メインメニューを開く

ハロタン(Halothane)とは、吸入麻酔薬の一種である。気化させやすく、導入も覚醒も速いが副作用が強いため近年では使用されなくなっている。1959年10月から販売されているが、2015年8月に日本での販売中止がアナウンスされた[2]

ハロタン
Halothane2.png
Halothane-3D-vdW.png
IUPAC命名法による物質名
薬物動態データ
代謝 Hepatic (CYP2E1[1])
排泄 Renal
識別
CAS番号
151-67-7
ATCコード N01AB01 (WHO)
PubChem CID: 3562
DrugBank APRD00598
KEGG D00542
化学的データ
化学式 C2HBrClF3
分子量 197.381 g/mol

性質編集

沸点: 50.2 ℃ (at 101.325 kPa)
密度: 1.868 g/cm3 (at 20 ℃)
分子量: 197.4 u
蒸気圧: 244 mmHg (at 20 ℃)
288 mmHg (at 24 ℃)
最小肺胞濃度: 0.75 vol %
血液/ガス分配係数: 2.5
油/ガス分配係数: 224

副作用編集

心血管系の抑制作用があり、外科麻酔レベルで中程度の血圧低下を生じる。ハロタンの肝臓代謝が起こり、肝臓ミクロソーム酵素誘導が麻酔後にみられ、肝機能障害になることがある。心臓刺激伝導系におけるカテコールアミンの感受性を増加させるため、不整脈発生時はカテコールアミンの併用は推奨されない。

脚注編集