M dwarf GJ 667C with at least one super-Earth in its habitable zone”. The Astrophysical Journal 751 (1): L16. arXiv:1202.0446. Bibcode2012ApJ...751L..16A. doi:10.1088/2041-8205/751/1/L16. 
  140. ^ Results for HIP 19394”. SIMBAD Astronomical Database. CDS. 2019年7月23日閲覧。
  141. ^ Méndez, Abel (2012年8月29日). “A Hot Potential Habitable Exoplanet around Gliese 163”. Planetary Habitability Laboratory. University of Puerto Rico at Arecibo. 2019年7月23日閲覧。
  142. ^ Nola Taylor Redd (2012年9月20日). “Newfound Alien Planet a Top Contender to Host Life”. Space.com. 2019年7月23日閲覧。
  143. ^ A Hot Potential Habitable Exoplanet around Gliese 163”. Spacedaily.com. 2019年7月23日閲覧。
  144. ^ Tuomi, Mikko; Anglada-Escude, Guillem; Gerlach, Enrico; Jones, Hugh R. R.; Reiners, Ansgar; Rivera, Eugenio J.; Vogt, Steven S.; Butler, Paul (2012). “Habitable-zone super-Earth candidate in a six-planet system around the K2.5V star HD 40307”. Astronomy and Astrophysics 549: A48. arXiv:1211.1617. Bibcode2013A&A...549A..48T. doi:10.1051/0004-6361/201220268. 
  145. ^ Aron, Jacob (2012年12月19日). “Nearby Tau Ceti may host two planets suited to life”. New Scientist. Reed Business Information. 2019年7月23日閲覧。
  146. ^ Tuomi, M.; Jones, H. R. A.; Jenkins, J. S.; Tinney, C. G.; Butler, R. P.; Vogt, S. S.; Barnes, J. R.; Wittenmyer, R. A. et al. (2013). “Signals embedded in the radial velocity noise”. Astronomy and Astrophysics 551: A79. arXiv:1212.4277. Bibcode2013A&A...551A..79T. doi:10.1051/0004-6361/201220509. 
  147. ^ Torres, Abel Mendez (2013年5月1日). “The Habitable Exoplanets Catalog”. Habitable Exoplanets Catalog. University of Puerto Rico. 2019年7月23日閲覧。
  148. ^ Lauren M. Weiss; Geoffrey W. Marcy (2014). “The mass-radius relation for 65 exoplanets smaller than 4 Earth radii”. The Astrophysical Journal Letters 783 (1): 7. arXiv:1312.0936. Bibcode2014ApJ...783L...6W. doi:10.1088/2041-8205/783/1/L6. https://iopscience.iop.org/article/10.1088/2041-8205/783/1/L6. 
  149. ^ Solar Variability and Terrestrial Climate”. NASA Science (2013年1月8日). 2019年7月23日閲覧。
  150. ^ Stellar Luminosity Calculator”. University of Nebraska-Lincoln astronomy education group. 2019年7月23日閲覧。
  151. ^ Council, National Research (18 September 2012). The Effects of Solar Variability on Earth's Climate: A Workshop Report. doi:10.17226/13519. ISBN 978-0-309-26564-5. http://www.nap.edu/catalog/13519/the-effects-of-solar-variability-on-earths-climate-a-workshop. 
  152. ^ Most of Earth's twins aren't identical, or even close!, By Ethan. June 5, 2013.
