ハリバドラ (ジャイナ教)

ハリバドラ(Haribhadra)は、8世紀のジャイナ教シュヴェーターンバラ派(白衣派)の僧侶、思想家。サンスクリットプラークリットの両方で多数の論書、物語、注釈を著した[1]

生涯と著書編集

ハリバドラの生没年には議論があり、伝統的には529年没とされていたが、ヘルマン・ヤコービによってこの年代は根拠がないとされた。ハリバドラの作品の中に7世紀後半の著書が引用されていることなどから、現在は8世紀の人物と考えられている[2][3]。なお、「ハリバドラ」という名のジャイナ教の著作家は多く、本記事で扱うハリバドラのほかに少なくとも8人いる[4]

チトラクータ(今のラージャスターン州チットールガル)のバラモンの出身で、伝説では尼僧ヤーキニーの導きでジャイナ教に帰依した。ハリバドラ自身の説明によると、ジナバドラとジナダッタの弟子だった[5]

ハリバドラはジャイナ教にかぎらず、広い範囲の哲学に関する著書があることで知られる。代表的な哲学書に六派哲学ほかの哲学をまとめた『シャッド・ダルシャナ・サムッチャヤ』(ṣaḍdarśanasamuccaya)がある[1]。ほかにも多数の哲学書を書いている[6]。また、5世紀の仏教論理学者であるディグナーガによる『因明入正理論』(ニヤーヤ・プラヴェーシャ)の注釈を書いた[7][8]

『ヨーガビンドゥ』『ヨーガ・ドリシュティサムッチャヤ』『ヨーガシャーストラ』はジャイナ教のヨーガの代表的書物である[9]

『ダルマビンドゥ』は僧侶と在家の両方の道徳をスートラ形式で述べている[10][11]

ハリバドラはジャイナ教の正典であるアーガマに対してサンスクリットで注釈を書いた最初の人物であり、ムーラスッタの『アーヴァッサヤ・ニッジュッティ』や『ダサヴェーヤーリヤ』に対する注釈が現存している[12]

プラークリットで書いた宗教的な物語に『サマラーイッチャ・カハー』(samarāicca-kahā)があり、散文と韻文の混在によって書かれている[13]

脚注編集

  1. ^ a b 渡辺(2005) p.142
  2. ^ Muni Jinavinayaji (1919). “The Date of Haribhadrasuri”. Proceedings & Transactions of the First Oriental Conference, Poona. 1. Bhandarkar Oriental Research Institute, Poona. pp. cxxiv-cxxvi. https://babel.hathitrust.org/cgi/pt?id=pst.000002308821;view=1up;seq=252. 
  3. ^ Winternitz (1933) p.479注1
  4. ^ Winternitz (1933) p.479注2
  5. ^ Winternitz (1933) pp.479-481
  6. ^ Winternitz (1933) pp.583-584
  7. ^ Jaini (1979) p.85
  8. ^ Winternitz (1933) p.583
  9. ^ Jaini (1979) p.81
  10. ^ Winternitz (1933) p.584
  11. ^ Jaini (1979) p.80
  12. ^ 渡辺(2005) p.136
  13. ^ Winternitz (1933) pp.522-525

参考文献編集

  • Jaini, Padmanabh S (1979). The Jaina Path of Purification. University of California Press. 
  • Winternitz, Moriz (1933). A History of Indian Literature. 2. translated by S. Ketkar and H. Kohn and revised by the author. University of Calcutta. https://archive.org/stream/Winternitz-HistoryOfIndianLiterature3vols/Winternitz_A%20history%20of%20indian%20literature%20v2_1933#page/n497/mode/2up. 
  • 渡辺研二『ジャイナ教』論創社、2005年。ISBN 4846003132