ハプワース16、一九二四

ハプワース16、一九二四」(ハプワースじゅうろく、せんきゅうひゃくにじゅうよん、: Hapworth 16, 1924)は、J・D・サリンジャーが『ザ・ニューヨーカー』に1965年6月19日に発表した中編小説。作者が生前に発表した最後の小説でもある。

ハプワース16、一九二四
Hapworth 16, 1924
作者 J・D・サリンジャー
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
ジャンル 中編小説
シリーズ グラース家
初出情報
初出ザ・ニューヨーカー1965年6月19日
Portal.svg ウィキポータル 文学 Portal.svg ポータル 書物
テンプレートを表示

米国では現在に至るまで単行本化されていない。1996年にオーキシーズ・プレスという無名出版社から本作が出版される予定があったが、数カ月後には無期限延期となった[1]

内容編集

グラース家の長男、7歳のシーモア・グラースが、1924年の夏休みにメイン州のキャンプ地・ハプワースに来てから16日目に家族に送った長い手紙を、1965年に弟バディがタイプライターで書き写している、という形式で叙述される書簡体小説。シーモアの、キャンプ地の大人たちに対する批判意見、文学作品や哲学に対する考察、自身の性的欲求などが、7歳児としてはありえないほど高等かつ饒舌な文体で語られている。

評価編集

年を追うごとに内省的・神秘主義的な傾向が深まっていったサリンジャーの、生前発表した中では最後の作品だが、読者や批評家からの評価は高くなかった。ストーリー性はほぼ皆無で、非現実的な知性を設定された7歳児のシーモアがひたすら知的関心事について語る内容に対し、批評家のエドワード・コスナーは「題材はあまりに内輪でだけ大切になりすぎている。サリンジャーは自分が関心のあることだけにとらわれて、それが外の世界に伝わる形にならなくなってしまっている」[2]、『ニューヨーク・タイムズ』のミチコ・カクタニは「不快で怪しげ、そして悲しいことに、まったく魅力のない物語」とそれぞれ酷評した[3]

訳書編集

  • 『ハプワース16、一九二四』(原田敬一訳、荒地出版社、1977年)
  • 『一九二四年、ハプワースの16日』(繁尾久・大塚アヤ子訳、東京白川書院、1981年)
  • 『このサンドイッチ、マヨネーズ忘れてる/ハプワース16、1924』(金原瑞人訳、新潮社 新潮モダン・クラシックス、2018年)

注釈編集

  1. ^ ポール・アレクサンダー『サリンジャーを追いかけて』田中啓史、DHC、312頁
  2. ^ アレクサンダー、242頁
  3. ^ ケネス・スラウェンスキー『サリンジャー 生涯91年の真実』田中啓史訳、晶文社、589頁