  153. ^ Are there oceans on other planets?”. National Oceanic and Atmospheric Administration (2017年7月6日). 2019年7月23日閲覧。
  154. ^ a b Johnson, Michele (2013年4月18日). “NASA's Kepler Discovers Its Smallest 'Habitable Zone' Planets to Date”. NASA. 2019年7月23日閲覧。
  155. ^ a b Overbye, Dennis (2013年4月18日). “Two Promising Places to Live, 1,200 Light-Years from Earth”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2013/04/19/science/space/2-new-planets-are-most-earth-like-yet-scientists-say.html 2019年7月23日閲覧。 
  156. ^ Moskowitz, Clara (2013年1月9日). “Most Earth-Like Alien Planet Possibly Found”. Space.com. 2019年7月23日閲覧。
  157. ^ Barclay, Thomas; Burke, Christopher J.; Howell, Steve B.; Rowe, Jason F.; Huber, Daniel; Isaacson, Howard; Jenkins, Jon M.; Kolbl, Rea et al. (2013). “A Super-Earth-Sized Planet Orbiting in or Near the Habitable Zone Around a Sun-Like Star”. The Astrophysical Journal 768 (2): 101. arXiv:1304.4941. Bibcode2013ApJ...768..101B. doi:10.1088/0004-637X/768/2/101. 
  158. ^ Stephen R. Kane; Thomas Barclay; Dawn M. Gelino. “A Potential Super-Venus in the Kepler-69 System”. The Astrophysical Journal Letters 770 (2): L20. arXiv:1305.2933. Bibcode2013ApJ...770L..20K. doi:10.1088/2041-8205/770/2/L20. 
  159. ^ Borucki, William J. et al. (2013). “Kepler-62: A Five-Planet System with Planets of 1.4 and 1.6 Earth Radii in the Habitable Zone”. Science Express 340 (6132): 587–590. arXiv:1304.7387. Bibcode2013Sci...340..587B. doi:10.1126/science.1234702. PMID 23599262. http://www.sciencemag.org/content/early/2013/04/17/science.1234702. 
  160. ^ Chang, Kenneth (2014年4月7日). “Scientists Find an 'Earth Twin,' or Maybe a Cousin”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2014/04/18/science/space/scientists-find-an-earth-twin-or-maybe-a-cousin.html 2019年7月23日閲覧。 
  161. ^ Chang, Alicia (2014年4月17日). “Astronomers spot most Earth-like planet yet”. AP News. http://apnews.excite.com/article/20140417/DAD832V81.html 2019年7月23日閲覧。 
  162. ^ Morelle, Rebecca (2014年4月17日). “'Most Earth-like planet yet' spotted by Kepler”. BBC News. https://www.bbc.co.uk/news/science-environment-27054366 2019年7月23日閲覧。 
  163. ^ Wall, Mike (2014年6月3日). “Found! Oldest Known Alien Planet That Might Support Life”. Space.com. 2019年7月23日閲覧。
  164. ^ Robertson, Paul; Roy, Arpita; Mahadevan, Suvrath (2015). “Stellar activity mimics a habitable-zone planet around Kapteyn's star”. The Astrophysical Journal 805 (2): L22. arXiv:1505.02778. Bibcode2015ApJ...805L..22R. doi:10.1088/2041-8205/805/2/L22. ISSN 2041-8213. 
  165. ^ a b c Clavin, Whitney (2015年1月6日). “NASA's Kepler Marks 1,000th Exoplanet Discovery, Uncovers More Small Worlds in Habitable Zones”. NASA. 2019年7月23日閲覧。
  166. ^ Jensen, Mari N. (2015年1月16日). “Three nearly Earth-size planets found orbiting nearby star: One in 'Goldilocks' zone”. Science Daily. https://www.sciencedaily.com/releases/2015/01/150116093052.htm 2019年7月23日閲覧。 
  167. ^ Jenkins, Jon M.; Twicken, Joseph D.; Batalha, Natalie M.; Caldwell, Douglas A.; Cochran, William D.; Endl, Michael; Latham, David W.; Esquerdo, Gilbert A. et al. (2015). “Discovery and Validation of Kepler-452b: A 1.6 R⨁ Super Earth Exoplanet in the Habitable Zone of a G2 Star”. The Astronomical Journal 150 (2): 56. arXiv:1507.06723. Bibcode2015AJ....150...56J. doi:10.1088/0004-6256/150/2/56. ISSN 1538-3881. http://iopscience.iop.org/1538-3881/150/2/56/article. 
