メインメニューを開く

ハロルド・ニューハウザーHarold Newhouser, 1921年5月20日 - 1998年11月10日)は、1940 - 1950年代に活躍したアメリカメジャーリーグの野球選手。ポジションは投手ミシガン州デトロイト生まれ。左投げ左打ち。ニックネームは"Prince Hal"(プリンス・ハル)。最優秀選手賞を2度獲得した1940年代タイガースの主力投手。

ハル・ニューハウザー
Hal Newhouser
Hal Newhouser statue.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ミシガン州デトロイト
生年月日 1921年5月20日
没年月日 (1998-11-10) 1998年11月10日(77歳没)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
180 lb =約81.6 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1939年
初出場 1939年9月29日
最終出場 1955年5月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1992年
選出方法 ベテランズ委員会選出

経歴編集

現役時代編集

地元・デトロイトの高校時代よりスター選手として名が知れていたニューハウザーは、1939年に18歳でタイガースと契約しメジャーにデビューする。21歳だった1942年に8勝14敗ながら防御率2.45の成績を上げ、この年のオールスターゲームに初めて選ばれる。

その後第二次世界大戦激化によりチームの主力選手であるハンク・グリーンバーグらが出征していた時期と歩調をあわせるように、ニューハウザーはタイガースのエース投手として活躍する。1943年までは二桁勝利を挙げていなかったが、翌1944年シーズンに29勝9敗と大きく勝ち越し、この年のアメリカンリーグMVPに選ばれる。翌1945年もこの勢いは衰えず25勝9敗としてリーグ最多勝、かつシーズン最優秀防護率1.81・リーグ最多奪三振212を達成して投手三冠を獲得し、これに加えて2年連続でのMVPとなる。この年のワールドシリーズでも2勝を挙げ、タイガースのシリーズ制覇に貢献した。

ニューハウザーは戦後1946年1948年にもそれぞれ26勝、21勝をマークし、20代の間に計4度の20勝を挙げている。しかし30歳になった1951年のシーズンにこれまでの酷使がたたって腕の怪我に見舞われ、それ以降登板機会も少なくなってしまった。1953年には7試合しか登板せず0勝1敗の成績に終わり、同年オフにタイガースから放出されてしまう。

1954年クリーブランド・インディアンスに移籍して主に中継ぎ・ロングリリーフで登板して7勝2敗、防御率2.51と奮闘し、同年のアメリカンリーグ制覇に貢献した。翌1955年5月に現役を引退。まだ34歳の若さだった。

引退後編集

引退後はヒューストン・アストロズボルチモア・オリオールズや古巣のインディアンス、タイガースのスカウトを歴任した。アストロズのスカウト時代に、ニューハウザーは後のヤンキースのキャプテンとなるデレク・ジーターを見出したが、当時アストロズが契約したのはジーターではなく、一塁手のフィル・ネビンだった。またオリオールズのスカウト時代には、後に自分の勝ち星を越える209勝を挙げるミルト・パパスをスカウトした実績がある。

 
ニューハウザーのタイガース在籍時の背番号「16」。
デトロイト・タイガースの永久欠番1997年指定。

1992年ベテランズ委員会選考によりアメリカ野球殿堂入り選手に選出された。その後1997年に古巣タイガースはニューハウザーの在籍時の背番号『16』を永久欠番に指定し、チームでは初の投手の永久欠番指定選手となった。

1998年11月10日肺気腫心臓病の併発によりミシガン州サウスフィールドの病院にて死去。77歳没。

家族ではニューハウザーの甥にケン・モッカがいる。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1939 DET 1 1 1 0 -- 0 1 0 -- .000 22 5.0 3 0 4 -- 0 4 3 0 3 3 5.40 1.40
1940 28 20 7 0 -- 9 9 0 -- .500 613 133.1 149 12 76 -- 2 89 1 1 81 72 4.86 1.69
1941 33 27 5 1 -- 9 11 0 -- .450 810 173.0 166 6 137 -- 1 106 5 0 109 92 4.79 1.75
1942 38 23 11 1 -- 8 14 5 -- .364 789 183.2 137 4 114 -- 2 103 2 0 73 50 2.45 1.37
1943 37 25 10 1 -- 8 17 1 -- .320 850 195.2 163 3 111 -- 0 144 3 1 88 66 3.04 1.40
1944 47 34 25 6 -- 29 9 2 -- .763 1271 312.1 264 6 102 -- 1 187 4 2 94 77 2.22 1.17
1945 40 36 29 8 -- 25 9 2 -- .735 1261 313.1 239 5 110 -- 0 212 10 2 73 63 1.81 1.11
1946 37 34 29 6 -- 26 9 1 -- .743 1176 292.2 215 10 98 -- 1 275 8 0 77 63 1.94 1.07
1947 40 36 24 3 -- 17 17 2 -- .500 1216 285.0 268 9 110 -- 2 176 11 0 105 91 2.87 1.33
1948 39 35 19 2 -- 21 12 1 -- .636 1146 272.1 249 10 99 -- 1 143 5 0 109 91 3.01 1.28
1949 38 35 22 3 -- 18 11 1 -- .621 1228 292.0 277 19 111 -- 0 144 3 0 118 109 3.36 1.33
1950 35 30 15 1 -- 15 13 3 -- .536 929 213.2 232 23 81 -- 4 87 4 0 110 103 4.34 1.47
1951 15 14 7 1 -- 6 6 0 -- .500 393 96.1 98 9 19 -- 3 37 1 1 47 42 3.92 1.22
1952 25 19 8 0 -- 9 9 0 -- .500 643 154.0 148 13 47 -- 0 57 3 0 72 64 3.74 1.27
1953 7 4 0 0 -- 0 1 1 -- .000 102 21.2 31 4 8 -- 2 6 1 0 22 17 7.06 1.80
1954 CLE 26 1 0 0 -- 7 2 7 -- .778 187 46.2 34 3 18 -- 0 25 0 0 16 13 2.51 1.11
1955 2 0 0 0 -- 0 0 0 -- ---- 12 2.1 1 0 4 1 0 1 1 0 0 0 0.00 2.14
通算:17年 488 374 212 33 -- 207 150 26 -- .580 12648 2993.0 2674 136 1249 1 19 1796 65 7 1197 1016 3.06 1.31

獲得タイトル・記録編集

※1942年、1945年、1948年は出場せず

打撃成績編集

  • 通算成績:492試合、999打数201安打、本塁打2、打点81、打率.201

出典・外部リンク編集