メインメニューを開く

略歴編集

立教大学の音楽サークルで知り合う。森田童子銀杏BOYZニルヴァーナを同時期に聴いていたことから仲良くなり、デュオを結成[1]

2012年11月14日、1stミニアルバム『虚言者が夜明けを告げる。僕達が、いつまでも黙っていると思うな。』でインディーズデビュー。2ndミニアルバム『真夜中の言葉は青い毒になり、鈍る世界にヒヤリと刺さる。』に収録されている「ドライアイス」はスペースシャワーFM802でヘビーローテーションされた[2]

2013年iTunes Storeが選ぶ2013年期待の新人アーティスト「ニューアーティスト2013」の1組として選ばれる[3]。同年11月6日に、1stフルアルバム『シアノタイプ』で、ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズからメジャーデビュー。

2019年5月29日に、デビューからの軌跡を描いた初のベストアルバム『BEST 2012-2019』を発表[4]

メンバー編集

ハルカ(1989年10月2日 - )
ボーカル&ギター担当。また、全ての曲の作詞を担当。
本名は福島遥[5]
立教大学文学部卒業。詩人・評論家の阿部嘉昭の教え子で、阿部のファンサイトに2010年の福島の歌集『きんいろ』が掲載されている[6]
穂村弘の影響から短歌を作っており、本名名義で歌集を自主出版し、2013年には穂村本人と対談を果たしている[7]。穂村の著書『もしもし、運命の人ですか。』角川文庫版では解説を担当。ミニアルバムのタイトルも短歌となっている。2014年9月にミニ歌集『この夏の話』を完成させ、ライブ会場と通販で販売した[8]
2016年には初めて舞台女優に挑戦[9]し、矢島弘一主宰の劇団東京マハロの第16回公演「そして友は二度死んだ」、第17回公演「女子穴 ‐この国の穴を 喜びで埋めよう‐」に出演した。「スカッとジャパン」の再現ドラマに出演したこともある。
ミユキ(1989年11月16日 - )
キーボード&コーラス担当。
宇都宮作新学院[10]、立教大学社会学部卒業。
フレディ・マーキュリーのファン。

ディスコグラフィー編集

demo編集

  収録曲
1st demo
2nd demo
3rd demo

シングル編集

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2018年11月14日 17才 AICL-3593/94(期間限定アニメ盤)
AICL-3595(通常盤)
Sony Music Associated Records
オリコン最高33位
#3の作詞は穂村弘
#4は期間限定アニメ盤のみ収録

デジタルシングル編集

  発売日 タイトル
1st 2013年10月9日 マネキン
2nd 2013年10月23日 mosaic
3rd 2015年1月21日 世界
4th 2015年2月18日 嘘ツキ
5th 2015年3月18日 君はまだ知らない
6th 2015年5月20日 春の雨
7th 2015年6月24日 COPY
8th 2015年7月29日 宇宙を泳ぐ舟
9th 2015年9月9日 肯定する
10th 2015年10月28日 new moon
11th 2015年11月25日 LIFE
12th 2015年12月23日 ワールドワイドウエブは死んでる
13th 2016年1月27日 恋は魔法さ
14th 2016年6月22日 奇跡を祈ることはもうしない
15th 2016年8月3日 DRAG & HUG
16th 2018年8月31日 朝焼けはエンドロールのように
17th 2018年10月15日 17才

E.P.編集

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2012年11月14日 虚言者が夜明けを告げる。僕たちが、いつまでも黙っていると思うな。 PECF-3030 H+M records
オリコン最高299位
2nd 2013年3月13日 真夜中の言葉は青い毒になり、鈍る世界にヒヤリと刺さる。 PECF-3040 H+M records
オリコン最高160位
3rd 2014年5月28日 そんなことどうだっていい、この歌を君が好きだと言ってくれたら。 AICL-2689 Sony Music Associated Records
オリコン最高54位

ミニアルバム編集

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2015年4月22日 世界 AICL-2859/60(初回限定盤)
AICL-2861(通常盤)
Sony Music Associated Records
オリコン最高55位
4月24日に台湾でリリース
2nd 2015年9月30日 LIFE AICL-2962/63(初回限定盤)
AICL-2964(通常盤)
Sony Music Associated Records
オリコン最高59位

フルアルバム編集

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2013年11月6日 シアノタイプ AICL-2598 Sony Music Associated Records
オリコン最高62位
2nd 2016年8月17日 LOVELESS/ARTLESS AICL-3133/34(初回盤)
AICL-3135(通常盤)
Sony Music Associated Records
オリコン最高36位
3rd 2017年6月28日 溜息の断面図 AICL-3354/55(初回盤)
AICL-3356(通常盤)
Sony Music Associated Records
オリコン最高58位

ベストアルバム編集

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2019年5月29日 BEST 2012-2019 AICL-3703/04/05(初回盤)
AICL-3706/07(通常盤)
Sony Music Associated Records
オリコン最高49位

