メインメニューを開く

ハル・デイヴィス

American songwriter and record producer

ハル・デイヴィス(Hal Davis)ことハロルド・エドワード・デイヴィスHarold Edward Davis1933年2月8日1998年11月18日)、アフリカ系アメリカ人の作曲家、レコード・プロデューサー。

概略編集

ジャクソン5編集

ジャクソン5モータウン時代(1968年~1975年)の後期作品で知られる。 ジャクソン5の『I'll Be There』(1970)や 『Dancing Machine』(1974)、Eddie Kendricksの『Can I』などを共作・制作した。

1971年、ジャクソン5の7枚目のシングル『さよならは言わないで』("Never Can Say Goodbye")(Clifton Davis作曲)を制作した際には社長ベリー・ゴーディーに「大人っぽすぎるからマイケルに合ってへんやないか!こんなもん売れるかあボケエ!!」と言われたが、必死で喰らいつき、ようやく発売されて結局大ヒットした[1]

なお、同曲にはアイザック・ヘイズ、海外ドラマ『Glee/グリー』サウンドトラックなど無数のカバー・バージョンがある。

その他編集

モータウン時代のベット・ミドラーの1975年のアルバムを制作したがお蔵入りとなる。

ボビー·テイラー&Vancouvers、シュープリームスグラディス・ナイト&ピップス、ブレンダ·ホロウェイ、テルマ・ヒューストン、ジョイ・ホールデン、フローレンス・バラード、メアリー·ウィルソン、ジュニア·ウォーカー、ダイアナ・ロスマーヴィン・ゲイ,少年期のスティーヴィー・ワンダー,フォー・トップス, ミラクルズなどの曲も制作した。

モータウンで30年近く勤め、モータウンの西海岸(ロサンゼルス)事務所モーウェスト(Mowest)をマーク・ゴードンとともに1960年代末に開いた。

元々は、自身のレーベルで"Do The Del Viking"(Patrice Holloway)、"Moment to Remember"( Jenell Hawkins)などのローカル・ヒットを放っていた。[2]

参照編集

  1. ^ 三枚組CD『ベスト・オブ・マイケル・ジャクソン&ジャクソン5』のライナー(泉山真奈美氏著)
  2. ^ http://www.allmusic.com/search/all/never%20can%20say%20goobye |all music