  168. ^ NASA telescope discovers Earth-like planet in star's habitable zone”. BNO News (2015-0). 2019年7月23日閲覧。
  169. ^ NASA’s Kepler Mission Discovers Bigger, Older Cousin to Earth”. NASA (2015年7月23日). 2018-0-23閲覧。
  170. ^ Dressing, Courtney D.; Vanderburg, Andrew; Schlieder, Joshua E.; Crossfield, Ian J. M.; Knutson, Heather A.; Newton, Elisabeth R.; Ciardi, David R.; Fulton, Benjamin J. et al. (2017). “Characterizing K2 Candidate Planetary Systems Orbiting Low-mass Stars. II. Planetary Systems Observed During Campaigns 1–7” (PDF). The Astronomical Journal 154 (5): 207. arXiv:1703.07416. Bibcode2017AJ....154..207D. doi:10.3847/1538-3881/aa89f2. ISSN 1538-3881. https://authors.library.caltech.edu/78341/2/Dressing_2017_AJ_154_207.pdf. 
  171. ^ Gillon, Michaël; Triaud, Amaury H. M. J. et al. (2017). “Seven temperate terrestrial planets around the nearby ultracool dwarf star TRAPPIST-1” (PDF). Nature 542 (7642): 456-460. doi:10.1038/nature21360. ISSN 0028-0836. http://www.eso.org/public/archives/releases/sciencepapers/eso1706/eso1706a.pdf. 
  172. ^ Dittmann, Jason A.; Irwin, Jonathan M.; Charbonneau, David; Bonfils, Xavier; Astudillo-Defru, Nicola; Haywood, Raphaëlle D.; Berta-Thompson, Zachory K.; Newton, Elisabeth R. et al. (2017). “A temperate rocky super-Earth transiting a nearby cool star”. Nature 544 (7650): 333–336. arXiv:1704.05556. Bibcode2017Natur.544..333D. doi:10.1038/nature22055. PMID 28426003. 
  173. ^ Astronomers are beaming techno into space for aliens to decode”. Wired UK (2017年11月16日). 2019年7月23日閲覧。
  174. ^ In Earth's Backyard: Newfound Alien Planet May be Good Bet for Life”. Space.com (2017年11月15日). 2019年7月23日閲覧。
  175. ^ K2-155 d”. Exoplanet Exploration (2018年). 2019年7月23日閲覧。
  176. ^ Mack, Eric (2018年3月13日). “A super-Earth around a red star could be wet and wild”. CNET. 2019年7月23日閲覧。
  177. ^ Whitwam, Ryan (2018年3月14日). “Kepler Spots Potentially Habitable Super-Earth Orbiting Nearby Star”. ExtremeTech. 2019年7月23日閲覧。
  178. ^ Zechmeister, M.; Dreizler, S.; Ribas, I.; Reiners, A.; Caballero, J. A. (2019). “The CARMENES search for exoplanets around M dwarfs. Two temperate Earth-mass planet candidates around Teegarden's Star”. Astronomy and Astrophysics. arXiv:1906.07196. Bibcode2019arXiv190607196Z. doi:10.1051/0004-6361/201935460. ISSN 0004-6361. 