デジタルアルバム編集

  発売日 タイトル 収録曲
1st 2015年12月23日 ひとり×3000 LIVE at 日比谷野外大音楽堂20151003

DVD編集

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2013年8月12日 ドライ・バニラアイス PEBF-4001 H+M records
ライブ会場&通信販売限定
2nd 2014年5月28日 SCHOOL OF LOCK!
音楽室 LIVE SESSION #1 ハルカトミユキ
AIBL-9294 Sony Music Associated Records
オリコン圏外

参加作品編集

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
2013年11月27日 ナハト・ムジィク
~眠れぬ夜の眠れる音楽集~
musica-01 通販およびヴィレッジヴァンガード限定
2013年12月28日 JAPAN'S NEXT 2013→2014
SPECIAL CD
- ROCKIN'ON JAPAN2014年2月号付録

タイアップ編集

タイトル タイアップ
ニュートンの林檎 NHK-FM『ミュージックライン』2013年2月・3月度オープニングテーマ[11]
手紙 映画『ゆらり』主題歌[12]
17才 TVアニメ『色づく世界の明日から』オープニング主題歌

ミュージックビデオ・リリックビデオ編集

タイトル ディレクター
Vanilla 大久保拓朗[13]
絶望ごっこ 田島知樹[14]
ドライアイス 大久保拓朗[15]
ニュートンの林檎 中野敬久[16]
マネキン 大久保拓朗[17]
シアノタイプ 大久保拓朗
長い待ち合わせ 大久保拓朗
Hate you 大久保拓朗
その日がきたら 大久保拓朗[18]
世界 Lyric Video 森岡千織
嘘ツキ 森岡千織[19]
君はまだ知らない
世界 Music Video 藤井道人[20]
春の雨 森岡千織[21]
COPY
宇宙を泳ぐ舟
肯定する 森岡千織[22]
new moon 森岡千織[23]
LIFE
ワールドワイドウエブは死んでる 森岡千織[24]
恋は魔法さ 森岡千織[25][26]
奇跡を祈ることはもうしない
光れ
DRAG&HUG
終わりの始まり Yuumi Kanemitsu (DADAMUSICA)[27]
近眼のゾンビ Yuumi Kanemitsu (DADAMUSICA)
手紙 横尾初喜[28]
17才
どうせ価値無き命なら 松永つぐみ
LIFE 2 三浦 和徳

出演編集

ワンマンライブ・主催イベント編集

2013年

2014年

2015年

2016年

出演イベント編集

  • 2012年10月12日 - MINAMI WHEEL 2012
  • 2013年05月09日 - LOVE TUNES! VOL.1@WWW. ~NEW ARTISTS 2013 SHOWCASE LIVE~
  • 2013年05月28日 - スペースシャワー列伝 第九十三巻 深更の宴
  • 2013年06月08日 - LACHIC presents SAKAE SP-RING 2013
  • 2013年06月09日 - OTODAMA'13~ヤングライオン編~
  • 2013年07月06日 - TRIGGER FES 2013 SUMMER
  • 2013年08月17日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2013 in EZO
  • 2013年08月31日 - SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2013
  • 2013年09月07日 - OTODAMA'13~音泉魂~
  • 2013年10月05日 - MEGA★ROCKS 2013
  • 2013年10月14日 - MINAMI WHEEL 2013
  • 2013年11月18日 - tricot「女心と秋のツアー」
  • 2013年12月29日 - FM802 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY
  • 2013年12月31日 - COUNTDOWN JAPAN 13/14
  • 2014年03月16日 - rockin'on presents JAPAN’S NEXT vol.2
  • 2014年04月06日 - Yuya Tsuji presents ETERNAL ROCK CITY. 2014
  • 2014年04月27日 - ARABAKI ROCK FEST.14
  • 2014年05月05日 - VIVA LA ROCK
  • 2014年05月08日 - SHINJUKU LOFT 15th ANNIVERSARY 三つ巴ライブEAST~アコースティックの夕べ~
  • 2014年05月11日 - FM802 25th Anniversary 802GO! presents Rockin'Radio! -OSAKAJOH YAON- supported by SPACE SHOWER TV
  • 2014年07月13日 - 空中ループ presents "LOOP ECHO FES'14" -ネオンゆれる、老舗キャバレー跡の音楽祭-
  • 2014年07月19日 - geek sleep sheep presents geeks vol.2
  • 2014年08月03日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014
  • 2014年08月09日 - FM802 25th ANNIVERSARY 802GO! SPECIAL MEET THE WORLD BEAT 2014
  • 2014年08月22日 - LIQUIDROOM 10th ANNIVERSARY GRAPEVINE / ハルカトミユキ
  • 2014年08月23日 - TREASURE05X 2014 SECOND SEASON GET STARTED
  • 2014年09月07日 - OTODAMA'14~音泉魂~
  • 2014年10月03日 - ヒトリエ2マン企画『オフタリサマデ漂流ツアー』
  • 2014年12月31日 - DI:GA JUDGEMENT 2014
  • 2015年09月01日 - フラカン和義
  • 2015年09月17日 - GLICO LIVE“NEXT”
  • 2015年09月18日 - ASIA MUSIC FOUND
  • 2015年12月23日 - homme acoustic oneman live 2015
  • 2015年12月31日 - COUNTDOWN JAPAN 15/16
  • 2016年04月07日 - Skream! Presents 月と太陽 -eclipse- ハルカトミユキ / 植田真梨恵
  • 2016年05月27日 - 0LOOP presents「THE TOUGHER」 村松拓 / ハルカトミユキ O.A.:松山晃太
  • 2016年07月30日 - フラワーカンパニーズ NEWイベント『フラカンのオオサカサマレスト!2016』
  • 2016年08月27日 - 中京テレビ 24時間テレビ39 チャリティーライブ

