ハルジョルᡥᠠᠷᠵᠣᠯ 転写:Harjol、1609年 - 1641年10月22日)は、の太宗ホンタイジの側室。孝端文皇后の姪で、孝荘文皇后の姉。名の漢字表記は海蘭珠

生涯編集

モンゴル・ホルチン部のボルジギト(博爾済吉特)の出身。父は貝勒のジャイサン。母はホルチン次妃のボリ。

天聡8年(1634年)、数え26歳でホンタイジに嫁ぎ、側福晋となった。それ以前については記録がない。翌年、ホンタイジは東宮福晋(第1側室)のジャルート・ボルジギト氏と離婚し、ハルジョルが東宮福晋に昇格された。崇徳元年(1636年)、関雎宮宸妃に封ぜられた。

ホンタイジから深い寵愛を受けた。息子を1人産んだが、夭折した。1641年9月、ハルジョルは病の床に伏せ、ホンタイジは急遽戦地から帰還したが、到着しないうちに亡くなり、ホンタイジは哀哭してやまなかった。敏恵恭和元妃が贈られた。

子女編集

  • 皇八子 (無名)(1637年8月27日 - 1638年3月13日)
    • ホンタイジとの子

登場作品編集

テレビドラマ

出典編集

  • 清史稿
  • 『崇徳六年十月追諡敏恵恭和元妃制』