  179. ^ Torres, Abel (2012年6月12日). “Liquid Water in the Solar System”. 2019年7月23日閲覧。
  180. ^ Munro, Margaret (2013年). “Miners deep underground in northern Ontario find the oldest water ever known”. National Post. 2019年7月23日閲覧。
  181. ^ Davies, Paul (2013年). “The Origin of Life II: How did it begin? (PDF)”. 2019年7月23日閲覧。[リンク切れ]
  182. ^ Taylor, Geoffrey (1996年). “Life Underground (PDF)”. Planetary Science Research Discoveries. 2019年7月23日閲覧。
  183. ^ Doyle, Alister (2013年3月4日). “Deep underground, worms and "zombie microbes" rule”. Reuters. https://www.reuters.com/article/2013/03/04/us-life-idUSBRE9230WM20130304 2019年7月23日閲覧。 
  184. ^ Nicholson, W. L.; Moeller, R.; Horneck, G.; PROTECT Team (2012). “Transcriptomic Responses of Germinating Bacillus subtilis Spores Exposed to 1.5 Years of Space and Simulated Martian Conditions on the EXPOSE-E Experiment PROTECT”. Astrobiology 12 (5): 469–486. Bibcode2012AsBio..12..469N. doi:10.1089/ast.2011.0748. PMID 22680693. 
  185. ^ Brownlee, Donald; Ward, Peter (2004). Rare Earth: Why Complex Life Is Uncommon in the Universe. New York: Copernicus. ISBN 978-0-387-95289-5. 
  186. ^ Decker, Heinz; Holde, Kensal E. (2011). “Oxygen and the Exploration of the Universe”. Oxygen and the Evolution of Life. pp. 157–168. doi:10.1007/978-3-642-13179-0_9. ISBN 978-3-642-13178-3. 
  187. ^ a b Stewart, Ian; Cohen, Jack (2002). Evolving the Alien. Ebury Press. ISBN 978-0-09-187927-3. 
  188. ^ Goldsmith, Donald; Owen, Tobias (1992). The Search for Life in the Universe (2nd ed.). Addison-Wesley. p. 247. ISBN 978-0-201-56949-0. 
  189. ^ Vaclav Smil (2003). The Earth's Biosphere: Evolution, Dynamics, and Change. MIT Press. p. 166. ISBN 978-0-262-69298-4. https://books.google.com/books?id=8ntHWPMUgpMC. 
  190. ^ Reynolds, R. T.; McKay, C. P.; Kasting, J. F. (1987). “Europa, Tidally Heated Oceans, and Habitable Zones Around Giant Planets”. Advances in Space Research 7 (5): 125–132. Bibcode1987AdSpR...7..125R. doi:10.1016/0273-1177(87)90364-4. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/0273117787903644. 
  191. ^ Guidetti, R.; Jönsson, K. I. (2002). “Long-term anhydrobiotic survival in semi-terrestrial micrometazoans”. Journal of Zoology 257 (2): 181–187. doi:10.1017/S095283690200078X. 
  192. ^ Baldwin, Emily (2012年4月26日). “Lichen survives harsh Mars environment”. Skymania New. 2019年7月23日閲覧。
  193. ^ de Vera, J. P. (2012年4月26日). “The adaptation potential of extremophiles to Martian surface conditions and its implication for the habitability of Mars (PDF)”. European Geosciences Union. 2012年5月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月23日閲覧。
  194. ^ a b Onofri, Silvano; de Vera, Jean-Pierre; Zucconi, Laura; Selbmann, Laura; Scalzi, Giuliano; Venkateswaran, Kasthuri J.; Rabbow, Elke; de la Torre, Rosa et al. (2015). “Survival of Antarctic Cryptoendolithic Fungi in Simulated Martian Conditions On Board the International Space Station”. Astrobiology 15 (12): 1052–1059. Bibcode2015AsBio..15.1052O. doi:10.1089/ast.2015.1324. ISSN 1531-1074. PMID 26684504. 
  195. ^ Isler, K.; van Schaik, C. P (2006). “Metabolic costs of brain size evolution”. Biology Letters 2 (4): 557–560. doi:10.1098/rsbl.2006.0538. ISSN 1744-9561. PMC: 1834002. PMID 17148287. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1834002/. 
