ハルビン交響楽団

ハルビン交響楽団(ハルビンこうきょうがくだん、哈爾濱交響管弦楽団)は、かつて満州国ハルビン(現中華人民共和国黒竜江省の都市)にあったオーケストラ東支鉄道交響楽団の後身[1]朝比奈隆1944年から1945年まで指揮者を務めたことで知られる[2]

略歴編集

参考文献編集

岩野 裕一 (1999). 王道楽土の交響楽―満洲―知られざる音楽史. 音楽之友社. ISBN 978-4276211247 

脚注編集

  1. ^ 【満州文化物語】(2)「音楽の都」ハルビン オーケストラがやってきた産経新聞、2013.7.15
  2. ^ (岩野 1999, p. 95)
  3. ^ a b c 【満州文化物語】(2)「音楽の都」ハルビン オーケストラがやってきた(2/3ページ)産経新聞、2013.7.15
  4. ^ 日本のオーケストラの課題と社会的役割 : 東京におけるプロ・オーケストラの状況を中心に 新井賢治 (参議院, 2016-12-01) 立法と調査. (383)
  5. ^ 満州国における日本人の西洋音楽の足跡高橋裕子、言語と文化論集、7号
  6. ^ a b 満州文化物語】(2)「音楽の都」ハルビン オーケストラがやってきた(3/3ページ)産経新聞、2013.7.15

外部リンク編集