メインメニューを開く

ハリーとトント』(原題: Harry and Tonto)は、1974年製作のアメリカ映画

ハリーとトント
Harry and Tonto
監督 ポール・マザースキー
脚本 ジョシュ・グリーンフェルド
ポール・マザースキー
製作 ポール・マザースキー
出演者 アート・カーニー
エレン・バースティン
ジェラルディン・フィッツジェラルド
ラリー・ハグマン
音楽 ビル・コンティ
撮影 マイケル・バトラー
編集 リチャード・ハルシー
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1974年8月12日
日本の旗 1975年12月20日
上映時間 115分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 98万ドル
テンプレートを表示

第47回アカデミー賞において、アート・カーニー主演男優賞を受賞し、ポール・マザースキージョシュ・グリーンフェルドが脚本賞の候補となっている。

あらすじ編集

72歳のハリーは、妻に先立たれ3人の子供達も独立しており、マンハッタンのアパートに、愛猫トントとともに暮らしていた。しかし、区画整理の為に、アパートから強制的に立ち退かざるを得なくなり、長男の家へ移り住むことになるも、そこに馴染むことができない。結局、ハリーは、娘のシャーリーを尋ねる為、トントを連れてシカゴへ向かった。

トントが原因で、飛行機にもバスにも乗ることが出来なくなったが、中古車を買い旅を続けることで、様々な人と出会うことになり・・・

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

日本語吹替版
1980年9月14日、テレビ朝日日曜洋画劇場内にて『ハリーとトント ~翔んでるおじいちゃんのアメリカ横断』と副題がついて放送。ちなみに初回放送は二時間枠(正味90分弱)。2015年4月22日発売のブルーレイには正味71分の90分枠版が収録。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 現在視聴可能な90分枠版ではジェシーに関するシーンが全てカットされており、パッケージにジェシー役として新村がクレジットされているが彼女の声は一切入っていない。

出典編集

外部リンク編集