  196. ^ Palca, Joe. “'Goldilocks' Planet's Temperature Just Right For Life”. 2010-09-29 (NPR). https://www.npr.org/templates/story/story.php?storyId=130215192 2019年7月23日閲覧。 
  197. ^ Project Cyclops: A design study of a system for detecting extraterrestrial intelligent life”. NASA (1971年). 2019年7月23日閲覧。
  198. ^ Joseph A. Angelo (2007). Life in the Universe. Infobase Publishing. p. 163. ISBN 978-1-4381-0892-6. https://books.google.com/books?id=I5gHntgLLvIC&pg=PA163. 
  199. ^ Turnbull, Margaret C.; Tarter, Jill C. (2003). “Target Selection for SETI. I. A Catalog of Nearby Habitable Stellar Systems”. The Astrophysical Journal Supplement Series 145 (1): 181–198. arXiv:astro-ph/0210675. Bibcode2003ApJS..145..181T. doi:10.1086/345779. 
  200. ^ Siemion, Andrew P. V.; Demorest, Paul; Korpela, Eric; Maddalena, Ron J.; Werthimer, Dan; Cobb, Jeff; Howard, Andrew W.; Langston, Glen et al. (2013). “A 1.1 to 1.9 GHz SETI Survey of the Kepler Field: I. A Search for Narrow-band Emission from Select Targets”. The Astrophysical Journal 767 (1): 94. arXiv:1302.0845. Bibcode2013ApJ...767...94S. doi:10.1088/0004-637X/767/1/94. 
  201. ^ Zaitsev, A. L. (2004). “Transmission and reasonable signal searches in the Universe” (Russian). Horizons of the Universe. Plenary presentation at the National Astronomical Conference WAC-2004 "Horizons of the Universe", Moscow, Moscow State University, June 7, 2004. Moscow. http://www.cplire.ru/rus/ra&sr/VAK-2004.html 
  202. ^ Grinspoon, David (2007年12月12日). “Who Speaks for Earth?”. Seedmagazine.com. 2019年7月23日閲覧。
  203. ^ P. C. Gregory; D. A. Fischer (2010). “A Bayesian periodogram finds evidence for three planets in 47 Ursae Majoris”. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 403 (2): 731–747. arXiv:1003.5549. Bibcode2010MNRAS.403..731G. doi:10.1111/j.1365-2966.2009.16233.x. 
  204. ^ B. Jones; Underwood, David R.; Sleep, P. Nick (2005). “Prospects for Habitable "Earths" in Known Exoplanetary Systems”. The Astrophysical Journal 622 (2): 1091–1101. arXiv:astro-ph/0503178. Bibcode2005ApJ...622.1091J. doi:10.1086/428108. 
  205. ^ Moore, Matthew (2008年10月9日). “Messages from Earth sent to distant planet by Bebo”. London: .telegraph.co.uk. オリジナルの2008年10月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081011142445/http://www.telegraph.co.uk/news/newstopics/howaboutthat/3166709/Messages-from-Earth-sent-to-distant-planet-by-Bebo.html 2019年7月23日閲覧。 
  206. ^ Prantzos, Nikos (2006). “On the "Galactic Habitable Zone"”. Space Science Reviews 135 (1–4): 313–322. arXiv:astro-ph/0612316. Bibcode2008SSRv..135..313P. doi:10.1007/s11214-007-9236-9. 
  207. ^ Lineweaver, C. H.; Fenner, Y.; Gibson, B. K. (2004). “The Galactic Habitable Zone and the Age Distribution of Complex Life in the Milky Way”. Science 303 (5654): 59–62. arXiv:astro-ph/0401024. Bibcode2004Sci...303...59L. doi:10.1126/science.1092322. PMID 14704421. 
  208. ^ E. Spitoni; F. Matteucci; A. Sozzetti (2014). “The galactic habitable zone of the Milky Way and M31 from chemical evolution models with gas radial flows”. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 440 (3): 2588-2598. arXiv:1403.2268. Bibcode2014MNRAS.440.2588S. doi:10.1093/mnras/stu484. https://academic.oup.com/mnras/article/440/3/2588/1750210. 

外部リンク編集