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ スペースシャワーTVレコメンド、2013年9月23日参照。
  2. ^ ハルカトミユキ、砂丘&演奏シーンで構成されたPV公開 2013年3月3日 ナタリー
  3. ^ ナタリー - ハルカトミユキのプロフィール”. ナタリー. 2013年10月11日閲覧。
  4. ^ ハルカトミユキ、ベストアルバムに刻んだ成長と変わらぬ軸「強くなった2人の姿を見せていきたい」”. リアルサウンド. 2019年6月22日閲覧。
  5. ^ ハルカトミユキ 『虚言者が夜明けを告げる。僕達が、いつまでも黙っていると思うな。』”. タワーレコード (2012年12月18日). 2013年10月25日閲覧。
  6. ^ 阿部嘉昭ファンサイト: 福島遥歌集・きんいろ”. abecasio.s23.xrea.com. 2018年6月25日閲覧。
  7. ^ 驚異を生む言葉の作り方 ハルカ(ハルカトミユキ)×穂村弘、cinra.net、2013年9月23日参照。
  8. ^ ハルカトミユキofficial on Twitter」『Twitter』。2018年6月25日閲覧。
  9. ^ ハルカトミユキ オフィシャルサイト - 4/30~5/8 ハルカが劇団東京マハロの舞台に出演!ビジュアル公開!” (2016年3月1日). 2016年9月13日閲覧。
  10. ^ ハルカトミユキofficialTwitter、2015年8月29日参照。2015年9月5日の作新学院文化祭にLIVE出演した。
  11. ^ Music Line - ミュージックライン NHK FM - ウェイバックマシン(2013年2月16日アーカイブ分)
  12. ^ 映画『ゆらり』”. 2019年7月24日閲覧。
  13. ^ ミュージックビデオサーチ|スペースシャワーTV”. 株式会社スペースシャワーネットワーク. 2019年6月21日閲覧。
  14. ^ ミュージックビデオサーチ|スペースシャワーTV”. 株式会社スペースシャワーネットワーク. 2019年6月21日閲覧。
  15. ^ ミュージックビデオサーチ|スペースシャワーTV”. 株式会社スペースシャワーネットワーク. 2019年6月21日閲覧。
  16. ^ ミュージックビデオサーチ|スペースシャワーTV”. 株式会社スペースシャワーネットワーク. 2019年6月21日閲覧。
  17. ^ ミュージックビデオサーチ|スペースシャワーTV”. 株式会社スペースシャワーネットワーク. 2019年6月21日閲覧。
  18. ^ ミュージックビデオサーチ|スペースシャワーTV”. 株式会社スペースシャワーネットワーク. 2019年6月21日閲覧。
  19. ^ ミュージックビデオサーチ|スペースシャワーTV”. 株式会社スペースシャワーネットワーク. 2019年6月21日閲覧。
  20. ^ ミュージックビデオサーチ|スペースシャワーTV”. 株式会社スペースシャワーネットワーク. 2019年6月21日閲覧。
  21. ^ ハルカトミユキ「春の雨」|クラウディ”. クラウディ株式会社. 2019年6月21日閲覧。
  22. ^ ミュージックビデオサーチ|スペースシャワーTV”. 株式会社スペースシャワーネットワーク. 2019年6月21日閲覧。
  23. ^ ハルカトミユキ「new moon」|クラウディ”. クラウディ株式会社. 2019年6月21日閲覧。
  24. ^ ハルカトミユキ「ワールドワイドウエブは死んでる」|クラウディ”. クラウディ株式会社. 2019年6月21日閲覧。
  25. ^ ハルカトミユキ「恋は魔法さ」|クラウディ”. クラウディ株式会社. 2019年6月21日閲覧。
  26. ^ [恋は魔法さ]Lyric Video”. facebook (2016年1月19日). 2016年2月29日閲覧。
  27. ^ ミュージックビデオサーチ|スペースシャワーTV”. 株式会社スペースシャワーネットワーク. 2019年6月21日閲覧。
  28. ^ ミュージックビデオサーチ|スペースシャワーTV”. 株式会社スペースシャワーネットワーク. 2019年6月21日閲覧。

外部リンク編集