メインメニューを開く

ハリウッドランド』(Hollywoodland)は、2006年アメリカ映画。テレビシリーズ『スーパーマン』のジョージ・リーヴスの死の真相を突き止めるサスペンス

ハリウッドランド
Hollywoodland
監督 アレン・コールター
脚本 ポール・バーンバウム
製作 グレン・ウィリアムソン
製作総指揮 ジェイク・マイヤーズ
J・マイルズ・デイル
ジョー・ピチラロ
出演者 エイドリアン・ブロディ
ベン・アフレック
音楽 マーセロ・ザーヴォス
撮影 ジョナサン・フリーマン
編集 マイケル・バーレンバウム
配給 アメリカ合衆国の旗 フォーカス・フィーチャーズ
日本の旗 ブエナビスタ
公開 アメリカ合衆国の旗 2006年9月8日
日本の旗 2007年6月16日
上映時間 126分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $14,000,000
興行収入 $16,803,753[1]
テンプレートを表示

ジョージ・リーヴスを演じたベン・アフレックヴェネツィア国際映画祭男優賞を受賞した。

あらすじ編集

1959年6月16日、テレビドラマ『スーパーマン』の主演俳優であるジョージ・リーヴスが自宅で死去した。 警察は銃による自殺だと断定するが、リーヴスの母ヘレンは、探偵ルイス・シモに捜査を依頼した。 調査を進めるにつれて、ルイス・シモも自殺との断定に疑問を持ち、リーヴスの葛藤と芸能界のタブーへと近づいて行った。

キャスト編集

参考文献編集

  1. ^ Hollywoodland”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年1月24日閲覧。

外部リンク編集