ハリー・グナルト

インドネシア出身のコンピュータ工学者

ハリー・グナルトインドネシア語: Hary Gunarto 1954年 -) は、インドネシアのスラカルタ生まれのコンピュータ工学 (計算機工学者)。 立命館アジア太平洋大学名誉教授[3]。専門は、コンピュータープログラミング論、 デジタルメディア技術とビジネスと社会科学におけるコンピューターの使用。

ハリー・グナルト
Hary Gunarto
生誕  インドネシアスラカルタ
国籍  インドネシア
研究分野 電気およびコンピューター工学
研究機関 ワシントン州立大学 (プルマン)
ガジャマダ大学
立命館アジア太平洋大学
出身校 ガジャマダ大学
ウィスコンシン大学マディソン校
ワシントン州立大学 (プルマン)
主な業績 コンピュータ統合生産の通信網[1]
サイバースペース社会の倫理問題
ボロブドゥール世界遺産のデジタル保存[2]
主な受賞歴 名誉教授
公式サイト
情報技術用語集
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

学歴編集

1978年にガジャマダ大学を卒業し、物理学で学士号を取得しています。 彼は電気工学で1984年にウィスコンシン大学マディソン校で修士号を取得し、1988年にワシントン州立大学 (プルマン)電気およびコンピュータ工学部門で博士号を取得しました。[4] 彼の研究対象は、コンピューターシミュレーション、データ処理、遠隔学習、デジタル情報技術の分野です。[5]

略歴編集

受賞編集

  • 2020年4月 立命館アジア太平洋大学名誉教授[3]
  • 1999年2月 - インドネシア共和国大統領からのSatyalancanaアカデミックサービス賞[7]
  • 1990年8月 - インドネシア教育省からの優秀な教育賞[8]
  • 1982年5月 - アメリカの修士課程と博士課程の奨学金: MUCIA
  • 1978年11月 - アカデミックエクセレンス、理学部と数学ガジャマダ大学
  • 1975年2月 - ガジャマダ大学奨学金: SUPERSEMAR.[8]

主な著書編集

  • 『工業用FMS通信プロトコル』 (1988年、ProQuest & UMI Michigan)-(博士論文)ISBN 978-3-540-85413-5[9]
  • 『Learn Visual C++ for Information Processing』 (2002年、Andi Offset Publisher), ISBN 979-533-832-3.
  • 『e-Businessおよびe-Commerce向けのWebデザインプログラミングの概要』 (2003年、Andi Offset Publisher), ISBN 979-533-981-8.[10]
  • 『シンプルなデータ処理を備えたC ++。NetおよびC#.Netの概要』 (2004年、Andi Offset Publisher), ISBN 979-731-257-7.
  • 『日本での勉強と仕事』 (2004年、Andi Offset Publisher). [11]
  • 『Visual Basic.Netプログラミングの概要』 (2006年、Tech出版社、シンガポール)[12]
  • 『Visual C#.Netで収集されたコンピュータープログラミングの問題』(2007年、Tech出版社、シンガポール[13]
  • 『ITおよびコンピュータ用語集:英語-インドネシア語-マレー語』 (2017年、ティアラワカナ出版), ISBN 978-979-1262-45-3.[14]
  • 『社会調査のためのパラメトリックおよびノンパラメトリックデータ分析:IBM SPSS』 (2019年、ランバートアカデミックパブリッシング)[15]

共著編集

論文編集

  • 「スマートメディアデバイスでのアプリベースの機械翻訳」、『インドネシアジャーナルオブコンピューティングおよびサイバネティックスシステム』、13(1)号、95-104頁、2019年[17]
  • 「ボロブドゥールの世界遺産と文化財のデジタル保存」、『立命館言語文化研究』、19(2)号、263-278頁、2007年[18]
  • 「文化的世界遺産のデジタル保存」 (2011年、ユネスコ[2]
  • 「自然言語処理における機械翻訳の基本ツールとしての辞書の構築」、『立命館言語文化研究』、15(3)号、177-185頁、2004年[19]
  • 「インターネットのセキュリティと倫理的懸念」、『立命館言語文化研究』、15(1)号、71-76頁、2003年[20]
  • 「工場通信プロトコルのシミュレーション」、『製造技術者協会』、トランザクション:1987年の最高の論文, 1.59-1.75頁[1]
  • 「飛行機制御システムにおけるハンケル行列の問題」、1986年 ボーイング[21]

出典編集

  1. ^ a b Transactions: The Best Papers of 1987, Simulation of Factory Communication Protocols, Proc. of Simulation and Artificial Intelligence in Manufacturing, by Society of Manufacturing Engineers, Long Beach, California, October 1987, pp. 1.59 - 1.75.
  2. ^ a b Digital Preservation of Cultural World Heritage Sites. AGORAsia, UNESCO, Jakarta, December 2011.
  3. ^ a b APUの名誉教授一覧
  4. ^ An industrial FMS communication protocol, Association for Computing Machinery (ACM), 1988.
  5. ^ KAKEN 科学研究費助成事業 データベース.
  6. ^ 教員紹介
  7. ^ J-GLOBAL ID:200901038934712990
  8. ^ a b https://researchmap.jp/read0063088/?lang=japanese Research map Japan.]
  9. ^ An Industrial FMS Communication Protocol, グーグルブック
  10. ^ Introduction to Web Design Programming for e-Business and e-Commerce by Hary Gunarto, National Library of Indonesia.
  11. ^ Kuliah sambil kerja di negeri Sakura, Hary Gunarto, 2004.
  12. ^ Gunarto, Hary (2006). Introduction to Visual Basic.Net Programming.. Tech Publication, Singapore. ASIN 8183330797. ISBN 978-8183330794 
  13. ^ Gunarto, Hary (2007). Collected Computer Programming Problems in Visual C#.Net. Tech Publication, Singapore. ASIN 981214174X. ISBN 978-9812141743 
  14. ^ Glossary of IT and Computer Terms: English-Indonesian-Malay, in National Library of Singapore
  15. ^ Gunarto, Hary (2019). Parametric & Nonparametric Data Analysis for Social Research: IBM SPSS. LAP Academic Publishing. ASIN 6200118728. ISBN 978-6200118721 
  16. ^ Visual Basic for Information Processing (book chapters); Li Yan, Hary Gunarto & Y. Lee, Bunrindo Publication, 2000.
  17. ^ Apps-based Machine Translation on Smart Media Devices - A Review, Hary Gunarto, Indonesian Journal of Computing and Cybernetics Systems, Gadjah Mada University. January 2019. Vol. 13 No. 1. pp. 95-104.
  18. ^ Digital Preservation of Borobudur World Heritage and Cultural Treasures Hary Gunarto, Journal of Ritsumeikan Studies in Language and Culture, Vol. 19 (2), 2007.
  19. ^ Building Dictionaries as Basic Tools for Machine Translation in Natural Language Processing Applications Hary Gunarto, Journal of Ritsumeikan Studies in Language and Culture, Vol. 15 (3), 2004.
  20. ^ Ethical Issues in Cyberspace and IT Society Hary Gunarto, Journal of Ritsumeikan Studies in Language and Culture, Vol. 15 (1), 2003.
  21. ^ Hankel Matrix Problems in Airplane Control Systems, Boeing Company research project, Seattle, 1986.

所属学会編集

関連人物編集

関連項目編集

外部リンク編集